無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« iSHL実験報告:検体体積精度と放射能測定誤差の関係 | トップページ | 新米の季節です。信州放射能ラボでは、お米の放射能測定を行っています。 »

2012年9月20日 (木)

量の少ない検体を使ってどのように放射能を定量するか。

「検体の体積が規定の量に足りない場合、検体の体積が少なくなるにつれて、測定される放射能値がどの程度、誤差となってズレてしまうのか。」

を検証する過日の実験:
iSHL実験報告:検体体積精度と放射能測定誤差の関係
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/09/ishl-db48.html
で得た校正カーブ

を利用する実験。

200mLしかない、お茶葉の検体を750mL容器に入れて測定中です。

・・
茶葉が容器の中で、浮かないように、
ダンボールで作った「落としフタ」を入れる。
その上に、12号ポリビニール袋に「水」を入れて納めます。
水が重しの代わりとなります。
200mLの水平ラインがきちんと出て、具合良さそうです。
・・
(後で写真を入れます。)

« iSHL実験報告:検体体積精度と放射能測定誤差の関係 | トップページ | 新米の季節です。信州放射能ラボでは、お米の放射能測定を行っています。 »

■オペレータ支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 量の少ない検体を使ってどのように放射能を定量するか。:

« iSHL実験報告:検体体積精度と放射能測定誤差の関係 | トップページ | 新米の季節です。信州放射能ラボでは、お米の放射能測定を行っています。 »