« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月18日 (木)

光学解像度テストチャートを買った

Edmund_test_chart

 

光学解像度テストチャートを買った。

これで、 32,000 ppiのスキャナまでは作れるな。(^^)

まずは、

2,400 ppi

3,200 ppi

4,800 ppi

6,400 ppi

9,600 ppi

というカタログスペックの製品を片っ端から比較してみようと思う。

あ。今回購入したのは、透過原稿用のテストチャート。

フィルムスキャナ、 ガラス乾板スキャナ用途です。

 

https://www.edmundoptics.jp/p/2-x-2-positive-1951-usaf-resolution-target/4306/

 

[ その他の資料 ]タブ をクリックするとそれぞれのチャートの解像度情報が掲載されている。

 

例えば、

「光学解像度は6400ppi」 と言いたいなら、

最低限、 64LP/mm のチャートを分解していることを期待される。

 

何故なら、

 64LP/mm * 25.4mm = 1625 LPI (Line Pairs per Inch)

 

運悪くモアレが出ることを想定して、

1LP2pixelをあてがったとき、もし半画素だけ位相がズレると白黒のコントラストチャートは、全てグレーになってしまうため。)

 

1 LP に4pixelをあてがうとして、

6502 pixel per inch = ppi

のスキャナであれば、パキッと 64LP/mmを分解できているはずだからである。

 

以上から、次ぎの様なことを覚えておくと良い。

 

400ppiスキャナ → 4LP/mm

800ppiスキャナ → 8LP/mm

1200ppiスキャナ → 12LP/mm

4800ppiスキャナ → 48LP/mm

6400ppiスキャナ → 64LP/mm

9600ppiスキャナ → 96LP/mm

 

〜〜〜

ちなみに、EPSONA3フラグシップ機の特性は以下に報告済みです。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-e15c.html

SFRedgeという、かつて日本人の医師が開発した、シャープな正方形を傾けただけの簡単な評価チャートを使って一発で、

MTF vs cycle/mm グラフを描く撮像系光学解像度評価手法です。

 

同じ手法で、NIKON LS-1000を評価してくださった報告もあります。

太公望さん NIKON LS-1000 評価レポート

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/nikon-ls-1000-2.html

 

以上

マイクロ波マンモグラフィ

波動散乱の逆問題
神戸大学数理・データサイエンスセンターの木村建次郎教授


https://www.google.co.jp/amp/s/toyokeizai.net/articles/amp/249240%3fpage=2

2018年11月18日


マイクロ波マンモグラフィの検査は、マイクロ波のアンテナで乳房をそっと撫でるだけです。X線マンモグラフィのように乳房を板で挟み込む必要もありません。女性たちの願いだった『痛くない乳がん検診』が、もうすぐ実現できると確信しています」

【起業】

http://ig-instrum.co.jp/about.html

"inverse problem of wave scattering"

実は超難しい「乳がん診断」、スゴイ新技術
死亡者ゼロを目指す、ある研究者の野望



パルスオキシメーター関連

パルスオキシメーター関連

 

「原理」

https://www.konicaminolta.jp/healthcare/knowledge/details/principle.html

 

・指先に2波長の赤外線を透過する。

λ1=665nm(これは可視光の赤ですね)

λ2=880nm(完全に赤外線。)

・酸素と結びついたヘモグロビン(HbO2) は、665nmをもっとも透過する。つまり赤い。

・酸素を離したヘモグロビン(Hb)は、665nmを良く吸収する(黒い)。

・どちらの波長もそこそこ透過する880nmを比較用の基準値とする。

 

[2021.1.20]

ウエアラブル端末で「血中酸素レベル」測定、ファーウェイが機能追加

 

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/09486/?ST=ch_digitalhealth&n_cid=nbpnxt_mled_ndh

 

[2020.5.20]

新型コロナで世界が再認識、パルスオキシメータの有用性とは

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00546/00013/?ST=ch_digitalhealth&n_cid=nbpnxt_mled_ndh

 

パルスオキシメーターの歴史:

パルスオキシメータの発明者は 青柳 卓雄氏

https://www.nihonkohden.co.jp/information/aoyagi/

青柳氏は新潟大学工学部を卒業後、島津製作所(京都)を経て1971年、当社(日本光電)に入社しました。」

 

https://www.konicaminolta.jp/healthcare/knowledge/details/history.html

この指先で測定するパルスオキシメータを世界で初めて商品化したのは、当時のミノルタカメラ(現コニカミノルタ)です。」

「ミノルタカメラは1977年に、指先測定型として世界で最初のパルスオキシメータ商品化(オキシメーターOXIMET MET-1471)に成功しました。」

2021年2月17日 (水)

HEPA(へぱ) と ULPA(うるぱ) フィルタ


HEPA(へぱ) と ULPA(うるぱ) フィルタ

弊社ではクリーンブースを2機稼働させています。
1機は、A3スキャナの組立用。
もう1機は、大型スキャナ(オルソスキャナ)のスキャンサービス用です。




・・・

クリーンブースは、(今の最新規格は存知上げませんが)
どちらも クラス1万 というモデルです。
これは、直径0.3μm以上の粒子が、1フィート立方の中に、1万個未満という意味です。
ここで最も重要なデバイスが、ブースの天井に付けられた
ファンです。
ファンには、HEPAフィルタが付けられていて、外気を吸って、
クリーンブース内に清浄な空気を吐き出します。
ビニールハウス用のシートで囲まれた空間の床面がわざと少し開いていて、ここから、外へ出て行きます。
これを連続稼働して、ブース内の清浄度を保ちます。
(埃発生源はじつは、人間です笑)

・・・
A3スキャナは、2400ppiで、11μmの粒子を、
大型スキャナは、800ppiで、32μmの粒子が見えるので、
気を遣います。
髪の毛(70μm)はもちろん、完全アウトです。
そこで、掃除機を購入することにしました。
ULPA という規格を調べたら、
HEPA が、0.3μmに対して、
ULPA は、0.15μmなんですね。
クリーンルーム用掃除機。
Ulpa
GETします。

HEPA : High Efficiency Particulate Air Filter
ULPA : Ultra Low Penetration Air Filter

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