無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 長野県の阿智村は放射能を検査した時にその費用を補助する制度がある | トップページ | 1万5千ベクレル/kgの焼却灰にてGM管とシンチを比較する »

2012年2月21日 (火)

山田崇裕「放射線計測の信頼性について」

http://www.nmij.jp/public/event/2011/forum2011/presentation/yamada.pdf

日本アイソトープ協会の 山田崇裕先生の pdf 資料は「オペレータ必読」です^^)

http://www.nmij.jp/public/event/2011/forum2011/

計測標準フォーラム第9回講演会参加御礼および事務連絡
去る2011年11月4日に大田区産業プラザPiOにて開催された同講演会では、無料登録・有料登録合計約360名を超える皆様にご参加頂きました。
講演会幹事・事務局一同、心より厚く御礼申し上げます。

第1会場「NMIJ計量標準セミナー」において、USBチャージャー(携帯用充電器)のお忘れ物がございました。
お心当たりのある方は、お手数ですが、以下の連絡先までご一報下さい。

(独)産業技術総合研究所 計量標準管理センター 計量標準計画室
tel: 029-861-4118, e-mail: jmf2011@m.aist.go.jp
【NMIJ計量標準セミナー講演資料】
    1.    「放射線計測の信頼性について」山田崇裕、(社)日本アイソトープ協会 (PDF)
    2.   
    3.    「放射能測定に係る試験所認定と今後の展開」森 曜子、JAB (PDF)
    4.   
    5.    「定量NMR法による化学計量トレーサビリティの革新」井原俊英、NMIJ (PDF)
    6.   
    7.    「生産における測定の不確かさ活用のための実態調査報告」阿知波正之、JAMP、測定の不確かさ活用のための実態調査委員会 委員長 (PDF)
    8.   
    9.   

« 長野県の阿智村は放射能を検査した時にその費用を補助する制度がある | トップページ | 1万5千ベクレル/kgの焼却灰にてGM管とシンチを比較する »

■オペレータ支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田崇裕「放射線計測の信頼性について」:

« 長野県の阿智村は放射能を検査した時にその費用を補助する制度がある | トップページ | 1万5千ベクレル/kgの焼却灰にてGM管とシンチを比較する »