製品サポート

2018年6月21日 (木)

河鍋暁斎(かわなべきょうさい) 慈母観音図(じぼかんのんず) 17億画素デジタルルーペ画像のデモンストレーション の申し込み受付開始

河鍋暁斎(かわなべきょうさい) 慈母観音図(じぼかんのんず) 17億画素デジタルルーペ画像のデモンストレーション の申し込み受付開始

■申し込み方法

申し込み先はこちら →

  [17億画素 河鍋暁斎の慈母観音図 鑑賞デモ担当]

.

.

[■表示方法]

(1)21.5インチタッチ式ディスプレイ(Full-HD) [ 弊社持参デモ機

(2)テレビモニター (Full-HD~4K)[HDMI]

(3)各種液晶プロジェクター (2K~4K)[HDMI/D-sub9ピン]

(4)86インチタッチ式ディスプレイ (BOE、4K)[要ご相談]

  ※先週の、 .DSJ2018、BOEジャパンブースでのデモ は、みなさん感動の嵐でした。

【条件】

・不特定多数が来場する展示会や、お客様の商品(表示装置等)を販売促進するためにご利用する場合は、別途ご相談となります。( 作品の所有者である 日本浮世絵博物館様 の 有償作品貸出契約に含まれる場合があります。)

.

.

■制作手順]如何にして17億画素の暁斎画像が作られたのか。


厚み127mmまで対応可能な 非接触式大型イメージスキャナを使います。

60cm×1メートルの作品を光学解像度800ppi(0.032mm分解)でスキャンすると6億画素になります。

この「画素」とは、1画素にRed,Green,Blueのそれぞれの生の基本色分解情報が詰まっている、本当の画素(pixel)です。

その撮影を4回繰り返すと、60cm×4=2.4mの作品をスキャンできます。

4回の撮影によって得られる総画素数は、(繋ぎのため重複部分が少しだけ必要ですが)6億画素×4回=24億画素となります。

これをフォトショップで同時に開いて、繋ぎます。

1メートル方向は、800ppiでスキャンすると約3万画素となります。

3万画素と隣接する3万画素を各画像の境界で1画素精度で繋ぎます。

この作業が誰でも簡単にできるのが、オルソスキャナの凄みです。

http://www.imeasure.co.jp/report/photomerge.html

こうしてでき上がったデジタルルーペ画像作品が、河鍋暁斎の慈母観音図 です。

掛け軸全体で 17億画素、作品部分で 6億画素 の画像です。

息をのむ画像です。

(私は思わず手を合わせて祈りたくなりました。)

ベイヤー配列画素センサから生まれた合成画素数ではなく、全てリアルな画素数です。

800ppiの光学解像度が織りなすデジタルルーペの世界をぜひご堪能ください。

この感動的な作品が、たくさんの方の眼に触れるように、これからもあらゆる企画を生み出します。

2018年6月19日 (火)

REALPIXEL Viewer に有料レンタル機が登場します

REALPIXEL Viewer に有料レンタル機が登場します

REALPIXEL Viewer 製品ページ:

http://www.imeasure.co.jp/product/realpixelviewer.html

スキャニングサービスの一環として、

ビューアーのレンタルを開始致します。

【レンタル手順】

1.スキャンしたい作品を送付 [お客様]

○作品のサンプル例:

大型地図、掛け軸、絵画、水彩画、日本刀、昆虫標本、土器

画像例)デジタルギャラリー:

http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html

2.オルソスキャナで高精細スキャン [iMeasure]

 光学解像度:400ppi/800ppi/1200ppi

 作品サイズ:例)120号 Mサイズ 1940×970mm

  http://www.imeasure.co.jp/ortho/pdf/scan_size.pdf

 ※巻物状であれば、例えば、19メートルまで。

3.ビューアーアプリに画像を組み込み [iMeasure]

4.画像+ビューアー丸ごと貸し出し [iMeasure]

5.展示会や紹介ラウンジで使用 [お客様]

例えば、創立周年記念式典、結婚披露宴など。

※来場者は画面に触れて画像を直接拡大し、じっくり鑑賞が可能です。

6.期間終了後、ビューアーを返送 [お客様]

[別オプション]

