無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ポケガに10mmx10mmフォトダイオードセンサを載せるプロジェクト | トップページ | ベクレルフリー米の販売を開始しました »

2012年1月25日 (水)

松本市のお米屋さん 中島屋の備蓄王(びちくおう)

昨日 松本市のお米屋さん 中島屋の社長 にお会いした。

素敵な想いを持った方だった。

http://www.nakajimaya.co.jp/


循環型社会を目指し、米から出たものをすべて循環することを目指している。

米ぬかを粒子状態にしたものを土壌改良材として販売している。

「これ食べられるんですよ」と降旗社長。
京都のお菓子、落雁みたいな味。
 
備蓄王(びちくおう) という商品も教えて頂いた。
以前は、自治体などが アルファ化米 を備蓄していたが、パッケージを工夫して、二酸化炭素を封入すると、米がCO2を吸収して、真空パックのようになる。
この状態で長期保存をする。
そしてなんと、賞味期限を終えると、引き取るという。
アルファ化米は、期限を過ぎると廃棄する。
でも、備蓄王は、引き取った後、家畜の飼料にする。
とことん、循環を目指す。
その社長の姿勢に共鳴した。
 
備蓄王は、安定してネットで流れているそうです。
全国で扱っているのは、このお店だけだそうです。
防災に関わる方、一般家庭でも非常時用の食材として注目ですね。
 
次は、ぜひ無洗米の精米行程を拝見させて頂くことにしようと思う。
 
すこしづつ、信州での放射能による内部被爆を防ぐ活動に関わっていければと願っている。

この仕事に関わっていると日々が素晴らしい方々との出会いに溢れている。
感謝。

みなさん。富士見町の両國屋(りょうごくや)豆腐店と同様、中島屋さんもよろしくお願いします。(__)

« ポケガに10mmx10mmフォトダイオードセンサを載せるプロジェクト | トップページ | ベクレルフリー米の販売を開始しました »

たべる ( ■Becquerel Free■ ベクレルフリー )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/53822957

この記事へのトラックバック一覧です: 松本市のお米屋さん 中島屋の備蓄王(びちくおう):

« ポケガに10mmx10mmフォトダイオードセンサを載せるプロジェクト | トップページ | ベクレルフリー米の販売を開始しました »