無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

民間企業 信州放射能ラボ

民間企業  信州放射能ラボ

主催団体:アイメジャー株式会社 (本社 長野県松本市)

設置場所:長野県塩尻市大門幸町1−18 (アイメジャー 塩尻事業所
http://maps.google.co.jp/

N36.116696E137.955314

代表者:一ノ瀬修一


e-mail:info@imeasure.jp

電話:0263-50-8651

導入機材
○放射能測定:
[1]株式会社テクノエーピー TS150B
[2]ベルトールドジャパン株式会社 LB2045
[3]Ge半導体検出器 (来期導入予定。)

○サーベイメータ:
[4]日立アロカ TGS-146B (2012年1月末日、導入予定)
[5]日立アロカ TCS-172B (2012年3月、導入予定)

開所:2011.12.13 開所式典を行いました(facebookイベント)
ご多忙中にも関わらずご臨席賜りありがとうございました。

公式ホームページ: www.imeasure.jp

放射能測定事業に携わる従業員をあらたに募集中です。
一緒に働ける方、お問い合わせください。 info@imeasure.co.jp

■ 信濃毎日新聞記事 2011.11.24

■ 信濃毎日新聞記事 2011.11.28

■  長野放送 2011−12−13 夕方のニュース
■ 信濃毎日新聞:2011−12−14

<記事修正履歴>
2011.11.27 開所日変更 2011.12.13(予定) ← 11.末日
2011.11.27 新聞記事追記
2011.12.1 導入機材[1]確定。開所式追記。
2011.12.12 新聞記事追記。

2011.12.14 テレビニュース。新聞記事追記。

2011.12.14 有限会社を株式会社に記述変更。
2011.12.24 公式WebSiteをリンク。LB2045導入予定日削除。
Ge半導体検出器を「購入資金2千万円を寄付金方式にて募集中。」から「来期導入予定。」に変更。(募集方法は別途提案致します。ぜひご支援を。)


 

2011年10月27日 (木)

日本国内販売 ベクレルモニター 一覧表

< 一覧表を pdf で見る >

日本国内販売 ベクレルモニタ 一覧表 [2011.10.27現在]

< 一覧表を 画像 で見る >

< 全ての製品の紹介記事を表示する >

カテゴリ:ベクレルモニター 

(上記URLへジャンプした後、↓をスクロールしてご覧ください。)

■追記 2011-11-20

日本アイソトープ協会 平成23年10月26日(2011.10.26)

食品中(牛肉・米・麦)の放射性セシウムスクリーニング法に対応可能な機器(NaI(Tl)シンチレーション検出器)

http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,16065,110,html

(一ノ瀬>NaI(Tl)方式18機種の問い合わせ先を含む、総合一覧表。
 NaI以外は含まれないので留意。)

2011年10月24日 (月)

市民測定所 『横浜市民測定所』

横浜市民測定所
http://ycrms.net/
主催団体:横浜の子どもたちをを放射能から守る会
代表者:高雄 綾子
E-mail: takao@ycrms.net

放射能測定機材:ATOMEX 1320A x 2台

開所:2012.3.5開所 (祝)
2011.10.15 より会員募集開始。(2011.10.14に機材購入資金達成。)

出典

追記
2012.3.1 開所日追記。

2011年10月22日 (土)

市民放射能測定所 神奈川県相模原市東林間

http://sokuteishitsu.blogspot.com/

東林間放射能測定室(仮)

神奈川県相模原市東林間

自然食品屋「チャンプール」

開所日: 2011年10月中旬予定(2011年9月5日 機器導入。)

2011年10月21日 (金)

THIRDWAVE SEG-002-AKP-P

THIRDWAVE

http://www.envsafe.jp/product/03/SEG-002-AKP-P.html

model : SEG-002
price : ¥25M
detector : P型HpGe
S/W : AKWin
エネルギー範囲 :40keV〜10MeV
エネルギー分解能 : 0.71%  122keV、0.14% 1.3MeV
検出下限値 : (137Cs)
 1ℓマリネリ容器 0.12Bq/kg
 0.13ℓデンタ容器  1.0Bq/kg
光電ピーク:コンプト散乱比 60:1
MCAチャンネル数:13bit
冷却方式 : 液体窒素冷却方式/電子冷却方式
電源:220V,50Hz
消費電力:250W

