製品サポート

2017年11月17日 (金)

非接触式反転イメージスキャナ EXE(エグゼ)【新製品】

Exe1

3週間後に迫った 国際画像機器展の話です。

出品は、2機種。

・非接触式反転イメージスキャナ EXE(エグゼ)【新製品】

・タッチ式40インチディスプレイ + タイル構造巨大画像展示。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/info/2017/11/post-c666.html

今日は、 非接触式イメージスキャナ EXE(エグゼ)

の話です。

■    出展製品(新製品)

・非接触式イメージスキャナ EXE(エグゼ)

なんと、「アウトドア派」の非接触式反転イメージスキャナの誕生です。

名は EXE(エグゼ)

<特徴>

ピント位置を宙に浮かせてあります。(+18mm)

ひっくり返して使うA3サイズの非接触式イメージスキャナ。

ゴム脚が4ケ、ガラス面の各4スミに付いています。

このゴム脚の高さが 18mmです。

つまり、乗せた床面にピッタリピントが合っています。

撮影したい対象物の上にそっと載せるだけで非接触スキャンができます。

最大、12億画素(2400ppi)の画像を取得できます。

12億画素。3万×4万画素の画像です。

今、NHKが一生懸命宣伝している 最新の 8Kテレビ  で
長辺が 8千画素 ですから、その5倍ですね。
つまり、12億画素には、8K映像が、25ケ入ります。

<応用事例>  

○ 塗布直後の濡れ面の撮影、検査。

○ 移動することのできない意匠の撮影。
  床材とか、屋外のレンガや、路面。
  降雨後の濡れた道路。
  満開のシロツメグサ
 (とその中に一つだけあるクローバーとか)

何より、

○ 昆虫標本

○ 日本刀

ですかね。

〜〜〜〜〜
まあ、ここまでならば、誰もが予想する展開です。

問題は、高解像度時の被写界深度の問題です。

1200ppiでは、数ミリメートルしかピントが合いません。

その度に、被写体とスキャナの隙間を調節するなんて事態になったら、最初から使う気になりません。

そこで、驚きの新機能の搭載です。

お楽しみに。(笑)

パシフィコ横浜展示会場 #96 ブースでお会いしましょう。

 

2017年9月26日 (火)

ゲルスキャン(イメージスキャナ)によるタンパク質の定量とデンシトメーターによる定量とどう違うのか

Q:

GELSCAN-2 によるタンパク質の定量とDensitometorによる定量とどう違うのか知りたい。

A:

・Densitometorは、SDS Pageのバンドの一部を直線的になぞり、吸光度グラフを作製し、その面積を定量する。この場合、どのラインの濃度を計測したかによって、作業者の個人差や作業毎の誤差が産まれ、繰り返し再現性が落ちる。これに対して、バンドを丸ごとエリア指定(*1)して濃度計測するGELSCAN-2の定量手法は、そこに流されているトータルのタンパク量を定量することとなり、繰り返し再現性が高い。

・繰り返し再現性が高いことで、一度、検量線を作製(*2)すれば、ImageJによる定量→タンパク量 の測定装置として利用可能となる。

*1)「バンドを丸ごとエリア指定」とは具体的には下記の画像の矩形領域(□)を意味します。

Image035

(*2)検量線を作製

CBB染色によるタンパク質の検量線の制作事例:

Image045



詳細:

ImageJによるCBB SDS-Page ゲルの検量線の作成

http://www.imeasure.co.jp/report/ImageJ_CBB.html

2017年9月15日 (金)

【 実験 】 イメージスキャナをひっくりかえしてみた。(※注意)

Hanten_


A3サイズを2400ppiでスキャンできるから、12億画素のカメラだね。
また、A/Dコンバータは 16bit (65536階調)を積んでるので、48bitColor画像。

でも、被写界深度が 1200ppi では 1mm程度なので、ブラケットスキャンをやってみた。

ワザと名刺を折り曲げる。

高さは最大で 24mmくらい。

ピントを0.1mmづつ変えられるスキャナなので

ES-10000G

目一杯(2.0~+6.0mm)変えて、スキャンする。

そのピントを1mmづつ変えてスキャンした画像を

後から、フォトショップのレイヤー合成機能を使えば

全域(8mm範囲で)ピントの合った画像になるでしょう。

きっと。

ということで、パンフォーカス画像を作ってみた。

ところが。。

〜〜〜〜〜( 注意)

