2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2016年9月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年10月

2016年10月17日 (月)

東京都下水道局 下水処理における放射能濃度等測定結果

http://www.gesui.metro.tokyo.jp/oshi/infn1092.htm

東京都下水道局

汚泥焼却灰

葛西水再生センター(江戸川区臨海町)

Cs-134: 200 [Bq/kg]

Cs-137:1100 [Bq/kg]

以下、表記は、Cs-134/Cs-137

試料採取日 平成28年(2016年)9月21日~10月4日

(1)汚泥焼却灰

東部スラッジプラント  (江東区新砂) 130/710

葛西水再生センター   (江戸川区臨海町) 200/1100

みやぎ水再生センター  (足立区宮城) 130/720

新河岸水再生センター  (板橋区新河岸) 60/320

南部スラッジプラント  (大田区城南島) 76/380

北多摩一号水再生センター(府中市小柳町) 39/260

南多摩水再生センター  (稲城市大丸) ND(<12)/43

北多摩二号水再生センター(国立市泉) 70/400

浅川水再生センター   (日野市石田) ND(<18)/37

多摩川上流水再生センター(昭島市宮沢町) ND(<15)/58

八王子水再生センター  (八王子市小宮町) ND(<22)/98

清瀬水再生センター   (清瀬市下宿) 21/100

(2)混練灰

南部スラッジプラント     (大田区城南島) 95/670

(コメント)

信濃毎日新聞にて公表される長野県下の下水道処理施設の汚泥焼却灰の放射能値をメールマガジンにて連載し続けています。
他の地域(東京都)での値をネットに見つけましたので参考までに掲載します。
かつて、東京都の上水(飲み水)から、2011年3月に、放射性ヨウ素131が検出されたことがあります。しかし、今回のデータは、
(1)下水道施設であること。
(2)焼却灰であるため、濃度の値[Bq/kg]で表記するとかなり高い値となること。
の2点を留意して見てください。
焼却灰は高濃度に濃縮されるため、下水道処理施設が管轄するエリアの街全体を代謝系と見た場合に、ヒトが食べた食品が代謝され、糞尿として排出され、下水の中に含まれている放射性物質を高精度にモニタリングしている、と見なすことができます。
現時点で、
Cs-137:1100Bq/kg
と測定された地域(江戸川区臨海町)では、「食品流通系に変化が無ければ」、放射性セシウム137の半減期である30年後には、550Bq/kgとなると推定されます。

2016年10月11日 (火)

【信州放射能ラボ メールマガジン Volume-014, 2016-10-7発行】

【信州放射能ラボ メールマガジン Volume-014, 2016-10-7発行】

------------------------------------------------------------

■放射能 news (2016.10.7 信州放射能ラボ)

信濃毎日新聞は長野県を中心として発行されている地方新聞です。

ここに掲載された放射能測定結果等を1ヶ月毎にまとめて発信致します。

<凡例>

20160903s33

2016年9月3日付け第33面の記事。

数字は放射性セシウムの合算値です。単位は[Bq/kg]

NDは不検出の意味。(<数字)は計測時の検出下限値。

信濃毎日新聞 平成28年9月分

20160903s33

小諸市 マツタケ 19

20160907s25

汚泥焼却灰上田市秋和 上田終末処理場

7月 14

8月 17

南部、別所温泉、丸子、西内、菅平、真田の下水処理場の脱水汚泥は、ND(<10)

20160909s31

長野市松岡 清掃センター 

飛灰 Cs-137: 17

主灰: ND(<10)

20160927s33

大町市 ショウゲンジ 53

20160930s37

汚泥焼却灰

 上田市清浄園 Cs-137:26

飛灰

 上田(上田市天神) 29

 丸子(上田市腰越) 19

 東部(東御市田中) 13

 東部(東御市田中) I-131 (*): 14

主灰と飛灰の混合灰

 上田 23

 丸子 ND(<10)

 東部 ND(<10)

ーーーーー

(*) 放射性ヨウ素131の検出について

今回、東部(東御市田中)から、放射性ヨウ素131が14Bq/kg検出されました。 長野県内では、過去にも下水道系汚泥焼却灰から、放射性ヨウ素131の検出事例が有ります。 直近では、平成28年4月に長野市真島町と下之条の南部終末処理場で検出事例があります。

下水道上流処理区終末処理場(4/22採取)長野市真島町 放射性ヨウ素131:13[Bq/kg]

20160429s33 下之条 南部終末処理場 放射性ヨウ素131 : 40[Bq/kg]

今回の長野県内の下水道処理施設の脱水汚泥から検出された放射性ヨウ素131 は、医療行為による処方の結果、排尿を経て下水に流れ込んだ結果と推定されます。 詳しくは、過去のメルマガ記事をご覧下さい。

メールマガジン Volume-010, 2016-5-17発行

http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2016/05/volume-010-2016.html 

ーーーーー

■放射能関連ニュース

2015.10.20 日本経済新聞 福島原発「事故後作業で白血病」、初の労災認定

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20HBA_Q5A021C1CR8000/ 

「厚生労働省は20日、東京電力福島第1原子力発電所事故後の作業に従事し、白血病を発症した40代男性について「被曝(ひばく)と疾病の因果関係が否定できない」として労災認定したと発表した。同原発の事故後の作業を巡って、白血病を含むがんで労災認定が認められたのは初めて。厚労省や東電などによると、労災が認められたのは40代前半の元作業員。2011年11月~13年12月の間に1年半、複数の原発で放射線業務に従事し、うち12年10月~13年12月は福島第1原発で原子炉建屋のカバーや廃棄物焼却設備の設置工事に当たっていた。作業時には防護服を着用していたという。男性の業務全体の累積被曝量は19.8ミリシーベルトで、福島第1では15.7ミリシーベルトだった。その後、白血病を発症し、14年3月に労災申請した。現在、通院治療を続けている。」

■原爆デジタルアーカイブス

HIROSHIMA

http://hiroshima.mapping.jp/index_jp.html 

広島原爆の実相を世界につたえる多元的デジタルアーカイブズ

NAGASAKI

http://nagasaki.mapping.jp 

長崎原爆の実相を世界につたえる多元的デジタルアーカイブズ

 

以上

------------------------------------------------------------

メールマガジンの配信を希望される方は、以下のお問い合わせフォームに、「メールマガジン希望」とだけ書いて申込み下さい。
信州放射能ラボ:お問い合せフォーム

https://www.imeasure.jp/contact.html

« 2016年9月 | トップページ | 2017年2月 »