スキャナ応用事例

2018年5月19日 (土)

古写真の解読 消えた文字の可視化

先日、1枚の古写真が持ち込まれた。

鶏卵紙(けいらんし)写真と呼ばれているらしい。

Photo

[photo-1A] Scanned Full Color Image 持ち込まれた古写真

松本市内在住の古写真研究者。

松本に関連する古写真を精力的に収集しているとのこと。

近年は、古写真がネットオークションでばら売りされているので、お宝物とおぼしき古写真を地道に収集しているのだとか。

この古写真もその収集した写真の1枚。

[1]まずは、フルカラーイメージスキャナ

光学解像度を400ppi

イメージタイプを48bitカラーにして、スキャン。

Photoshopを使って画像処理。

5

[Photo-1B] Retouched Full Color Scaned image.

右端上部に何やらこの写真についての解説文が1行あるようだ。

この1行をどうしても解読できない。

[2]取り敢えず、赤外線でスキャン

同じく400ppi

Photo_2

[Photo-2A: Infra-Red image]
赤外線イメージスキャナは、過去にもさまざまなケースで活躍してきた。
 ○ 木簡の文字解読、

 ○ 線香で燻されて真っ黒になった位牌の墨書の解読、

 ○ 柿渋で黒茶になった伊勢型紙の墨判の解読、

相手が銀塩であれば、墨と同様に解読ができるはず。

先ほどと同じく、Photoshopで画像処理を行う。

5_2

[Photo-2B: retouched Infra-Red image]
うむ。。まだ 右端上部の解説文は解読できない。

[3]さらに、紫外線蛍光でスキャンを試みる

Photo_3

[Photo-3A] UV-Fluorescent image  紫外線蛍光画像

アイメジャーのFLSCANが生み出す紫外線蛍光画像は、

○ ブラックライトで光る蛍光インクの検査、

○ 消えてしまった蛍光ペンで書かれた「ファイト新聞」の復活

○ バチカン教皇庁図書館の羊皮紙の重記写本(パリンプセスト)解読、

などに活用されている。

先ほどと同じく、Photoshopで画像処理を行う。

5_3

[Photo-3B] retouched UV-Fluorescent image
お。可視光モードの画像よりも、何やらハイライト側が明らかにくっきりとしている。

右端上部の解説文字も何やらくっきりと見えてきた。

もう少し画像処理を試みる。

Photoshop で画像処理した画像の比較。

(クリックして拡大表示してみてくだい。)

左から、

[可視光/赤外線画像/紫外線蛍光画像]

・母屋の屋根に注目してみてください。

紫外線蛍光画像>可視光画像>赤外線画像

の順に、コントラストが高く、くっきりと見えていることが解ります。

さて,問題の右端上の解説文の拡大、

私には読めませんが、、これを見て依頼主は文字を判明できたとお喜びのご様子でした。

(後日談:残念ながら松本市の関連写真で無いことが判明しました。

 しかし、不明古写真の由来を判明できたことでお役に立ったようです。)

続きを読む "古写真の解読 消えた文字の可視化" »

2018年5月 7日 (月)

シリコンウェハーの検査 金箔・屏風の美術品撮影 高級車塗布膜の画像検査に オルソスキャナ

オルソスキャナが何故これらの撮影に威力を発揮するのか?
簡単な原理図です。
結論から言うと、
(1)カメラ方式では原理的に無理。場所による照明ムラが発生する。拡散照明装置を用意できたとしても、レンズの視線は撮影箇所により角度が付く。中心投影レンズの限界。
(2)高精細イメージスキャナ方式でも厳しい。副走査方向は、均一なライティングが可能となる、しかし、主走査方向(ラインセンサ長手方向)に、照明ムラが発生する。
(3)オルソスキャナ=テレセントリック光学系だからこそ可能な光学系。
主走査方向(ラインセンサ方向)、副走査ともに、全域で同一照明条件、同一視線となる。その結果、均一な金箔面は、均一な濃淡値となる。
結果、シリコン鏡面検査や高級塗装面検査においては、かすかな製造工程上のムラや、キズ、を簡単な画像処理で検出可能となる。
ということになります。もちろんこれは、可視光で成り立つだけでなく、赤外線光源でも成り立ちます。
なにはともあれ、まずは、お試しください。
オルソスキャナによる スキャニングサービス → http://www.imeasure.co.jp/ortho/service.html
■図解
・Case-1:高精細デジタルカメラの場合

