無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 漏れた24兆ベクレルの汚染水 | トップページ | 放射性セシウム134の光子エネルギースペクトル »

2013年8月28日 (水)

大地に降下した放射性セシウム起因のベクレルからシーベルトへの変換式

Q:
大地に降下した放射性セシウム起因のベクレルからシーベルトへの変換式:
[ 27.6KBq/m^2 で、0.1μSvh上昇 ](注1)
は、その後のCs-134やCs-137の減衰を考慮すると現時点での関係式はどうになりますか?

A:
Bq→μSv/h は、アイソトープ手帳にもある
1cm線量当量率定数 [(μSv/h)/(MBq・m^2)]
Cs-137 : 0.0927
Cs-134 : 0.249
で決まります。

Cs合算での1cm線量当量率定数は、
1:1ならば、
0.0927*1/2 + 0.249*1/2=0.17

現在、この比率は、0.4639ですので、(注2)
1:0.46ならば
0.0927*1/1.46 + 0.249*0.5/1.46=0.142

0.17/0.142=1.20
20%くらいです。

だから、式を補正するとすれば、
[ 27.6KBq/m^2 で、0.1μSv/h上昇 ]
1.20補正して

[ 33.2KBq/m^2 で、0.1μSv/h上昇 ]

でしょうか。

関連記事:
(注1)
放射性セシウム 425 Bq/kg の土壌汚染で空間線量率は、0.1μSv/h上昇する。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/05/425-bqkg-svh-81.html
(注2)
放射性セシウム134と放射性セシウム137の比率
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/04/post-1d72.html

正確には、2011.3.15に、Cs-137 : Cs-134を1:1と仮定すると、
本日(2013.8.28)は、1 : 0.4639
http://www.kani.com/ycrms/CalcCsWeb/calcDay.html


(記事修正履歴)
2013.9.4 Cs-134/Cs-137比を約0.5ではなく0.4639(2013.8.28時点)で計算。

« 漏れた24兆ベクレルの汚染水 | トップページ | 放射性セシウム134の光子エネルギースペクトル »

FAQ よくある質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 漏れた24兆ベクレルの汚染水 | トップページ | 放射性セシウム134の光子エネルギースペクトル »