« dpi と ppi の違い | トップページ | ISO 11664-1:2007 CIE1931測色標準観測者の等色関数及び色度座標 »

2020年12月14日 (月)

オルソスキャナの特徴


オルソスキャナの特徴



[1]非接触式のイメージスキャナなのでガラス板やアクリルカバーなどが付いたまま額から作品を外さずにスキャンできます。

他にも実際にスキャン作業の経験値が上がるにつれて、テレセントリックレンズを搭載したイメージスキャナ「オルソスキャナ」のメリットが見えてきました。


[2]被写体〜レンズ間距離が変わっても倍率が変わらない (ア)

 → 分割撮影した画像の接合が非常に楽。
 通常のカメラ撮影では、左右のレンズ倍率が一致しないため、重複して撮影した接合部で画素数が一致しません。


[3]被写体〜レンズ間距離が変わっても倍率が変わらない (イ)

 → 被写界深度(ピントの合う範囲)を超えた作品でもピント位置を数ミリづつ変えて撮影(フォーカスブラケット撮影)した画像を簡単にレイヤー合成して、全焦点画像を生成できる。


[4]スキャン全域で、照明光と撮影光軸の位置関係が一定

 → Optical Variable (オプティカルバリアブル) な被写体に適してる。
(金箔やホログラム印刷など、入射光の角度と撮影光軸の角度の幾何学的配置関係に依存して色、明るさなど見え方が変わる被写体)

以上

« dpi と ppi の違い | トップページ | ISO 11664-1:2007 CIE1931測色標準観測者の等色関数及び色度座標 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« dpi と ppi の違い | トップページ | ISO 11664-1:2007 CIE1931測色標準観測者の等色関数及び色度座標 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