無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 土壌の放射能の単位変更 Bq/kg -> Bq/m^2 | トップページ | ゲルマニウム半導体検出器による放射能測定サービスは測定結果につき納得の行く補足説明を行います。 »

2012年8月14日 (火)

経度緯度を±0.1度の精度で表示すると地上で±10km精度となる。

問:土壌の放射能濃度を計測した結果をどのような精度で公表するか。
答:経度、緯度を0.1度の精度で表す方法を推奨します。

計算:
緯度方向に地球を一周すると4万kmです。
(これがそもそののメートルの定義だった。)
よって、1度は約、100km(正確には、4万km/360)。
0.1度は、10kmとなる。

例:
信州放射能ラボの位置は、下記です。
N36.116696E137.955314
これを、0.1度精度で表記すると下記となります。
N36.1E138.0

« 土壌の放射能の単位変更 Bq/kg -> Bq/m^2 | トップページ | ゲルマニウム半導体検出器による放射能測定サービスは測定結果につき納得の行く補足説明を行います。 »

■iSHL Technical Report■」カテゴリの記事

コメント

4万km/365
ではなく
4万km/360
ですね。

SW83Aさん ご指摘感謝です。修正しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 土壌の放射能の単位変更 Bq/kg -> Bq/m^2 | トップページ | ゲルマニウム半導体検出器による放射能測定サービスは測定結果につき納得の行く補足説明を行います。 »