スキャナ応用事例

2015年10月 5日 (月)

ロール状フィルムをスキャンする

従来、ロール状やオーバーサイズ(A2サイズなど)のフィルムをイメージスキャナの透過原稿用ユニットを使って画像取り込みする場合、障害がありスキャニングすることができませんでした。

イメージスキャナは、透過率の校正のためにプラテンガラスの一定領域をサンプリングします。この機能をシェーディング補正と呼びます。通常のイメージスキャナのシェーディング補正に必要となる校正用データの取得は、1回のスキャン動作ごとに毎回強制実行されます。そのためスキャニング領域に隣接する、校正用データ取得領域に、フィルム原稿をおいたままにできませんでした。結果的に、オーバーサイズ原稿の連続スキャン作業の妨げになっていました。

PhotoDigitizer (モデル名:201510A3のみ)は、連続スキャン時にシェーディング補正を強制実行しないことで、透過原稿ユニットの取付部(フタを空けて奥)以外の3方向全ての原稿設置制限を撤廃しました。 オーバーサイズ原稿や航空写真のような、幅 618mm(2×309mm)までの無限長のロールフィルムもスキャンできるようになりました。

PhotoDigitizer(モデル名:201510A3のみ)のシェーディング補正は電源投入時に1 度だけ自動的に行われ、その後は必要時にスイッチ操作にてユーザーが任意のタイミングで実行できます。

http://www.imeasure.co.jp/products-photodigit-jp.html#digitizer2

寸法精度良く図面や対象物をスキャニングしたい

寸法精度良く図面や対象物をスキャンしたい。
そんな要望に応えるべく、イメージスキャナの特性を向上させています。

その評価方法としてガラス板にクロムを蒸着したテストパターンの精度の検証をしてみます。

「フロートガラスの線膨張率(常温~350℃)は、 8.5~9.0 ×10-6/℃」

http://www.glass-dictionary.com/01/post_662.html

としますと、

もし、イメージスキャナの使用環境において、テストパターンをクロム蒸着したガラスの温度変動が10度あった場合を考えてみます。

<計算>
[8.5~9.0 ×10-6/℃]*Δ10℃
最大で、0.9x10-4  伸びる計算です。

これは、例えば、10インチ(254mm)を
1200dpiでスキャンした場合、総ピクセル数は、
12000 pixelですので、
約1ピクセル程度 ガラス板が伸びる計算となります。

1万分の1の寸法精度(0.01%)を求めると温度変動が影響するということが良く判ります。

続きを読む "寸法精度良く図面や対象物をスキャニングしたい" »

2015年9月10日 (木)

消えた感熱紙のグラフを復元する

消えた感熱紙のグラフを復元する

過日、感熱紙が持ち込まれました。
産婦人科で取られた医療機器の記録グラフだそうです。
心電図のグラフだったと思います。

医療機関は5年間の保管義務があるのだそうです。
しかし、感熱紙を使った記録データは、必要となる頃には、場合によっては全く見えなく成ってしまうようです。

続きを読む "消えた感熱紙のグラフを復元する" »

2015年7月13日 (月)

消せるボールペンで書いて消えた文字を復元する

消せるボールペンは、万年筆で学ぶ習慣のあるフランスで爆発的にヒットして、総売上は4億本にもなっているそうです。

しかし、うっかりそうしたペンであることを知らずに書き込み、
受け取った方も、そうしたペンであることを知らずにうっかり加熱し
大切な申込み書の文字が消えてしまったとしたら困りますね。

事実、そのような事態に遭遇してしまいました。
大切な申込み書を自動車の中に置いた後、文字は読めなくなってしまっていました。

インターネット上の情報を調べて見ると、-20度に冷やすと再び文字が現れる可能性はあるようです。ドライアイスを当てれば文字が現れるかも知れません。

イメージスキャナでどうにか可視化してみようと調べた結果、紫外線蛍光イメージスキャナで完全に可視化できることが判りました。
左は、通常のイメージスキャナの画像。右は紫外線蛍光イメージスキャナの画像。

続きを読む "消せるボールペンで書いて消えた文字を復元する" »