7.スキャン画像のお買い上げ

8.高精細複製画像のお買い上げ

9.スキャン画像+REALPIXEL Viewer のお買い上げ

【仕様】

REALPIXEL Viewer

モデル名:RPV-E21 (Full-HD、21.5インチ)

※他のモデル(例えば、86インチ、4Kモデル:RPV-B86 )などはご相談ください。

続きを読む "REALPIXEL Viewer に有料レンタル機が登場します" »

2018年6月13日 (水)

REALPIXEL Viewer に 新たに 86インチモデルが加わりました。

REALPIXEL Viewer に 新たに 86インチモデルが加わりました。

[2018-6-13~15まで DSJ2018(幕張メッセ)で展示中。BOEジャパン ブースにて。]

http://imeasure.cocolog-nifty.com/info/2018/06/dsj-2018-ad30.html

17億画素の 河鍋暁斎 肉筆画 慈母観音図 に触れに来て下さい。

製品名:RPV-B86

86インチ・4K・表示画素密度 51.47ppi

表示倍率:1554% (800ppi スキャン時)

○ 掛け軸を等倍のまま姿全体を鑑賞可能

表示寸法:189.5cm×106.6cm です。

例えば、

江戸時代~明治絵師の絵師 河鍋曉斎肉筆画 慈母観音図

(本紙寸法: 116.8cm×73.6cm)

を等倍表示のまま 作品全体を鑑賞することが可能 です。

Imeasure_1386

写真1(著作権について)

 15倍に拡大してリアルに観察

画素密度は 51.47ppiです。

例えば、800ppiでスキャンした画像は、1554%に拡大表示可能です。

(800ppi/51.47ppi=15.54) 

作品の1cmの微細領域を子細に観察したい時、15.54cmすなわち 手のひらの大きさに拡大して微細な作家のタッチを間近で観察可能です。

Imeasure_1388_2

写真2-1(著作権について)

Imeasure_1390

写真2-2(著作権について)

Imeasure_1392

写真2-3(著作権について)

【著作権について】

ここで表示に使用した画像は、すべて作品の所有者である 日本浮世絵博物館 より展示会期間中の展示について許可を得て掲載しています。著作権で保護された作品です。無断での転載、保存、再販を禁止します。

問い合わせ先:アイメジャー株式会社 (リアルピクセルビューアー担当) まで。

REALPIXEL Viewer リアルピクセルビューアー  とは。

アイメジャーオリジナルのタッチ式ディスプレイビューアー(画像閲覧装置)です。

オルソスキャナでスキャンした高精細なデジタル画像を画面に触ってスマートホンのように自由自在に高速閲覧するための閲覧装置(ビューアー)です。

しかも、特別な有料ソフトを使わずに、安価なPCや少ないメモリやハードディスク環境で動作します。

詳細:タッチパネルで高解像度画像を自由自在に高速閲覧。

http://www.imeasure.co.jp/product/realpixelviewer.html

■RPV-B86(新製品) 詳細仕様:

86インチ・4K・表示画素密度 51.47ppi

表示倍率:1554% (800ppi スキャン時)

詳細仕様

Pixel Density : 51.47 ppi

Pixel Pitch : 0.4935 mm

表示寸法:1895.04×1065.96mm

対角寸法:85.6 inch(2174.27mm)

Resolution : 3840 × 2160 pixel

コントラスト:1200:1

寿命:30,000時間

2018年6月 7日 (木)

17億画素の 河鍋暁斎 肉筆画 慈母観音図 に触れに来て下さい。

━━━━━━━━━━━━      ☆ お知らせ ☆    ━━━━━━━━━━━━

名称:デジタルサイネージ ジャパン(DSJ) 2018
URL:http://www.f2ff.jp/dsj/
会期:2018年6月13日(水)〜15日(金) 13日(水) 10:30〜18:00、14日(木) 10:00〜18:00、15日(金) 10:00〜17:00
場所:幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
ブース 3日間。BOEジャパン[8L08]
ブース 15日(金) のみ。エプソンダイレクト[8R29]

━━━━━━━━━━━━   ☆ 出展の見どころ ☆  ━━━━━━━━━━━━
タッチ式ディスプレイ:86インチタッチ式ディスプレイ、4K

■展示作品: 河鍋暁斎作、慈母観音図
・本紙:116.8cm×50.6cm
・表装込み:212cm×73.6cm
・800ppi、17億画素 (1.7GPixel)