2011年10月15日 (土)

東京都国分寺市 こどもみらい市民測定所@国分寺

file:

名称:こどもみらい測定所
http://kodomira.blogspot.com/
場所:東京都国分寺市「カフェスロー」入り口の「Memoli」内
http://www.cafeslow.com/
東京都国分寺市東元町2-20-10
N35.696565E139.481483

http://kodomira.blogspot.com/2011/10/107.html

名称:「こどもみらい市民測定所」
場所:国分寺「カフェスロー」入り口の「Memoli」内
開所:11月26日(予定)
   それまでは研修準備期間。
測定機材:(ベラルーシ)ATOMTEX社 AT1320A

検査員研修やスタッフ募集と共に、購入資金の寄付と会員募集の準備中。

10/7カフェスローに マザリングマーケット&こどもみらい測定所のコラボステーション「 memoli 」オープン。
memoliとは、いのちとみらいを守り育みマザリングラボです。

2011年10月14日 (金)

書籍 放射線概論 第1種放射線試験受験用テキスト

放射線概論
第1種放射線試験受験用テキスト
柴田 徳思
通商産業研究社
第7版(2011.2)
755ページ

2011年10月13日 (木)

食品開発展2011 放射線 放射能関連ブース 報告書

食品開発展2011 行ってきました。[2011.10.6]

http://www.hijapan.info/http://www.hijapan.info/companylist/index.php
http://www.hijapan.info/companylist/search.php

search[出展製品・コメント]> 放射能
search[出展製品・コメント]> 放射線
この検索でかかった15社を1時間で回って(!)カタログもらっ

てきました。

報告書 → http://dl.dropbox.com/u/37232669/isotope_Public/shokuhinkaihatsuten2011_final.pdf

2011年10月12日 (水)

ポケットガイガーKIT 販売開始

今、日本で最も安価でかつ最もクールな線量計。iPhoneユーザーに届けます。

PocketGeigerKIT 正規販売代理店 国内第1号 iMeasure Inc. 】

ポケットガイガー完品販売専用の公式サイトが始動しました。

申し込みはこちらまで。→  imeasure.jp

< 在庫在ります 即納可能 注文受付中 >

本家radiation-watch.orgにて弊社の活動が紹介されました。(2012-1-7)

→ 「信州放射線ラボ」の活動、次回ワークショップのご紹介です。


○ 本家 開発元 radiation-watch.org

[ 公式ページ | 組立マニュアル | 取扱説明書 | 専門家向け資料集

| facebook サポートページ |
| facebook サポートページ radiation-watch みんなでつくるFAQ ]

○ 正規販売代理店 アイメジャー信州放射能ラボ

[ 公式ページ | 購入ページ | BLOG

(準備中)組立マニュアル | 取扱説明書 | 専門家向け資料集

| facebook サポートページ アイメジャー信州放射能ラボ

(要登録:”信州放射能ラボユーザーサポート担当者”に友達登録申請をする) ]


放射線を自分で測ろう! iPhone・iPod・iPad ユーザーに朗報!

特徴:

・PocketGeigerKITは、iPhone につなげて使う放射線のサーベイメータです。

・身の回りの放射線の空間線量率[μSv/h]をお手軽にチェックできます。

動作確認済みの組立完成品を購入:松コース¥5,790(税込)+送料。

 ※ 送料確認サイトにて、サイズ60の欄をご覧下さい。

  例えば、長野県→関東/東京都 740円。 合計:¥6,530-

 <アルミ板だけを購入桜コース¥400(税込)

○注文方法:

Step-1:

動作確認済みの組立完成品を購入松コース 

 ステップ1:Friskケースを8色から選んでください

 ステップ2:送料を確認する

 ステップ3:注文する
  Fax:0263-50-8652 もしくは
  メール送付先:
 info@imeasure.co.jp
 題名:ポケットガイガー組立完成品注文(または、松コース注文)
  注文時に、Friskの色と、送付先住所をお知らせください。

