無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ■はじめてのポケットガイガー | トップページ | ポケガ フォーンケーブルの抜け防止対策加工 »

2012年1月13日 (金)

「放射能測定装置の時間貸し」を利用された方のblogをご紹介します。

開所して今日で1ヶ月となります。

弊社の放射能測定サービスの1つ

「放射能測定装置の時間貸し」を利用された方のblogをご紹介します。

畑の土、かぼちゃ、薪ストーブの灰の放射線量を測って来ました。

>毎日食べる玄米と、皮ごと食べたいリンゴは、より正確な数値を知りたいので、

>今回の測定とは別に、10時間の測定をお願いしてきました。

>気軽に放射能の測定をお願い出来るところが近くにオープンし、心強く思います。

ありがとうございました。

ぜひまたご来店をお待ちしております。

弊社で導入を決めた、TS150Bという機種は、10時間測定により、放射性セシウムの検出限界として数ベクレル/kg未満を判定する能力を持っています。(95%信頼で1Bq/kg、3σにて、1.7Bq/kg)

ちなみに、

現在、日本政府の米についての基準は、食品の分類となり、500Bq/kg未満。

今年4月からは、5倍厳しくなり、100Bq/kg未満となります。

(乳児用食品は、更に半分の、50Bq/kg)

長野県内の米の判定は、20Bq/kg未満を不検出としております。

それでも、この20Bq/kg~0Bq/kgの間を知り、自己管理をしたいお客様が居ることは事実です。

その期待に答えるために、10時間稼動を続けています。

先日、お米30kgを袋ごと持ってこられたお客様がおられました。

そのお米は福島県の親戚から送られてきたお米でした。

「孫も居るので、食べずに廃棄するつもりだった」とのこと。

しかし、弊社で、抜き取った4合の10時間測定を行い、1Bq/kg未満であることが判りました。

「食べることにした。」と感謝の言葉を頂きました。

人と人をつなげる、食のおすそ分け。

その文化を続けるためにも、測って食べることが大切だと思っています。

ひきつづき、装置時間貸しの予約を承ります。

ご家族で、グループでぜひ食品、飲料、などを持ち寄って測定にお立ち寄りください。

○信州放射能ラボ 紹介ページ:

https://www.imeasure.jp/?page_id=427

○料金表:(一般家庭向け):

http://dl.dropbox.com/u/37232669/iSHL_public/iSHL_price_home_revA.pdf

心からお待ち申し上げております。

不明な点等ございましたら、お問い合わせをお気軽にどうぞ。

info@imeasure.jp

担当:一ノ瀬

<修正履歴>

2012-1-30 リンク先blog消失のためリンクを外しました。

 

« ■はじめてのポケットガイガー | トップページ | ポケガ フォーンケーブルの抜け防止対策加工 »

利用者の声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■はじめてのポケットガイガー | トップページ | ポケガ フォーンケーブルの抜け防止対策加工 »