« さらばキログラム原器 | トップページ | 蛍光灯からは紫外線が出るので美術館や博物館では使えない »

2021年5月13日 (木)

NIMS 物質材料研(つくば市) が4.2μm 吸収で二酸化炭素濃度を動画で可視化した

https://www.youtube.com/watch?v=fcmFokIiq2Q

Mask

4.2μm 吸収で二酸化炭素濃度を動画で可視化した。

NIMS 物質材料研(つくば市)

昔の工業技術院ですね。

 

 

NIMS の動画 二酸化炭素を可視化した方法

 

1.CO2の吸収が何故起きるのか? その吸収波長は?

 

https://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~rck/tohda.pdf

H2o_co2






CO2の基準振動の 2350cm-1が、
4.255μmの波長の吸収ですね。

10mm/2350 = 0.004255 mm 〜4.2μm



よく居ますよね。回りと逆に踊ってる人(笑)


2.その波長を捉えるセンサは何を使っているの?

 

InSb アンチモン化インジウム

それとも

PbSe セレン化鉛 かなぁ。

https://www.hamamatsu.com/resources/pdf/ssd/06_handbook.pdf

それにしても サーモパイル(コロナで普及した非接触式体温計の原理)は波長感度に欠陥の無いゴールキーパーですね。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-7bbb0b.html

非接触式の体温計測器のしくみ ~サーモパイル型温度計測器のしくみ~

 

« さらばキログラム原器 | トップページ | 蛍光灯からは紫外線が出るので美術館や博物館では使えない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さらばキログラム原器 | トップページ | 蛍光灯からは紫外線が出るので美術館や博物館では使えない »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