15_2

光軸中心(C)では、照明の鏡面反射(正反射)成分はレンズに来ません。

しかし、ポイントP1,P2では、鏡面反射が起こります。結果、均一な照明ができません。対策は、光源1,光源2側を全て完全拡散面にすることです。

しかし、レンズが、C,P1,P2のそれぞれで、見込む視線の角度が異なることは回避できないため、金箔表面の性状の均一な記録は困難となります。特に、高級塗装膜の検査では、この視線角度の差異が問題となります。

・Case-2:高精細イメージスキャナの場合

16_2

ラインセンサを使うため、光源の正反射光は、レンズ方向にやってきません。

17_2

しかし、ラインセンサの配列方向をみると、先ほどのデジタルカメラと同様に、中心投影レンズを用いているため、P1,P2にて反射された光が、レンズに届くコースは、光軸中心、Cと比較して、異なる視角、視線方向となります。結果、金箔表面の性状の均一な記録は困難となります。
・Case-3:オルソスキャナの場合(テレセントリック光学系)

18_2

こちらも、先ほどと同様に、ラインセンサを使うため、光源の正反射光は、レンズ方向にやってきません。

19_2

既存のイメージスキャナ式の高精細撮影装置との違いは、このテレセントリック光学系を採用した点です。
P1,C,P2全ての箇所で、全く同じ視角、視線方向となります。その結果、金箔表面の性状の均一な記録が可能となります。
以上

続きを読む "シリコンウェハーの検査 金箔・屏風の美術品撮影 高級車塗布膜の画像検査に オルソスキャナ" »

2018年5月 3日 (木)

無言館様の絵画をスキャンさせて頂きました


【お知らせ】

「6/3まで 相田みつを美術館 第2ホール にて 高精細スキャニングによる 無言館の作品が展示されています 入場無料です。」

詳細 ⇒ https://bit.ly/2ImaBEC


長野県上田市にある 無言館 様所蔵の絵画を3点スキャンさせて頂きました。

2m×1mといった大きな絵画でも、非接触にて高解像度(最大1200ppi)スキャンすることができる、スキャニングサービスです。

(無言館様から許可を頂き掲載させて頂きます。)

Img_0954_1

Img_0959

撮影&複製プランをクリーンブースの中で議論している様子。

続きを読む "無言館様の絵画をスキャンさせて頂きました" »

2018年3月24日 (土)

折れ曲がって破れた地図をスキャンしてWebやPCやスマホで眺める

[step-1]

折れ曲がって破れた地図をゲットする。

Map

[step-2]
これをきれいに裏打ちしてもらう。 → 大入さん [京都]
[step-3]
折角やるなら、800ppi ( 32マイクロメートル/pixel) 
25,000 pixel × 34,000 pixel = 8億5千万画素 ( 0.85 G [realpixel] )
[step-4]
タイル化して、Webで公開する。
その結果がコレです。→
[step-5]
巨大高精細画像(8億5千万画素)の画像を
スマホのように自在にタッチして拡大縮小して眺める
デジタル画像ビューアー をゲットする。
REALPIXEL Viewer (リアルピクセル ビューアー):

2018年3月23日 (金)

いわさきちひろ 『窓ガラスに絵をかく少女』

過日、タッチ式の大型ディスプレイを設置させて頂いた。


http://imeasure.cocolog-nifty.com/info/2018/03/realpixel-viewe.html


作家の原画の左隣に並べて展示されてる。[展示室2]

もう私の裸眼では、原画にどんなに顔を近づけても全く見ることのできない作画手法を、まるで光学ルーペをかざして見るような感覚で40インチディスプレイをつかって、大きく拡大して観察することができる。

その絵は、少女の雨の日のお留守番を描いた作品。

『窓ガラスに絵をかく少女』

部屋から雨空の外を眺めながら、ガラス窓に右手ひとさし指で絵を描いている。

その小さな子の左手の5本の指先は、ガラス窓に触れている。

2000%(20倍)の拡大画像でぜひその指先をご覧ください。

ちょっと感動します。

ぜひ、ちひろの絵のひみつ を 解き明かしてください。

[展示室2、2018/3/1〜]

・・・

特に今年は、いわさきちひろ生誕百年を記念して、さまざまなイベントが企画されているようです。

ぜひ、信州に訪れる際には、立ち寄ってみてください。

 

(いちのせ)

2018年3月16日 (金)

