無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ゲルマニウム半導体検出器による放射能測定サービスは測定結果につき納得の行く補足説明を行います。 | トップページ | 長野県内の市民測定所リンク集 »

2012年8月17日 (金)

放射性セシウムの減衰予測

質問:昨年 123ベクレルだった放射能は、今年いくつになるか。
答え:105ベクレル。

セシウム減衰量計算機 CalcCs.exeの使い方。

(1) 無料プログラムをダウンロードする。( google で CalcCs.exe で検索。)
(2) 「福島第一原発二号機爆発」を選ぶ。
(3) 「測定条件」に昨年の測定日を入力。ここでは、2011-8-6
(4)  昨年の放射能測定値を入力。ここでは、123Bq
(5) 「計算条件」に予測したい日付を入力。ここでは、2012-8-6
(6) [計算]ボタンを押す。
(7) 計算結果 総セシウム量が求める値。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/calccs_exe_gui.png

« ゲルマニウム半導体検出器による放射能測定サービスは測定結果につき納得の行く補足説明を行います。 | トップページ | 長野県内の市民測定所リンク集 »

■iSHL Technical Report■」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射性セシウムの減衰予測:

« ゲルマニウム半導体検出器による放射能測定サービスは測定結果につき納得の行く補足説明を行います。 | トップページ | 長野県内の市民測定所リンク集 »