無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 直径Φ1μmの放射性セシウム137の放射能は何ベクレルか? | トップページ | 核エネルギーは何故恐ろしいのか »

2012年6月 4日 (月)

年間、+1ミリシーベルト被曝する大地には、Φ1μmの放射性セシウムの粒が、1平方センチメートルあたり、1粒落ちた。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/05/425-bqkg-svh-81.html

[ 276 KBq/m^2 <−−> 1 μSv/h]

年間 1ミリシーベルトは、
365.24day * 24h=8766h
で割って、
0.114μSv/h

[ 276 KBq/m^2 <--> 1 μSv/h]
[ 27.6 KBq/m^2 <--> 0.1 μSv/h]
[ 31.5 KBq/m^2 <--> 0.114μSv/h ]
[ 3.15 Bq/cm^2 <--> 0.114μSv/h ]

http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/06/post-5622.html
直径Φ1μmの放射性セシウム137の放射能は何ベクレルか?

より、直径Φ1μmの放射性セシウム137の放射能は 3.2ベクレルである。

従って、
年間、+1ミリシーベルト被曝する大地には、Φ1μmの放射性セシウムの粒が、1センチ平方メートルあたり、1粒落ちた。ということになる。

« 直径Φ1μmの放射性セシウム137の放射能は何ベクレルか? | トップページ | 核エネルギーは何故恐ろしいのか »

■オペレータ支援」カテゴリの記事

コメント

年間、+1ミリシーベルト被曝ということは、Cs1粒/1センチ平方メートルx1時間当り ということですね。

Iさん はい、そうなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直径Φ1μmの放射性セシウム137の放射能は何ベクレルか? | トップページ | 核エネルギーは何故恐ろしいのか »