アルミ板だけを購入桜コース>の場合:
 弊社に下記2点を同封した、封筒を郵送してください。
 (1)切手80円を貼った返信用封筒
 (2)80円切手5枚

 郵送先:〒399-0741 長野県塩尻市大門幸町1-18
     アイメジャー有限会社 
アルミ板購入>係

Step-2: 料金支払い。
 ・銀行口座へ振り込み。

 ※銀行振込の場合は、振込手数料の負担をお願いします。
  振込確認後、加工作業に入ります。

○納期:

 <動作確認済みの組立完成品を購入松コース の場合:

  受注後5営業日以内に発送。(弊社在庫が在る場合。)

 <アルミ板だけを購入桜コース>の場合:

 封筒受領後、1営業日以内に発送。

○お問い合わせ先:
 詳しくは、弊社までお問い合わせください。
 Fax:0263-50-8652
  メール送付先:
     info@imeasure.co.jp
     題名:ポケットガイガーKIT問い合わせ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
弊社より購入されたユーザー専用の facebook サポートページ

http://www.facebook.com/groups/285761434775131/

■ ポケットガイガーLite (¥ 0) をダウンロード → ここをクリック

■ PocketGeiger 専用有料ソフトウェア。超優れものです。お奨め。

ポケットガイガーPro(¥600) をダウンロード → ここをクリック

・Pro バージョンソフト(+600円)を使うとさらに次のことができます。

 (1)ログ機能:測定値の変化をExcelなどの表計算ソフトにて管理可能。

 (2)GPS連動:測定地点を表示可能。

 (3)空間線量の経時変化表示:線量の時間変化が一目瞭然。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポケットガイガーKITは、Radiation-Watch.org の製品です。

公式ページ 組立マニュアル  取扱説明書  専門家向け資料集 facebook サポートページ


http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2011/09/pocket-geiger-c.html

ポケットガイガーKITは、ご自分で、Friskの箱を購入し、加工し、中にアルミホイルもしくは、10円玉、もしくは 厚さ1mmのアルミ板を入れる加工を行います。この作業を丸ごと 弊社( iMeasure Inc.)が代行し完成品を渡します。

○弊社の作業内容

(A)アルミ板(厚さ1mm)を用意
 弊社オリジナル。1枚の
アルミ板はL字形状、もう1枚のアルミ板と角を貼り合わせコの字になります。2つのアルミ板を黒テープで繋いであります。Siフォトダイオードセンサ基板ををアルミ板で挟んで箱に納めます。
(B)Friskケース加工

 
信号線ケーブルの引き出し部をヤスリで削ります。
(C)Frisk 箱に電池box接着用両面テープを貼ります
 業務用の両面テープを使います。長時間使用時や高温低温温度変化後も粘着力の劣化が少ない。また、万が一剥がして貼り直す際にも、粘着部がケースに残り難い信頼性の高いテープです。
(D)動作確認と出荷検査

 
1台1台iPhoneに接続し、動作させ、空間線量率の測定と検査を行います。
※弊社からPocketGeigerKIT組立完成品(松コース)を購入頂いたお客様には、弊社ユーザー
専用のサポートページをご案内します。facebookアカウントお持ちの方は請求ください。製品出荷時の検査結果をご覧になれます。

○弊社で行う組立の様子(ご参考)

組立その1:FRISKのフタを開けて、PocketGigerのセンサ部をアルミ板でサンドイッチします。

 

組立その2: [ 左は旧基板、右は新基板(フォーンプラグ式)]

ケーブルの結束バンド(写真左下の白いバンド)がFRISKの箱の中に入るように納めます。
【重要】結束バンドは重要な働きをしています。
 万が一、組立後の計測使用中にケーブルが引っ張られた時、結束バンドがその力を直接受けることにより保護します。
センサ基板部にハンダ付けされたケーブルに無理な応力が加わる事態を回避します。
 新基板の場合、元祖サイト推奨の方式とは異なる弊社独自の加工(= iMeasure Inc.方式 )としております。理由は、センサ側フォーンブラグの接続不良による計測失敗を完全に無くすためです。

