無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 放射性セシウム137は1グラムで3.21テラベクレル | トップページ | 計算 もし放射性セシウムが60MBq/km^2降下したならばゲルマで検出は可能だ »

2012年11月27日 (火)

2011年3月に長野市に降った放射性物質



出典:
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kansei/houshanou/koukabutu/gekkannkoukabutu.pdf

■事例 2011年3月の1ヶ月で降下した放射性セシウム

長野県の県庁所在地(長野市)に2011年3月の1ヶ月の間に降った放射性物質の降下量は、
データ:
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kansei/houshanou/koukabutu/gekkannkoukabutu.pdf
核種 降下密度 単位:MBq/km^2
I-131 : 1700
Cs-134: 1200
Cs-137: 1200

ところで、チェルノブイリの放射線管理区域の開始ゾーンは、
37 GBq/km^2 = 37,000 MBq/km^2 であった。
これは、およそ年間1mSvゾーンであり、
早川マップの第1ゾーン(0.125μSv/h)に相当する。

長野市は放射性セシウム合算値で、
Cs-134+Cs-137 = 2,400 MBq/km^2
だから、約1/15だったってことになる。

■検出された核種:
I-131
Cs-134
Cs-137
Te-129m
Te-129
Ag-110m
Cs-136
Nb-95
La-140

http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kansei/houshanou/houshanou.htm#3

 長野県では、県内7ヵ所のモニタリングポストにより「空間放射線量」の常時測定を実施しています。また、県内各地域における空間放射線量の簡易測定や 「上水(蛇口水)」と「降下物 (大気中から降下してくる塵等)」の放射能濃度の測定を行っています。それらの測定結果をお知らせします。

場所:長野県環境保全研究所

<月間降下物の測定方法 >
(1) 降水採取器(大型水盤)
(2) 1ヶ月後にバケツに採取
(3) 蒸発用鍋に移す。
(4) 蒸発
(5) 残留物をU8容器に移した後乾燥させる。
(6) ゲルマニウム半導体核種分析装置で測定。

■降下物Q&A
Q:月間降下物による健康への影響はありませんか。
A:約43年間の累積被曝量約0.48mSv

関連記事)
環境放射能水準調査結果 全都道府県の2011年3月の月間降下物

« 放射性セシウム137は1グラムで3.21テラベクレル | トップページ | 計算 もし放射性セシウムが60MBq/km^2降下したならばゲルマで検出は可能だ »

■自治体政府発表資料■」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年3月に長野市に降った放射性物質:

« 放射性セシウム137は1グラムで3.21テラベクレル | トップページ | 計算 もし放射性セシウムが60MBq/km^2降下したならばゲルマで検出は可能だ »