よい子は真似しないで下さい。改造せずに、ひっくり返すと、壊れます。

 こうなる。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-83a0.html

〜〜〜〜〜

続きを読む " 【 実験 】 イメージスキャナをひっくりかえしてみた。(※注意)" »

2017年7月14日 (金)

弊社製品カタログダウンロード

弊社全製品&サービスのカタログをダウンロードできる
専用サイトを用意しました。
ぜひご活用ください。

カタログダウンロード:

会社名などの情報は記名せずともダウンロード可能です。

2017年5月11日 (木)

A3サイズ光学解像度2400ppiのイメージスキャナの画像ファイルサイズは?

A3サイズ光学解像度2400ppiのイメージスキャナの画像ファイルサイズは?

もともと dpiという単位がインチ(25.4mm)を使っているので、
インチで統一して計算すると判りやすいですね。

(余談:

このBLOGで使う、ppi は、 pixel per inch の意味です。光学解像度を表す時はこちらが使われるように成って来ています。ただ、解像度という言葉は、ディスプレイの解像度と言う時は、表示可能な画素数の意味となってしまい混乱します。そんな時は、画素密度(pixel density )と呼ぶようですね。スマートフォンの液晶画面の画素密度については、iPhoneのディスプレイの画素密度を計測した実験記事を読んでください。)


例えば、エプソンのA3スキャナは、
310mm→ 12.2インチ
437mm→ 17.2インチ

2400pixel/インチなので、それぞれ、
12.2 * 2400 → 29280 ピクセル
17.2 * 2400 → 41280 ピクセル

つまり、今販売されいる、 4Kテレビの画面( 3840 x 2160) が、横に10個、縦に、13個、合計130個入る計算です。

総画素数を計算すると、

29280 x 41280 = 1.2Gpixel 、つまり、12億画素となります。
現在、主流のフルサイズC-MOSセンサで2420万画素ですので、約50倍の画素数があります。

・・・

そう考えて、A3スキャナを購入して、実際にフルサイズでスキャンをしようとすると、
意外なことに、スキャンが出来ないことに気付きます。

スキャナ駆動ソフトウェア(EPSONScan)は、アラートを出し、解像度を下げるか、スキャンサイズを小さくするか、どっちかを選べ、と要求してきます。

Photo

「 EPSON Scan

画像サイズが大きすぎます。

幅21000,高さ30000ピクセル以内になるように、解像度を下げるか、取り込み領域を小さくしてください。 」

つまり、なんと、「12億画素のスキャンは不可能」なのです。


・・・

そこで、少し計算をしてみます。

1画素あたりのデータ量は、
24bit Color ( Red/Green/Blue各色256階調、8bitつまり、1Byte)は、3Byteの容量。
よって、1.2Gpixelでは、
1.2 x 3 = 3.6G Byte

じつは、デジタル画像を保存するフォーマットとして普及している、TIFF画像のファイル仕様は、4GBを上限としています。

ですので、ぎりぎり、3.6GBは保存ができるはずです。

(※ ちなみに48bitColorでスキャンした場合は、1.2G x 6Byte= 7.2GBとなって、技術的に、TIFF保存ができません。)

・・・

さて困りました。

そんな方のために、造ったのが、弊社のスキャナ駆動ソフトウェアです。

iMeasureScan_Pro.exe

A3、2400ppi、24bitカラーでのスキャンに対応します。

また、昨年9月に発売された、新しいA3サイズの

カラーイメージスキャナ DS-G20000 にも対応しました。


iMeasureScan_Pro.exe

詳しくは、お問い合せください。

info@imeasure.co.jp

続きを読む "A3サイズ光学解像度2400ppiのイメージスキャナの画像ファイルサイズは?" »

2017年3月28日 (火)

デジタルアーカイブの動向

このところデジタルアーカイブの動向をいろいろ調べています。

まとめてみます。

[ハードウェアの環境]

・CPUパワーが上がり、マルチコア技術により10億(1GPixel)を超える画素数の画像であっても処理速度が格段に上がった。

・サーバー環境が整い、巨大な画像の保存環境が整ってきた。

[ソフトウェアの環境]

