無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 土壌放射能測定 605keVに出ないのに796keVに出るCs-134とは? | トップページ | 【iSHL 実験報告】国産麦茶飲料の放射性セシウム抽出率の測定 »

2013年5月30日 (木)

東京都に2011.3に降下した放射性セシウムの量

東京都に2011.3に降下した放射性セシウムの量

http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2013/04/post-2c27.html

http://www.mext.go.jp/component/english/__icsFiles/afieldfile/2011/07/29/1307873_072914.pdf

Cs-137:  8100 Bq/m^2
Cs-134:  8500 Bq/m^2

■元データ

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_fallout_data.html

採取及び測定場所:
東京都健康安全研究センター(東京都新宿区百人町)

深さ5cmまで掘った土壌を仮定して、
1/65 にて、Bq/kgに換算します。

Cs-137:  125 Bq/kg
Cs-134:  131 Bq/kg

現在(2013.5.29)までの減衰は以下の通りです。
2011.3.15から現在まで 806日経過。
Cs-137: x 0.951
Cs-134: x 0.477
よって、
Cs-137: 118.5 Bq/kg
Cs-134:   62.4 Bq/kg

■空間線量率
この土壌による空間線量率の上昇は、
Cs-137:  118.5 Bq/kg
Cs-134:  62.4 Bq/kg
Cs合算  :  180.9Bq/kg

Cs: 425Bq/kgにて、空間線量率が、0.1μSv/h上昇すると仮定して、
+0.043μSv/h
の増加と推定されます。

※Bq→μSv寄与は、Cs-134 = 2.7* Cs-137ですが、ここでは未考慮です。
半減期2年のCs-134がCs合算値の中で相対的に減っているので空間線量率は更に低いと推定。

(参考)
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2013/05/post-79c5.html
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/04/post-1d72.html

« 土壌放射能測定 605keVに出ないのに796keVに出るCs-134とは? | トップページ | 【iSHL 実験報告】国産麦茶飲料の放射性セシウム抽出率の測定 »

■自治体政府発表資料■」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都に2011.3に降下した放射性セシウムの量:

« 土壌放射能測定 605keVに出ないのに796keVに出るCs-134とは? | トップページ | 【iSHL 実験報告】国産麦茶飲料の放射性セシウム抽出率の測定 »