組立その3:FRISKのフタをします。

組立その4:FRISK箱の裏に貼ってある両面テープの保護紙を剥がし、しっかりと9V電池箱と密着、固定します。

組立その5:これで完成。引き続き、PocketGigerの 組立マニュアル  取扱説明書 をごらんになり、ソフトウェアのインストールにお進みください。

○色の選択 8色から選択、2011.11.3現在 

<Left>
PEPPERMINT
SPEARMINT
BERRY MINT
BLACK MINT
LEMON MINT

<Right>
PINK GRAPEFRUIT MINT
GREEN LIME MINT
MUSCAT MINT
ORANGE MINT注意オレンジ色のみ季節限定販売在庫少。)

■ ポケットガイガーLite (¥ 0) をダウンロード → ここをクリック

■ PocketGeiger 専用有料ソフトウェア。超優れものです。お奨め。

ポケットガイガーPro(¥600) をダウンロード → ここをクリック

■応用事例
○応用事例その1:自動車で移動中に計測する。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/pg_hung_use.jpg

弊社ではポケットガイガーをそのまま車のルームミラーにぶら下げてドライブしながら計測することを推奨します。このため、組立その2記載の通り、新基板 (フォーンプラグ式)においては、脱落防止&フォーンプラグの接触不良回避のため弊社独自の加工(= iMeasure Inc.方式 )が必須となります。

○応用事例その2:食材をチェックする。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/pg_fish_bqcheck.jpg

弊社では、11月末日より新たなサービス「放射能測定事業」を開始 致します。最新鋭のLaBr3シンチレータ方式のベクレルモニタを導入致します。このベクレルモニタは、他社が導入している、NaI(Tl)シンチレータ方式のベクレルモニタでは決して見分けることが不可能な核種の分離を可能とします。(専門的な解説:エネルギー分解性能がNaI(Tl)に較べてLaBr3の方が格段に高い。)その結果、短時間で低濃度の放射能を計測可能となります。

この「放射能測定事業」との連動により、ポケットガイガーによる食材検査の限界を定量的に評価し、放射能チェック限界を明らかにします。

また、弊社ポケットガイガー(松コース)購入ユーザーには、放射能測定お試し券を郵送にて配布致します。いましばらくお待ちください。

最新情報は、弊社製品を購入したユーザー専用の facebook サポートページにてアナウンス致します。

■ PocketGeigerKIT 紹介記事
(1) PC-Watch http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ishii/20110928_479895.html
(2) JAPAZINE  http://japazine.com/news/post-3293.html
(3) ポケットガイガーKIT買ってみました。2011-11-18 19:17

(4) blog : 藤沢市の方 HORIBA Radiとポケガとの比較記事 2012.1.7
■ 記事履歴

2011.11.17

・ポケットガイガーKITの電子回路基板変更に伴い、Friskケースの加工のみのサービス(竹コース、梅コース)を停止致しました。

・応用事例その1,応用事例その2を追記しました。

2012.1.12 アクセス急増にともない、サイト構成を見直し修正しました。
2012.3.15 紹介記事追加。(藤沢市在住の方のblog)

応用光研工業株式会社 FNF-401 < NaI Φ76.2mm >

応用光研工業株式会社

原発災害対策特別仕様-微量放射能測定装置 FNF-401

カタログ A4-2page pdf

model : FNF-401
price:¥4.9M~

detector : NaI(Tl)
detector size : Φ3 x 3 inch (Kフリーガラス使用)
thickness Pb:50mm
マネリ容器 : mL

検出限界値 : 10Bq/kg(I-131, Cs-134, CS-137 に対して) 検出時間:1000秒 (=16分40秒)
エネルギー分解能:
ADC : bit
エネルギー範囲 :
ソフトウェア:
・濃度計算:I-131, Cs-134, CS-137
※カタログには、「唯一の国産品」とあります。

2011年10月11日 (火)

ベクレルモニター SEG001-AKP-S-40 < NaI Φ40 mm >

THIRDWAVE
http://www.envsafe.jp/product/03/SEG001-AKP-S-40.html

model : SEG001-AKP-S-40
price:¥2.69M~
detector : NaI(Tl)
detector size : Φ40 x 40 mm
thickness Pb:mm
マネリ容器 : 500mL
検出限界値 : Cs-137:10 Bq/kg, Ra-226, Th-232:60 Bq/kg, K-40 : 190 Bq/kg
エネルギー分解能:
ADC : 10bit
エネルギー範囲 : 0.2 ~ 2.8 MeV