2011年11月28日 (月)

ファイト新聞 消えた蛍光ペン文字の復元作業にアイメジャーの特殊イメージスキャナが使われました

弊社の紫外線蛍光イメージスキャナ FLSCAN の技術が役立ちました。
お声掛け頂いたセイコーエプソン社のボランティア社員の皆様に感謝申し上げます。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/fight_np2.jpg

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/fight_np3.jpg

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/flscan_fight_np_w1000.jpg

http://www.shinmai.co.jp/news/20111125/KT111124FTI090011000.html
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_201524
http://www.47news.jp/news/2011/11/post_20111125095517.html

続きを読む "ファイト新聞 消えた蛍光ペン文字の復元作業にアイメジャーの特殊イメージスキャナが使われました" »

2011年8月23日 (火)

ガリレオ・ガリレイの異端審問の際の裁判記録 公開

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世によりガリレオの名誉回復

1992.

ーーー

http://www.yamaguchi.net/archives/006248.html

2008.12.21

ローマ法王ベネディクト16世は21日、バチカン(法王庁)での礼拝で、17世紀の天文学者ガリレオ・ガリレイの地動説について、「自然の法則は神の業に対する理解を促した」と述べ、同法王としては初めてガリレオの研究を公式に認めた。

ーーー

http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021501000340.html

2009.2.15

ローマ法王庁(バチカン)は15日、イタリアの科学者で天文学の父とされるガリレオ・ガリレイ(1564-1642年)をたたえるミサを死後367年たって初めて、ローマのサンタマリアデリアンジェリ教会で行った。

ーーー

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011081302000033.html

2011.8.13

ローマ法王庁(バチカン)の機密文書館が2012年に開設400年を迎えるのを機に、これまで門外不出だった同館所蔵の歴史的文書が来年2~9月に、ローマ のカピトリーニ美術館で公開される。約百点の展示品の中には、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイの異端審問の際の裁判記録も含まれる。

来年2〜9月、ローマでバチカンが保管するガリレオガリレイの裁判記録が公開される。 バチカンには、数百冊もの羊皮紙が蔵書されている。 羊皮紙は当時重さあたり、金よりも高額。 何度も綴じを解き、ブルーブラックインクを削ぎ落とし、再度編み直され、書籍として再利用されてきた。 重ねて書かれるため、重記写本と呼ばれる。 羊皮紙は、タンパク質。 タンパク質は、その成分から紫外線を照射すると蛍光発光する。 ただし、タンパク質は、ブルーブラックインクにより変質し、発光せず黒ずむ。 これを利用すると、紫外線蛍光画像により、過去の記録が浮き出てくる。。

続きを読む "ガリレオ・ガリレイの異端審問の際の裁判記録 公開" »

ゴッホが使った パースペクティブ・フレーム

目に見えないものを見る。

赤外線撮影で何が見えるのか。

典型的な応用事例です。

http://www.insyouha.jp/painting.html#painting

絵の具の下に隠れた線の意味は? フィンセント・ファン・ゴッホ 『クリシーの橋』 1887年、55 × 46.3cm、油彩・カンヴァス 明るい色彩と力強い筆のタッチの下に、四辺を取り囲む枠の線と、画面中央から延びる放射状と十字の線がかすかに残っています。赤外線で調査すると、下書きの線とともにはっきりと現れてきました。 この線はゴッホが「パースペクティブ・フレーム」(遠近法枠)という道具を使った証拠。四角い枠に糸を張り、おなじ線をカンヴァスに引いて、枠から見える風景を糸=線との位置関係に即して画面に描いていけば、風景を正確に描きとることができます。 生き生きとした色彩とタッチの下には、それを支える綿密な構図が隠れていたのです。

2011年4月13日 (水)