本紙:37K×16Kpixel=6億画素

画像提供:日本浮世絵博物館 http://www.japan-ukiyoe-museum.com 時価総額 1億円と言われる名作です。 オルソスキャナを使ってスキャニングした高精細画像です。  スキャニング光学解像度:800ppi   ディスプレイの表示画素密度:51.47ppi  約16倍までの拡大鑑賞が可能です。 アイメジャー独自のビューアーソフト技術により、 安価なPC(メモリ8GB)でも高速なスクロール閲覧が可能です。

続きを読む "17億画素の 河鍋暁斎 肉筆画 慈母観音図 に触れに来て下さい。" »

2018年5月 2日 (水)

非接触スキャニングサービス : A0や、120号-M(2mx1m)の作品 を最高光学解像度 1200ppi でスキャンします。

Img_1009_1

写真は、本日静岡県から来られたN様のスキャニングの様子。

ちぎった紙を何重にも貼り合わせ、金箔がちりばめられている和紙に、筆文字で仮名の文字が描かれた作品です。N様の許可を頂いて掲載させて頂きました。

ちぎった紙の積層感をデジタルアーカイブするために、1200ppiでスキャンしました。光学系を制御することで和紙のテクスチャー感をリアルに再現します。


非接触スキャニングサービス : A0や、120号-M(2mx1m)の作品 を最高光学解像度 1200ppi でスキャンします。

<スキャニング光学解像度と用途>

・スタンダード:400ppi (原寸ポスターに。)

・エクセレント:800ppi (4倍拡大ポスターに。例えば、A4作品をA0(ゼロ)の拡大ポスターに。)

・スーパーエクセレント:1200ppi(6.7倍拡大ポスターに。デジタルアーカイブ用途。)

油絵、掛け軸など 貴重な文化財や作品を非接触で撮影します。

厚さ、127mmまで対応可能です。

巻物などのロール紙状であれば、1.8mx7mを、光学解像度800ppiでのスキャン実績があります。

また、市販のイメージスキャナでは真っ黒になってしまう、

金箔や銀箔なども光学系を任意に制御できますので、

お客様のイメージ通りの画像としてスキャンできます。

もちろん、画像は、48bit カラーのTIFFデータです。

JPEG画像では、画像処理を繰り返すと、ヒストグラムが歯抜け状となり、なめらかなグラデーションに擬似輪郭が発生します。

24bit Color のTIFFデータであっても同様です。

48bitColor TIFFであれば、こうした心配もありません。

しかも、色再現の基本である、ICCプロファイルもご用意しております。(オプション)

A0、B0サイズの貴重な作品をアーカイブするなら、これからの時代は、オルソスキャナです。

一度、この画像を見てしまったら、もう後には戻れません。

詳細情報やお問い合わせはこちら→  スキャニングサービについて

続きを読む "非接触スキャニングサービス : A0や、120号-M(2mx1m)の作品 を最高光学解像度 1200ppi でスキャンします。" »

2018年4月10日 (火)

オルソスキャナの照度分布を計測しました。


この記事は公式ホームページに登録しました【技術資料へジャンプ】


Photo

目的:スキャニングサービスにて作品が受ける積算光量を知るために、照度分布を計測しました。

スキャニング解像度によって、光源の移動速度が変わります。

以下の条件で積算照射光量を計算しました。

○作品の幅:600mm

○計測箇所:中央(1m方向の中央)

結論:最大照度 20,520 ルックス

半値幅:約200mm(照度が半分になる幅)

以上から、

[光学解像度 400ppi]

プレビュー時:59[Lux・Hr]

本スキャン時:157[Lux・Hr]

合計:216[Lux・Hr]

作品は、スキャニングサービスによって、 216ルックス時間の光を受ける。

例えば、もし、60ルックスの環境にて、通常展示した場合、3時間36分 連続展示したのと同じ。

以上から、通常展示(60ルックス、8時間)で照射される積分光量に対して

1スキャンで受ける積算照射光量は、ほぼ半分であると見なすことができる。

同様に、

[光学解像度 800ppi]の時は、

プレビュー時:59[Lux・Hr]

本スキャン時:314[Lux・Hr]

合計:373[Lux・Hr]