掛け軸の印 落款 の鑑定業務にオルソ画像は抜群ですね

掛け軸の印 落款 の鑑定業務にオルソ画像は抜群ですね。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/info/2018/03/post-f92d.html

Photo

続きを読む "掛け軸の印 落款 の鑑定業務にオルソ画像は抜群ですね" »

2015年10月 5日 (月)

ロール状フィルムをスキャンする

従来、ロール状やオーバーサイズ(A2サイズなど)のフィルムをイメージスキャナの透過原稿用ユニットを使って画像取り込みする場合、障害がありスキャニングすることができませんでした。

イメージスキャナは、透過率の校正のためにプラテンガラスの一定領域をサンプリングします。この機能をシェーディング補正と呼びます。通常のイメージスキャナのシェーディング補正に必要となる校正用データの取得は、1回のスキャン動作ごとに毎回強制実行されます。そのためスキャニング領域に隣接する、校正用データ取得領域に、フィルム原稿をおいたままにできませんでした。結果的に、オーバーサイズ原稿の連続スキャン作業の妨げになっていました。

PhotoDigitizer (モデル名:201510A3のみ)は、連続スキャン時にシェーディング補正を強制実行しないことで、透過原稿ユニットの取付部(フタを空けて奥)以外の3方向全ての原稿設置制限を撤廃しました。 オーバーサイズ原稿や航空写真のような、幅 618mm(2×309mm)までの無限長のロールフィルムもスキャンできるようになりました。

PhotoDigitizer(モデル名:201510A3のみ)のシェーディング補正は電源投入時に1 度だけ自動的に行われ、その後は必要時にスイッチ操作にてユーザーが任意のタイミングで実行できます。

http://www.imeasure.co.jp/products-photodigit-jp.html#digitizer2

寸法精度良く図面や対象物をスキャニングしたい

寸法精度良く図面や対象物をスキャンしたい。
そんな要望に応えるべく、イメージスキャナの特性を向上させています。

その評価方法としてガラス板にクロムを蒸着したテストパターンの精度の検証をしてみます。

「フロートガラスの線膨張率(常温~350℃)は、 8.5~9.0 ×10-6/℃」

http://www.glass-dictionary.com/01/post_662.html

としますと、

もし、イメージスキャナの使用環境において、テストパターンをクロム蒸着したガラスの温度変動が10度あった場合を考えてみます。

<計算>
[8.5~9.0 ×10-6/℃]*Δ10℃
最大で、0.9x10-4  伸びる計算です。

これは、例えば、10インチ(254mm)を
1200dpiでスキャンした場合、総ピクセル数は、
12000 pixelですので、
約1ピクセル程度 ガラス板が伸びる計算となります。

1万分の1の寸法精度(0.01%)を求めると温度変動が影響するということが良く判ります。

続きを読む "寸法精度良く図面や対象物をスキャニングしたい" »

2015年9月10日 (木)

消えた感熱紙のグラフを復元する

消えた感熱紙のグラフを復元する

過日、感熱紙が持ち込まれました。
産婦人科で取られた医療機器の記録グラフだそうです。
心電図のグラフだったと思います。

医療機関は5年間の保管義務があるのだそうです。
しかし、感熱紙を使った記録データは、必要となる頃には、場合によっては全く見えなく成ってしまうようです。

続きを読む "消えた感熱紙のグラフを復元する" »

2015年7月13日 (月)

消せるボールペンで書いて消えた文字を復元する

消せるボールペンは、万年筆で学ぶ習慣のあるフランスで爆発的にヒットして、総売上は4億本にもなっているそうです。

しかし、うっかりそうしたペンであることを知らずに書き込み、
受け取った方も、そうしたペンであることを知らずにうっかり加熱し
大切な申込み書の文字が消えてしまったとしたら困りますね。

事実、そのような事態に遭遇してしまいました。
大切な申込み書を自動車の中に置いた後、文字は読めなくなってしまっていました。

インターネット上の情報を調べて見ると、-20度に冷やすと再び文字が現れる可能性はあるようです。ドライアイスを当てれば文字が現れるかも知れません。

イメージスキャナでどうにか可視化してみようと調べた結果、紫外線蛍光イメージスキャナで完全に可視化できることが判りました。
左は、通常のイメージスキャナの画像。右は紫外線蛍光イメージスキャナの画像。

続きを読む "消せるボールペンで書いて消えた文字を復元する" »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