ラインスキャンカメラを自作する

ライン・スキャン・カメラの製作 [2011. 2. 4]

http://elm-chan.org/works/lcam/report_j.html

記事発見。自作しちゃうのがすごい。

電車を撮った写真 が見応えあります。

26650x1024pixelですよ。2700万画素。

東芝のセンサ TCD-132D (□14μmで1024pixelのモノクロセンサ)使用。

東芝は、老舗ですからね。性能いいし使いやすい。ドキュメント類も充実している。

巨大古地図を高解像度スキャンする

巨大な地図や図面を高解像度でスキャンしたい時、
・デジカメで部分拡大接写して、継ぎ合わせる。
方法を思いつきますが、
・光軸をズラさずに撮影すること、
・照明を均一にして継ぎ目での明暗差を無くすこと、
・レンズ中央と周辺で性能や歪みが均一な高性能レンズを使うこと、
など難題が多いようです。

そこで、スキャナをひっくり返したのが、

製品:顕微観察イメージスキャナ

更に、この製品をベースにして、

・保護用にプラテンガラスの前にアクリル板を張り付けて、
・その分ピントをオフセットして、

・更には、お客様が独自に工夫をして、、なんと物干し竿にスキャナを固定して、

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/hanten_1.png

さらにさらに、専用「スキャンルーム」の壁には、メジャーを貼り付けて、、http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/hanten_2.png

と涙ぐましい努力をして、仕事に使って頂いて居ます。

このようにして生まれた、GBオーダー(10億画素)の巨大デジタルフルカラー画像をどのようにお客様に納品するのか、検収するのか、長い間悩みの種だったとのことですが、

Photoshopの新機能 zoomify (%1)のお陰で、GoogleMapのように拡大縮小移動が容易になる html出力 が可能となったそうです。

Adobe スゴイぞ!

続きを読む "巨大古地図を高解像度スキャンする" »

2011年3月 1日 (火)

実験報告 12億画素をスキャンする

この記事に関する最新情報はこちらです。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/2400ppi-9427.html

A3サイズ光学解像度2400ppiのイメージスキャナの画像ファイルサイズは?

2017年5月11日 (木)

=====

今回の実験目的は、果たして、ES-10000Gのフルスペックでスキャンしたらどうなるのか?です。

ES-10000Gの有効取込範囲、基本光学解像度、イメージタイプは下記の通りです。

有効取込範囲:12.2 x 17.2 inch(=310x437mm)
基本光学解像度:2400 pixel per inch (=11μm)
イメージタイプ:最大 48bit Color ( = 16bit x GRB)

画素数は、
W : 12.2 * 2400 = 29,280 pixel
H : 17.2 * 2400 = 42,200 pixel
で、12億画素となります。
1.2G pixel
16bitは2Byte、RGBで3倍、よって1画素あたり6Byteとなるので、
ファイルサイズは、pixel数*6Byteとなり、7.2GBとなります。

Photoshop以外の16bitファイルをサポートする標準書式は、TIFFファイルがありますが、TIFFの書式は、4GBまでサポートしています。
イメージタイプを24bit Colorとすれば、3.6GBとなりTIFF保存可能となります。

○結果1:
標準添付のソフトウェア『EPSON Scan』ではスキャンできませんでした。
下記メッセージが表示されてスキャニングを開始できません。
『画像サイズが大きすぎます。幅21000,高さ30000ピクセル以内になるように、解像度を下げるか、取り込み領域を小さくしてください。』

このメッセージは、48bit Color, 24bit Color, 16bit Gray, 8bit Gray全て共通でした。
つまり、標準添付のソフトウェア『EPSON Scan』からは、6.3億画素以上はスキャンできないということのようです。

○結果2:
Phtoshopプラグインから、EPSON Scanを呼び出してスキャンすると、スキャニングが【なんと!】完了しました。ただし、下記のメッセージが表示されます。
『クリップボード上のデータを読み込めません。予期せずにファイルの末尾に達しました。』
更に、ファイル保存しようとすると、下記のメッセージが表示されます。
『このドキュメントはTIFFファイルを保存する場合の4.00G 制限を超える可能性があります。
詳しくは、ヘルプトピック"画像の保存と書き出し"を参照してください。
続行しますか?』
ここで、「ビッグドキュメント形式」にすると保存できました。

続きを読む "実験報告 12億画素をスキャンする" »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

最近のトラックバック