無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« サーベイメータによる放射能の検出限界はいくつか | トップページ | 飼料(豚、家きん等用)中の放射性セシウムの暫定許容値の改訂について »

2012年3月19日 (月)

311前の土壌のCs137濃度

文科省の空間線量マップは見たことがある。 農林水産省が、東日本の土壌の放射性セシウムの濃度を調べた。 しかし、「そもそも、311以前に日本の国土はどの程度、放射性物質に、放射性セシウムに汚染されていたのか。」 きちんとした仕事がWeb上にありました。 こうしたデータを今後も取り続けてもらいたい。

http://agrimesh.dc.affrc.go.jp/soil_db/

主要穀類および農耕地土壌の90 Sr と137 Cs 分析データ
(農業環境技術研究所データベース・画像情報 2009年12月)

http://psv92.niaes3.affrc.go.jp/vgai_agrip/samples

より

[畑作土]

Cs-137 全国平均 6.1 +- 2.6 Bq/kg [2006]

Cs-137 全国平均 6.4 +- 2.2 Bq/kg [2010]

Cs-137 最大値(15カ所中) 10.1 Bq/kg [2010]

Cs-137 記録最大値 65.6 Bq/kg [1964]

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/cs137_japan_all.jpg

[水田作土]
Cs
-137 全国平均 5.9 +- 3.1 Bq/kg [2010]

Cs-137 最大値(15カ所中) 12.9 Bq/kg [2010]

Cs-137 記録最大値 115.9 Bq/kg [1964]

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/cs137_japan_suiden.jpg

採取地点15カ所:


用語:

置換態137Csと全137Cs
全137Csは、土壌に含まれる137Csの全量を分析したものです。

置換態137Cs ;
土壌から1M酢酸アンモニウム溶液により浸出される137Csのこと。
作物が吸収する137Csの量と関連が深いと考えられます。
「置換態」の替わりに「交換態」が用いられることもあります。

-----

(追記:2012.4.4)

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.SelectMain?paraSelectKind=1&pageSID=63428445

環境放射線データベース ( @sonntag_F さんより 2012.4.2)

-----

農業環境技術研究所
土壌情報閲覧システム
http://agrimesh.dc.affrc.go.jp/soil_db/

( 放射能測定伊那谷市民ネットワーク http://rm-ina.net/ @beqrelist の Kouji Kinutaさん より 2012.3.7)

-----

Ile Longue さんよりコメントをもらった。H24.8.21
@ichinoseshu ぜひ、日本の環境の放射線と放射能のデータベースで茶のCs-137とSr-90の311以前の汚染量を見て、現状と比較してください。また、Cs-137とSr-90の比率についても見てください。

« サーベイメータによる放射能の検出限界はいくつか | トップページ | 飼料(豚、家きん等用)中の放射性セシウムの暫定許容値の改訂について »

■自治体政府発表資料■」カテゴリの記事

資料倉庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/54258391

この記事へのトラックバック一覧です: 311前の土壌のCs137濃度:

« サーベイメータによる放射能の検出限界はいくつか | トップページ | 飼料(豚、家きん等用)中の放射性セシウムの暫定許容値の改訂について »