ベクレルモニター CAPTUS 3000 < NaI Φ50.8 mm >

CAPINTEC, INC.
http://www.capintec.com/index.php?option=com_content&task=view&id=73
【放射能測定装置(ベクレルモニター)】

model : CAPTUS 3000
price:¥3.0M
detector : NaI (Tl)
detector size : Φ2x2 inch
thickness Pb:25.7x50.6mm
マネリ容器 : 1L

ADC : 10bit
http://www.sekiyarika.com/products/katarogu/image/leaf/Captus3000.pdf

日立アロカ CAN-OSP-NAI < NaI Φ50.8 mm >

model : CAN-OSP-NAI
price:¥4.65M~ (2011.10.6 展示会ブースにて確認済。)
detector : NaI(Tl)
detector size : Φ2x2inch
thickness Pb:38mm
重量:166kg(うち遮蔽体重量:125kg)
検出限界値 : I-131, Cs-134, Cs-137 それぞれ30Bq/kg(10分測定時)
マネリ容器 : 900mL
ADC : 10bit
エネルギー範囲 : 60keV 〜 2MeV
エネルギー分解能:7.5%(Cs137、662keVガンマ線)

※測定部本体は、CANBERRA製

■追記(2011-11-10) 下記非常に重要です。

http://togetter.com/li/198376
食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:アロカCAN-OSP-NAI使いこなし編

http://www.togetter.com/li/211457
食品用の簡易放射線測定装置でできるだけよい測定を行うために:アロカCAN-OSP-NAIでの土壌測定は要注意編

2011年10月 7日 (金)

ホールボディーカウンター


http://www.envsafe.jp/product/03/SiCH-AKP-3-1.html

131I、137Cs、40K、60Co他ガンマ線放出核種による内部被曝を測定評価します。 (IAEAの技術仕様を満たしています。) Ø120mm×80mmの50mm鉛シールド付の検出器を椅子の背面に装備しました。

株式会社サードウェーブ 放射能測定トレーニングセンター

http://www.envsafe.jp/training/index.html

実際に放射線の計測を体験できる場所としてトレーニングセンタを秋葉原駅前に開設しました。
トレーニングセンタでは、実際に各種放射能計測を体験できるセミナーや導入前の研修を実施します。
また、各種のご相談にもお答えしますので、下記連絡先にご予約ください。*10月12日 OPEN


放射能測定無料体験セミナーを実施しています。
定員10名/回 先着順。
(食品開発展2011でサードウェーブブースで頂いた資料より。)
問い合わせ先: info.env@twave.co.jp 外上記URL参照ください。

facebookに 放射能測定所立ち上げ支援室 を開始。

近所に放射能測定所が無いか、なければ自分で立ち上げたい、自分では立ち上げる時間ないけど動きを知りたい、などの要望を満たすための ポータルサイト的な facebook グループ:
放射能測定所立ち上げ支援室
をスタートしました。

http://www.facebook.com/groups/132166023550088/

これを機会にぜひ、facebookを始めて下さい。

私もfacebookの使い方が漸く分かりました。

これは、まずは、簡易的なメーリングリストです。

2011年10月 5日 (水)

線量計をあてて食品検査ができるか?

野尻さんのblogより

食品の測定の場合一番大事なことは、遮蔽、つまり外からくる放射線を遮断して、食品からの線量だけを測定することです。

早野先生がだしておられた食品中にセシウムが入っている時の放射線量ですが、現在の暫定基準いっぱい500Bq/Kg だとして表面線量で最大0.03μSv程度しかない

いわゆる検出限界は誤差の3倍です

 

簡単にいえば食品の線量を測るには、その食品の遮蔽効果を上回る量の放射性物質が入っていることが必要

食品の測定装置に1.5cm から5cmの鉛の遮蔽がついているのは、空間線量を十分に下げることで食品から出る放射線を際立たせることが目的

給食センターに独自のベクレルモニターを導入するのは良い対策

■反論:

