無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ポニー工業 SX-SPA | トップページ | 市民放射能測定所 長野市民測定所 »

2012年6月11日 (月)

ゲルマの落とし穴 シンチの落とし穴

[測定所オペレータ向け][Highレベル ***]

「シンチの落とし穴」シリーズに引き続き、
「ゲルマの落とし穴」を始めます。

○目的:放射性セシウムを光子エネルギースペクトルで核種判定する際に、誤検出する可能性のある核種を整理する。

○対象:
(a) シンチレーション式ガンマ線スペクトロメータ
  結晶:NaI, LaBr3, CsI, CdTe
(b) ゲルマニウム半導体検出器
  結晶:Ge
○結果:
(1) シンチのNaIでは、Cs-134を796keVで検出&定量する仕組み。
→795keV(4.25%)のAc-228を誤検出する。

(2) シンチのNaIでは、Cs-137を662keV (90.11%)で検出&定量する仕組み。
→609keV(46.1%)のBi-214をひっかける。

(3) シンチのLaBr3では、Cs-134を605keVで検出&定量する仕組み。
→609keV(46.1%)のBi-214をひっかける。

(4) ゲルマGeにて、Cs-134を796keVのみで定量した場合。
→795keV(4.25%)のAc-228をひっかける。
※605keV(97.62%)のCs-134とクロスチェックする仕組みが必須。

<参考>
Cs-134:
595.362 11.1%
604.721 97.62%
795.864 85.53%

Cs-137:
661.657 85.1%

Ac-228
http://ie.lbl.gov/toi/nuclide.asp?iZA=890228
463.004 4.40%
794.947 4.25%
911.204 25.8%
964.766 4.99%
968.971 15.8%
1588.19 3.22%

□関連発言

シンチの落とし穴
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2011/12/post-d2e1.html
放射能測定器誤読事件簿 その1
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/04/post-5832.html
放射能測定器誤読事件簿 その2
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/04/post-cefc.html
ゲルマニウムの何がスゴイのか その1
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/01/post-733c.html
ゲルマニウムの何がスゴイのか その2
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/01/post-0bf0.html
ゲルマニウムの何がすごいのか (番外編)
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/02/post-e012.html
ゲルマニウムの何がスゴイのか その3
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/04/post.html

« ポニー工業 SX-SPA | トップページ | 市民放射能測定所 長野市民測定所 »

■オペレータ支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲルマの落とし穴 シンチの落とし穴:

« ポニー工業 SX-SPA | トップページ | 市民放射能測定所 長野市民測定所 »