もし、60ルックスの環境にて、通常展示した場合、6時間13分 連続展示したのと同じ。

※ただし、ここで光源の分光分布は、紫外線を含まず、可視光域のみである。

また、可視光による、作品の劣化は、赤外線成分などによる、作品の温度上昇等が無く、室温であると仮定し、

作品の劣化は、光量(LUX)と積算時間(HR)のかけ算(=つまり、積算照射光量、LUX*HR)のみで決まると仮定している。(※1)

続きを読む "オルソスキャナの照度分布を計測しました。" »

2018年3月24日 (土)

スキャンサービス 料金 古地図 2mx1mを 800dpiでスキャンして 20億画素にする

横2メートル、縦1メートルの古地図を 800ppi(dpi)でスキャンして、20億画素の高精細画像が得られます。

アイメジャーのスキャンサービス:
http://www.imeasure.co.jp/ortho/service.html

108cmx79.5cm 古地図の事例紹介:
http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/webpc-cd6c.html
折れ曲がって破れた地図をスキャンしてWebやPCやスマホで眺める

■20億画素の画像を自在にスマホのようにタッチして眺めるためのビューアー
REALPIXEL Viewer (リアルピクセル ビューアー):

二つの技術のブレークスルーと REALPIXEL Viewer の登場

             

二つの技術のブレークスルーがおきました。

   

1.タイル化とビューアーのオープンソース化

   

パソコンに詳しい人ほど、例えば、

   

【 8億画素の画像を見るための環境 】

   

と聞くと、、

   

(1)最高速のCPUを搭載して、

   

(2)メモリーは、32GB以上できれば、128GB積んで、

   

(3)ハードディスクもテラバイトのを積んで、

   

(4)アドビのフォトショップを購入して、

   

と考えますよね。

   

そうした巨大な画像は、作るのも大変、見るのも大変な時代が長らく続きました。

   

これに対して、10年前、アドビは、Zoomify       という技術で答えました。

   

古くは(20年前)、LivePicture というフォトショップキラーと(当時)噂された画像処理アプリが提唱し、FlashPix が引き継いだファイル構造で、巨大な画像を、1/2,1/4,1/8と細かく事前に分割しておいて、ユーザーが見ている画面分だけを、高速に(転送)表示する構造を提唱しました。

   

Zoomifyのおかげで、(IEなどの)インターネットブラウザを使って、巨大な画像を高速に閲覧することが可能となりました。

   

ただし、Flashというプラグインを必須とするため、アドビの掌で踊る以外に選択肢がありませんでした。

   

近年、アドビは、セキュリティ上の懸念から、Flashの普及を実質的に諦めました。

   

その一方で、Europiana をはじめ人類の公共資産である文化財画像を広く共有するための活動が結実し、基幹となるソフトウェアについてもオープンソース化が加速しました。

巨大画像をタイル化するソフトウェア、および、タイル化した画像を表示するソフトウェア群が、いずれも自由に利用できるようになりました。

   

その成果を弊社のWebサイトで実現した画像群が、こちらです。

   

http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html

   

http://www.imeasure.co.jp/ortho/viewer/viewer.html?img=dzi/map&reso=800

   

例えば、地図画像は、8億画素です。

   

スマートフォンからも、高速に最大解像度の画像まで拡大縮小しての閲覧が可能です。

この技術の長所は、Webブラウザーの仕様に沿って動作するため、ビューアーの機材を選びません。

パソコン(Windows/MacOS/UNIX)、パッド、スマートフォンなど、インターネットを見ることのできる道具であれば、どんなツールからも閲覧することが可能です。

もちろん、ネット上に公開した画像の盗難を危惧するようであれば、博物館や美術館の決まった場所に設置したPC機材にのみで閲覧するシステムにすることも可能です。

   

2.HDRセンサの登場 (ハイ・ダイナミック・レンジ)

   

数億画素の画像を何に使うのか?

   

例えば、2メートル×1メートルの畳1枚分の掛け軸(例えば、伊藤若冲など)を等倍複製画を作る場合、約5億画素の画像が必要となります。

   

3千万画素のデジタルカメラで分割撮影したら、20ショットを接合することになるでしょうか。

   

苦労して接合して、最新式のインクジェットプリンタで出力し、装丁することで、複製画の商品として販売できる品質になります。

   

しかし、最新のデジタルカメラは、裏面照射技術の採用、C-MOSセンサのノイズ処理技術の進化により、非常にダイナミックレンジの広い画像を得ることができるようになりました。

   

一般にインクジェットプリンタで印刷するメディアの光学濃度は、平均で 1.5程度です。

   

つまり、ノイズだらけの画像や、継ぎ接ぎだらけのでも、紙に印刷している限りでは、全く問題ありません。肉眼では見分けがつかないからです。

   

じゃぁ。折角の、HDR画質を何に生かすのか。

   

それが、デジタルディスプレイによるビューアー製品が登場する必然性です。

   

通常のディスプレイで8bit(256階調)を表示します。

   

印刷物換算では、OD値で2.5を表現できることになります。

   

これは、最高級の印画紙で表現する階調(OD:2.3)を超えています。

   

以上から、

   

高い光学解像度で得る10億、20億、30億画素といった巨大な画像を

   

HDR画像品質で捉えることができる画像入力装置が もし存在するのであれば、

   

それを、閲覧するビューアーの登場も同時に期待される時代がやってきた。

   

ということになります。

   

それが、まさしく、

   

巨大な画像をHDR画像品質で捉える画像入力装置 

   

→ オルソスキャナ

   

   

閲覧するビューアー 

   

→ REALPIXEL Viewer

   

の登場。

   

ということになります。

   

ぜひご体験ください。

   

■導入事例:

   

(通年)安曇野ちひろ美術館

   

(2018/4/20のみ体験できます) イメージングカフェ(東京)

   

http://www.isj-imaging.org/event/imagingcafe/imagingcafe.html

特殊イメージスキャナーの世界

~ギガピクセルの大型イメージスキャナによる

驚異の高解像度画像の触れてみよう~

スキャニングサービスの価格表を公開しました。

スキャニングサービスの価格表を公開しました。

http://www.imeasure.co.jp/ortho/service.html

○ 60cm× 100cmの範囲(A1+)を

8K(150ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000

スタンダード(400ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12,000

エクセレント(800ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20,000

スーパーエクセレント(1200ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・30,000

生成される画素数は、

8K: 2千万画素:8千円~

400ppi : 1億4千800万画素:1万2千円~

800ppi : 6億画素:2万円~

1200ppi : 13億画素:3万円~

○ 2メートル×1メートルのサイズでは、

60cm× 100cmを4回スキャンして接合します。

接合は3カ所。

接合作業はお客様でもフォトショップをお持ちであれば

自動接合可能です。(※1)

弊社で行う場合は、以下の料金です。

画像接合(データつなぎ料1回につき)

8K(150ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,000

スタンダード(400ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,000

エクセレント(800ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,000

スーパーエクセレント(1200ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・7,500

400ppi : 2m × 1m = 5億画素

¥12,000 ×  4 + ¥ 3,000 x 3 = ¥ 57,000-

800ppi : 2m x 1m = 20億画素

¥ 20,000 ×  4 + ¥ 5,000 x 3 = ¥ 95,000-

〜〜〜

一度に、3点以上同時に発注しますと、

3点目からの価格はぐっとお安くなります。

上記作品(2メートル×1メートル)のスキャン料金を

3点目以降の料金表で計算すると、

400ppi : 2m × 1m = 5億画素

¥ 6,000 ×  4 + ¥ 3,000 x 3 = ¥ 33,000-

800ppi : 2m x 1m = 20億画素

¥ 10,000 ×  4 + ¥ 5,000 x 3 = ¥ 55,000-

以上

続きを読む "スキャニングサービスの価格表を公開しました。" »

2018年3月 3日 (土)

蛍光ペンで書かれた色紙の文字が消えて読めない

Photo

Google analytics を解析したら 2月になって突然アクセスの増えたページがある。

調べて見ると、どうやら 記念の色紙に書かれたメッセージが消えてしまったというお悩みの様子。

レンタル貸し出ししております。

紫外線蛍光イメージスキャナ。

■製品ページ:

http://www.imeasure.co.jp/product/flscan.html

■レンタルページ:

http://www.imeasure.co.jp/service/rental.html

■応用事例: 「ファイト新聞」

 

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-1c43.html

続きを読む "蛍光ペンで書かれた色紙の文字が消えて読めない" »

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