無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2018年八ヶ岳編笠山で捕獲された野生鹿肉の放射性物質濃度基準値超えについて | トップページ

2019年1月14日 (月)

642keV Gamma-rays


(2012年6月に、ゲルマニウム半導体検出器を導入して以来、この装置で検出される 不明核種を解明してきました。1つだけどうしても不明だったのが、641keVのピークでした。知人から参考情報が来たのでメモしておきます。 K大学の原子炉研究所の研究者だった方から教えて頂いたリストにも無い核種です。 一ノ瀬)

642keV Gamma-rays

memo)

 

 

Prompt γ-rays from neutron interaction in 235U and resonance spin assignments

Author links open overlay panel

H.WeigmannJ.WinterM.Heske

Show more

https://doi.org/10.1016/0375-9474(69)90019-0

Get rights and content

 

 

 

Abstract

 

 

Prompt γ-ray spectra from individual resonances in 235U+n have been measured using a Ge(Li) detector and the CBNM linear accelerator as a pulsed neutron source. Whereas the spectra show very little structure at high γ-ray energies, several distinct lines have been observed in the range 250 keV < Eγ < 1.5 MeV. By comparison of the spectra from resonances with strongly different capture-to-fission ratios decision is possible between γ-rays associated with capture or fission. Resonance spin assignments are made on the basis of the relative strength of the 642 keV γ-ray de-exciting the 2 level at 687 keV in 236U.

 

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/0375947469900190

 

 

Thaks to Takaoka

« 2018年八ヶ岳編笠山で捕獲された野生鹿肉の放射性物質濃度基準値超えについて | トップページ

■オペレータ支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 642keV Gamma-rays:

« 2018年八ヶ岳編笠山で捕獲された野生鹿肉の放射性物質濃度基準値超えについて | トップページ