早川先生@群馬大学 の意見:

http://twitter.com/#!/HayakawaYukio/status/121500743843852289

HayakawaYukio 早川由紀夫 0.03マイクロなら、シンチで十分はかれる。私のクリアパルスでは、上手にやれば0.005の違いを認識できる。なんでこういうこというんだろか。きわめて党派的で不愉快だ。nojirimiho.exblog.jp/14677902/

セシウム牛はガンマ線サーベイメーターで発見できるか

セシウム牛はガンマ線サーベイメーターで発見できるか by @hayano 2011.7.10

 

東海ネット 市民放射能測定センター(愛知県名古屋市)

測定機材: 日立アロカ CAN-OSP-NAI

http://tokainet.wordpress.com/hsc/c10/

C―ラボの役割

福島原発事故が起きてしまい、これから長い間、食品の放射能汚染が続きます。
この列島に住む私たち、とりわけ子どもたちや妊婦 さんの放射線被曝を出来る限り小さくするためには、その汚染の程度を知らなくてはなりません。
そのために全ての食品の放射能含有量の測定と公表が必要で す。

C―ラボの取り組み
● 食品の放射能測定体制を確立します。
● 市民が気軽に検体を持ち込めるような運用を目指します
● 多くのボランティア測定者を養成して、測定機の稼働率を上げるとともに市民科学者を育てます
● あまりにも高すぎる国の暫定基準値に対抗して、自主基準値を設けます
● 安全性と生産者保護のバランスをとりながらすすめる、被曝量自己管理の方法を提案します
● 国や自治体に測定体制の早急な整備を求めてゆきます
● 生産者の支援のために、放射能汚染のあった生産者の支援活動など行っていきます

主たる測定装置
食品放射能測定システム(日立アロカメディカル社)
検出器=NaI(T1)シンチレーション検出器
測定は野菜などの食品や飲料から、土壌まで可

専門家
大沼章子氏(元愛知県衛生研究所環境物理科長)
河田昌東氏 (元名古屋大学理学部教員)

測定可能核種
ヨウ素131、セシウム134、セシウム137
検出限界=各5Bq/kg(10分測定)
(測定時間により検出限界が変わる)

測定料金のご案内
検出限界(各核種あたり) 
10Bq/kg 2,000円
5Bq/kg  4,000円

試料の量、測定時間によって検出限界が変わってきますので、2種類の価格帯を設 けました。
申し込みの際にお選びください。
*Cs-134が減衰しない当分の間は、放射性セシウム(Cs-137+Cs-134)の検出限界は各核種あたり5Bq/kgの場合、2012年3月9.2Bq/kg、2013年3月735Bq/kg、2015年3月6.2Bq/kg

問合せ未来につなげる・東海ネット 市民放射能測定センター
〒〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 株式会社名古屋生活クラブ気付
TEL(052)-501-0251(平日9:00~18:00)

ベクレルモニター KH-EL25 (ドイツ S.E.A. 社)< NaI Φ50 mm >

KH-EL25
(Foodstuff Counter EL 25)

model : KH-EL25
price:¥770K (税込)
detector : NaI(Tl)
detector size : 50 x 50 x 13 mm
thickness Pb:10mm
検出限界値 : 46.7Bq/L(1,000秒)
マネリ容器 : 400mL
エネルギー分解能:
ADC : _bit
測定時間:〜999秒
核種判定不可:総量がCs-137、I-131と仮定

■出典:
http://geiger.grupo.jp/blog/14043
http://www.sea-duelmen.de/en/sicherheitskontrollen/sicherheitskontrollen.html
S.E.A. GmbH
Strahlenschutz-, Entwicklungs- und Ausrüstungsgesellschaft mbH
Ostdamm 139
48249 Dülmen
Germany
Tel.: +49 (0) 25 94 / 94 24-0
Fax: +49 (0) 25 94 / 94 24-14
info@sea-duelmen.de
www.sea-duelmen.de

2011年10月 3日 (月)

農林水産省 諸外国・地域の規制措置 2011.9.30

http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/hukushima_kakukokukensa.html
農林水産省

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う各国・地域の輸入規制強化への対応

諸外国・地域の規制措置等各国の検査・規制の強化に関する情報は、「諸外国・地域の規制措置(PDF)」をご覧下さい。

http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kensa_1003.pdf (10月3日)

EU

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »