製品サポート

2018年4月10日 (火)

オルソスキャナの照度分布を計測しました。


この記事は公式ホームページに登録しました【技術資料へジャンプ】


Photo

目的:スキャニングサービスにて作品が受ける積算光量を知るために、照度分布を計測しました。

スキャニング解像度によって、光源の移動速度が変わります。

以下の条件で積算照射光量を計算しました。

○作品の幅:600mm

○計測箇所:中央(1m方向の中央)

結論:最大照度 20,520 ルックス

半値幅:約200mm(照度が半分になる幅)

以上から、

[光学解像度 400ppi]

プレビュー時:59[Lux・Hr]

本スキャン時:157[Lux・Hr]

合計:216[Lux・Hr]

作品は、スキャニングサービスによって、 216ルックス時間の光を受ける。

例えば、もし、60ルックスの環境にて、通常展示した場合、3時間36分 連続展示したのと同じ。

以上から、通常展示(60ルックス、8時間)で照射される積分光量に対して

1スキャンで受ける積算照射光量は、ほぼ半分であると見なすことができる。

同様に、

[光学解像度 800ppi]の時は、

プレビュー時:59[Lux・Hr]

本スキャン時:314[Lux・Hr]

合計:373[Lux・Hr]

もし、60ルックスの環境にて、通常展示した場合、6時間13分 連続展示したのと同じ。

※ただし、ここで光源の分光分布は、紫外線を含まず、可視光域のみである。

また、可視光による、作品の劣化は、赤外線成分などによる、作品の温度上昇等が無く、室温であると仮定し、

作品の劣化は、光量(LUX)と積算時間(HR)のかけ算(=つまり、積算照射光量、LUX*HR)のみで決まると仮定している。(※1)

続きを読む "オルソスキャナの照度分布を計測しました。" »

2018年3月24日 (土)

スキャンサービス 料金 古地図 2mx1mを 800dpiでスキャンして 20億画素にする

横2メートル、縦1メートルの古地図を 800ppi(dpi)でスキャンして、20億画素の高精細画像が得られます。

アイメジャーのスキャンサービス:
http://www.imeasure.co.jp/ortho/service.html

108cmx79.5cm 古地図の事例紹介:
http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/webpc-cd6c.html
折れ曲がって破れた地図をスキャンしてWebやPCやスマホで眺める

■20億画素の画像を自在にスマホのようにタッチして眺めるためのビューアー
REALPIXEL Viewer (リアルピクセル ビューアー):

二つの技術のブレークスルーと REALPIXEL Viewer の登場

             

二つの技術のブレークスルーがおきました。

   

1.タイル化とビューアーのオープンソース化

   

パソコンに詳しい人ほど、例えば、

   

【 8億画素の画像を見るための環境 】

   

と聞くと、、

   

(1)最高速のCPUを搭載して、

   

(2)メモリーは、32GB以上できれば、128GB積んで、

   

(3)ハードディスクもテラバイトのを積んで、

   

(4)アドビのフォトショップを購入して、

   

と考えますよね。

   

そうした巨大な画像は、作るのも大変、見るのも大変な時代が長らく続きました。

   

これに対して、10年前、アドビは、Zoomify       という技術で答えました。

   

古くは(20年前)、LivePicture というフォトショップキラーと(当時)噂された画像処理アプリが提唱し、FlashPix が引き継いだファイル構造で、巨大な画像を、1/2,1/4,1/8と細かく事前に分割しておいて、ユーザーが見ている画面分だけを、高速に(転送)表示する構造を提唱しました。

   

Zoomifyのおかげで、(IEなどの)インターネットブラウザを使って、巨大な画像を高速に閲覧することが可能となりました。

   

ただし、Flashというプラグインを必須とするため、アドビの掌で踊る以外に選択肢がありませんでした。

   

近年、アドビは、セキュリティ上の懸念から、Flashの普及を実質的に諦めました。

   

その一方で、Europiana をはじめ人類の公共資産である文化財画像を広く共有するための活動が結実し、基幹となるソフトウェアについてもオープンソース化が加速しました。

巨大画像をタイル化するソフトウェア、および、タイル化した画像を表示するソフトウェア群が、いずれも自由に利用できるようになりました。

   

その成果を弊社のWebサイトで実現した画像群が、こちらです。

   

http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html

   

http://www.imeasure.co.jp/ortho/viewer/viewer.html?img=dzi/map&reso=800

   

例えば、地図画像は、8億画素です。

   

スマートフォンからも、高速に最大解像度の画像まで拡大縮小しての閲覧が可能です。

この技術の長所は、Webブラウザーの仕様に沿って動作するため、ビューアーの機材を選びません。

パソコン(Windows/MacOS/UNIX)、パッド、スマートフォンなど、インターネットを見ることのできる道具であれば、どんなツールからも閲覧することが可能です。

もちろん、ネット上に公開した画像の盗難を危惧するようであれば、博物館や美術館の決まった場所に設置したPC機材にのみで閲覧するシステムにすることも可能です。

   

2.HDRセンサの登場 (ハイ・ダイナミック・レンジ)

   

数億画素の画像を何に使うのか?

   

例えば、2メートル×1メートルの畳1枚分の掛け軸(例えば、伊藤若冲など)を等倍複製画を作る場合、約5億画素の画像が必要となります。

   

3千万画素のデジタルカメラで分割撮影したら、20ショットを接合することになるでしょうか。

   

苦労して接合して、最新式のインクジェットプリンタで出力し、装丁することで、複製画の商品として販売できる品質になります。

   

しかし、最新のデジタルカメラは、裏面照射技術の採用、C-MOSセンサのノイズ処理技術の進化により、非常にダイナミックレンジの広い画像を得ることができるようになりました。

   

一般にインクジェットプリンタで印刷するメディアの光学濃度は、平均で 1.5程度です。

   

つまり、ノイズだらけの画像や、継ぎ接ぎだらけのでも、紙に印刷している限りでは、全く問題ありません。肉眼では見分けがつかないからです。

   

じゃぁ。折角の、HDR画質を何に生かすのか。

   

それが、デジタルディスプレイによるビューアー製品が登場する必然性です。

   

通常のディスプレイで8bit(256階調)を表示します。

   

印刷物換算では、OD値で2.5を表現できることになります。

   

これは、最高級の印画紙で表現する階調(OD:2.3)を超えています。

   

以上から、

   

高い光学解像度で得る10億、20億、30億画素といった巨大な画像を

   

HDR画像品質で捉えることができる画像入力装置が もし存在するのであれば、

   

それを、閲覧するビューアーの登場も同時に期待される時代がやってきた。

   

ということになります。

   

それが、まさしく、

   

巨大な画像をHDR画像品質で捉える画像入力装置 

   

→ オルソスキャナ

   

   

閲覧するビューアー 

   

→ REALPIXEL Viewer

   

の登場。

   

ということになります。

   

ぜひご体験ください。

   

■導入事例:

   

(通年)安曇野ちひろ美術館

   

(2018/4/20のみ体験できます) イメージングカフェ(東京)

   

http://www.isj-imaging.org/event/imagingcafe/imagingcafe.html

特殊イメージスキャナーの世界

~ギガピクセルの大型イメージスキャナによる

驚異の高解像度画像の触れてみよう~

スキャニングサービスの価格表を公開しました。

スキャニングサービスの価格表を公開しました。

http://www.imeasure.co.jp/ortho/service.html

○ 60cm× 100cmの範囲(A1+)を

8K(150ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000

スタンダード(400ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12,000

エクセレント(800ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20,000

スーパーエクセレント(1200ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・30,000

生成される画素数は、

8K: 2千万画素:8千円~

400ppi : 1億4千800万画素:1万2千円~

800ppi : 6億画素:2万円~

1200ppi : 13億画素:3万円~

○ 2メートル×1メートルのサイズでは、

60cm× 100cmを4回スキャンして接合します。

接合は3カ所。

接合作業はお客様でもフォトショップをお持ちであれば

自動接合可能です。(※1)

弊社で行う場合は、以下の料金です。

画像接合(データつなぎ料1回につき)

8K(150ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,000

スタンダード(400ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,000

エクセレント(800ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,000

スーパーエクセレント(1200ppi)・・・・・・・・・・・・・・・・・7,500

400ppi : 2m × 1m = 5億画素

¥12,000 ×  4 + ¥ 3,000 x 3 = ¥ 57,000-

800ppi : 2m x 1m = 20億画素

¥ 20,000 ×  4 + ¥ 5,000 x 3 = ¥ 95,000-

〜〜〜

一度に、3点以上同時に発注しますと、

3点目からの価格はぐっとお安くなります。

上記作品(2メートル×1メートル)のスキャン料金を

3点目以降の料金表で計算すると、

400ppi : 2m × 1m = 5億画素

¥ 6,000 ×  4 + ¥ 3,000 x 3 = ¥ 33,000-

800ppi : 2m x 1m = 20億画素

¥ 10,000 ×  4 + ¥ 5,000 x 3 = ¥ 55,000-

以上

続きを読む "スキャニングサービスの価格表を公開しました。" »

2018年3月 3日 (土)

蛍光ペンで書かれた色紙の文字が消えて読めない

Photo

Google analytics を解析したら 2月になって突然アクセスの増えたページがある。

調べて見ると、どうやら 記念の色紙に書かれたメッセージが消えてしまったというお悩みの様子。

レンタル貸し出ししております。

紫外線蛍光イメージスキャナ。

■製品ページ:

http://www.imeasure.co.jp/product/flscan.html

■レンタルページ:

http://www.imeasure.co.jp/service/rental.html

■応用事例: 「ファイト新聞」

 

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-1c43.html

続きを読む "蛍光ペンで書かれた色紙の文字が消えて読めない" »

2017年11月28日 (火)

アイメジャー株式会社の公式ホームページをリニューアルオープンしました。

アイメジャー株式会社の公式ホームページをリニューアルオープンしました。
ぜひご覧ください。
/
○1.製品情報
1−1.赤外線イメージスキャナ
1−2.紫外線蛍光イメージスキャナ
1−3.電気泳動ゲル専用イメージスキャナ
1−4.オルソ(製社投影)スキャナ
1−5.写真計測用イメージスキャナ
1−6.スキャナ駆動ソフトウェア
/
○2.レンタル申込みページ
/
○3.技術レポート一覧
オルソスキャナで簡単に画像が繋がる理由と方法
図面、地図や部品を±0.1mmの寸法精度で測りたい その方法
ImageJによるCBB SDS-Page ゲルの検量線の作成
【イルミネータ+カメラ方式】では満足できない方にお奨めしたい5つの理由
/
他 コンテンツが盛り沢山です。

2017年11月17日 (金)

非接触式反転イメージスキャナ EXE(エグゼ)【新製品】

追記)2017−12−4

プレスリリース:

http://imeasure.cocolog-nifty.com/info/2017/12/post-c31a.html

〜〜〜〜〜

Exe1

3週間後に迫った 国際画像機器展の話です。

出品は、2機種。

・非接触式反転イメージスキャナ EXE(エグゼ)【新製品】

・タッチ式40インチディスプレイ + タイル構造巨大画像展示。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/info/2017/11/post-c666.html

今日は、 非接触式イメージスキャナ EXE(エグゼ)

の話です。

■    出展製品(新製品)

・非接触式イメージスキャナ EXE(エグゼ)

なんと、「アウトドア派」の非接触式反転イメージスキャナの誕生です。

名は EXE(エグゼ)

<特徴>

ピント位置を宙に浮かせてあります。(+18mm)

ひっくり返して使うA3サイズの非接触式イメージスキャナ。

ゴム脚が4ケ、ガラス面の各4スミに付いています。

このゴム脚の高さが 18mmです。

つまり、乗せた床面にピッタリピントが合っています。

撮影したい対象物の上にそっと載せるだけで非接触スキャンができます。

最大、12億画素(2400ppi)の画像を取得できます。

12億画素。3万×4万画素の画像です。

今、NHKが一生懸命宣伝している 最新の 8Kテレビ  で
長辺が 8千画素 ですから、その5倍ですね。
つまり、12億画素には、8K映像が、25ケ入ります。

<応用事例>  

○ 塗布直後の濡れ面の撮影、検査。

○ 移動することのできない意匠の撮影。
  床材とか、屋外のレンガや、路面。
  降雨後の濡れた道路。
  満開のシロツメグサ
 (とその中に一つだけあるクローバーとか)

何より、

○ 昆虫標本

ですかね。

〜〜〜〜〜
まあ、ここまでならば、誰もが予想する展開です。

問題は、高解像度時の被写界深度の問題です。

1200ppiでは、数ミリメートルしかピントが合いません。

その度に、被写体とスキャナの隙間を調節するなんて事態になったら、最初から使う気になりません。

そこで、驚きの新機能の搭載です。

お楽しみに。(笑)

パシフィコ横浜展示会場 #96 ブースでお会いしましょう。

 

続きを読む "非接触式反転イメージスキャナ EXE(エグゼ)【新製品】" »

2017年9月26日 (火)

ゲルスキャン(イメージスキャナ)によるタンパク質の定量とデンシトメーターによる定量とどう違うのか

Q:

GELSCAN-2 によるタンパク質の定量とDensitometorによる定量とどう違うのか知りたい。

A:

・Densitometorは、SDS Pageのバンドの一部を直線的になぞり、吸光度グラフを作製し、その面積を定量する。この場合、どのラインの濃度を計測したかによって、作業者の個人差や作業毎の誤差が産まれ、繰り返し再現性が落ちる。これに対して、バンドを丸ごとエリア指定(*1)して濃度計測するGELSCAN-2の定量手法は、そこに流されているトータルのタンパク量を定量することとなり、繰り返し再現性が高い。

・繰り返し再現性が高いことで、一度、検量線を作製(*2)すれば、ImageJによる定量→タンパク量 の測定装置として利用可能となる。

*1)「バンドを丸ごとエリア指定」とは具体的には下記の画像の矩形領域(□)を意味します。

Image035

(*2)検量線を作製

CBB染色によるタンパク質の検量線の制作事例:

Image045



詳細:

ImageJによるCBB SDS-Page ゲルの検量線の作成

http://www.imeasure.co.jp/report/ImageJ_CBB.html

2017年9月15日 (金)

【 実験 】 イメージスキャナをひっくりかえしてみた。(※注意)

Hanten_


A3サイズを2400ppiでスキャンできるから、12億画素のカメラだね。
また、A/Dコンバータは 16bit (65536階調)を積んでるので、48bitColor画像。

でも、被写界深度が 1200ppi では 1mm程度なので、ブラケットスキャンをやってみた。

ワザと名刺を折り曲げる。

高さは最大で 24mmくらい。

ピントを0.1mmづつ変えられるスキャナなので

ES-10000G

目一杯(2.0~+6.0mm)変えて、スキャンする。

そのピントを1mmづつ変えてスキャンした画像を

後から、フォトショップのレイヤー合成機能を使えば

全域(8mm範囲で)ピントの合った画像になるでしょう。

きっと。

ということで、パンフォーカス画像を作ってみた。

ところが。。

〜〜〜〜〜( 注意)

よい子は真似しないで下さい。改造せずに、ひっくり返すと、壊れます。

 こうなる。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-83a0.html

〜〜〜〜〜

続きを読む " 【 実験 】 イメージスキャナをひっくりかえしてみた。(※注意)" »

2017年7月14日 (金)

弊社製品カタログダウンロード

弊社全製品&サービスのカタログをダウンロードできる
専用サイトを用意しました。
ぜひご活用ください。

カタログダウンロード:

会社名などの情報は記名せずともダウンロード可能です。

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