・WindowsOSが64bit対応となり巨大なサイズの画像が扱えるようになった。

・Adobe Photoshop は、現在最新のバージョンで、30万pixel x 30万pixelまで作成できる。

例えば、400ppiの解像度で、19メートルの巻物を扱える。

・Zoomifyなど(古くは Live PictureやFlashpixなど)「タイル構造=ピラミッド構造」の巨大画像保存、表示、方式の普及により、スマホなどでも気軽に巨大画像の拡大縮小、スクロールする環境が整ってきた。

・Flashなど特殊なプラグインを必要としていたAdobeなどの進め方が方向転換され、HTML5(*1)といったオープンソースを基本としたプログラム(Java)に移行しており、どんなブラウザからも、特別な作業無しで見られる環境が整ってきている。

[時代背景]

・2011.3.11の大震災を経験し、歴史的資料のデジタルアーカイブの重要さが再認識された。

・地方創生の意識が、地域資源、地元の宝とは何か、という視点を持たせ始めた。地域に残る貴重な資料を広く納税者に還元する動きが活発化している。

[コンテンツ]

・鹿児島市などを皮切りに 地図情報のオープンソース化が進んでいる。自治体が持つ地理情報を広くオープンソースとして公開し、民間に再利用させようとする動きが活発化している。

・長野県は県立歴史館が保存していた明治時代初期の地図を国土地理院で勤務したOBなどの人材と組み全地図のデジタルアーカイブ事業を終え公開した。(*2)

時代はきているなぁと感じています。

『あたかも 現物を目の前にして ルーペで覗いているかのうような錯覚を覚える デジタルアーカイブデータの公開』 の時代がやってきた。

そう感じています。

(2017.3.28 、一ノ瀬)

続きを読む "デジタルアーカイブの動向" »

2015年1月22日 (木)

赤外線イメージスキャナ導入事例 リンク先更新

赤外線イメージスキャナ導入事例
リンク先更新
・東広島市教育文化振興事業団文化財センター
http://hhface.org/bunkazai.html

・東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター
http://www.iccp.jp/

2013年8月26日 (月)

FAQ 透過モードの不具合 よくあるご質問

FAQ (該当商品:IR-6000, GELSCAN, NanoDigitizer 他)

透過原稿フィルムをスキャンしました。

■不具合:プレビューに非常に時間がかかります。

→ 透過原稿ユニットの原稿台マットが付けたままになっている可能性があります。
  原稿台マットを取り外し、ガラス面が露出するようにしてください。

■不具合:真っ白となり画像が白く飛んでいます。

→ 透過原稿用の白基準領域(スキャナの向かって左17mm)に何か障害物が置いてありませんでしょうか?
  透過原稿用の白基準領域は、清掃し、原稿などを置かないようにしてください。

■不具合:真っ白となり画像が白く飛んでいます。

→ (スキャナ駆動ソフトウェア iMeasureScanをご使用の場合)
  □ レベル補正
  にチェックが入っていませんか?
  透過原稿(GELSCANの場合、可視ゲル)モードの場合、レベル補正にチェックは不要です。

2013年8月 8日 (木)

正誤表 赤外線イメージスキャナ

http://www.imeasure.co.jp/products-ir-jp.html#sales


〒840-0806
佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝114
(財)佐賀県地域産業支援センター3号室
Phone> 0952-33-5251
e-Mail > webmaster@toppen.jp
Web Site > http://toppen.jp/


〒840-0857
佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸3190-3
Phone>0952-28-7225 Facsimile >0952-97-8205
e-Mail >toppen@toppen.jp

2013年6月27日 (木)

OrthoScan システム について

弊社の独自技術 OrthoScan システムについて
10ページほどにまとめてみました。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/37232669/tmp/orthoscan_iMeasureInc.pdf


− デジタルアーカイブ


− 文化財、美術館、博物館、学芸員の方


ぜひ一度目を通してみてください。


アイメジャー株式会社のfacebook も稼働が始まっています。

ぜひお立ち寄りください。

http://www.facebook.com/iMeasureInc/posts/494461480625590

続きを読む "OrthoScan システム について" »

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