« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月26日 (金)

スキャナ駆動ソフトウェア iMeasureScan への質問 :Densitometerモードで動作 とありますが、これはどのような機能でしょうか?

Q:Densitometerモードで動作 とありますが、これはどのような機能でしょうか?

一般的なイメージスキャナは(デジカメもそうです)、ディスプレイのガンマ特性の逆特性で画像出力する設計になっています。
そのため、階調(濃淡にグラデーションのあるたとえば、0〜255の)データは、センサに蓄積された光量に比例した値ではありません。たとえば、反射率50%の値は、127.5/255ではなく、172くらいの値になっています。

そこで、ガンマ 1.0 すなわち、センサに蓄積された光量に比例した値となるように動作させる設定が、
「Densitometerモードで動作」
です。このモードをONにしてスキャンをすると、
反射率(透過率)50%の値は、127.5/255になります。
16bitデータの場合は、32767.5/65535 となります。
得られる画像の階調値は、反射画像であれば反射率、透過画像であれば、透過率に換算可能な値となります。

光学的濃度(や吸光度)に変換する場合は、 

OD= -LOG(反射率) 

で得ることができます。
(※厳密に反射率、透過率、濃度計としてスキャナを使うためには、検量線を引く必要があります。)


<参考>
CBBゲルの検量線を引く手順が下記にございます。
https://www.imeasure.co.jp/report/ImageJ_CBB.html

スキャナ駆動ソフトウェアiMeasure ScanにてDensitometor ONとした場合、スキャナのガンマは、1.0となるため計算式の1.8は不要。

この箇所に該当します。

不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

2020年6月17日 (水)

DNAを使った犯罪捜査個人識別精度が「565京人に1人」とはどういうことか?

DNAを使った犯罪捜査個人識別精度が565京人に1人」とはどういうことか?

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41872650Y9A220C1CR8000/

2019/2/28

同じDNA型の出現頻度が「47千億人に1人」から「565京人に1人」となり、より精密な個人識別が可能となる。

いったいこれの要因は何か?

DNAは、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類の塩基配列からなり、特定の部位に注目すると、4塩基の繰り返しが見られる特徴的な部位がある。

https://www.npa.go.jp/hakusyo/h20/honbun/image/kd343000.png

・例えば、

AATG8回繰り返されていた場合、

AATGAATGAATGAATGAATGAATGAATGAATG

となっている。

・この「繰り返し回数(上述例では8回)」に個性が反映される。

・注目部位(座位)を 9箇所→15箇所→21箇所と増やすことで、全ての繰り返し回数の組み合わせは膨大となり、単純な計算では、人類の総人口を超える。

~~~

・警察で行っているDNA型鑑定は、主にSTR型検査法と呼ばれる方法

4塩基(ATGC)を基本単位とする繰り返し配列について、その繰り返し回数に個人差がある

・反復回数を調べて、その繰り返し回数を「型」として表記して個人識別を行う。

精度向上の歴史は、

[9座位→1100万人に1] 

[15座位→約47千億人に1] 

[21座位→565京人に1]

~~~

そこで、 

平均の繰り返し回数を n 回と仮定すると、

(n)^9= 1100

(n)^15= 47千億

(n)^21= 565

という計算になるはず。

 

そこで、nを推定します。

~~~~~

[9座位→1100万人に1] 6.1通り

[15座位→約47千億人に1] 7.0通り

[21座位→565京人に1] 7.8通り

以上から、現在のDNA鑑定は、21箇所の注目箇所について、

繰り返し配列の繰り返し数が、平均 78回の繰り返しを個人判定の基準としている。

~~~

[9座位→1100万人に1] 6.1通り

計算方法:

(n)^9= 1100

両方を対数をとると、

LOG((n)^9)=LOG(1100万)

9*LOG(n)7.04

LOG(n) = 0.7824

n = 6.1

結果:9座位について、平均繰り返し回数6.1回の場合、総組み合わせ数は、1100万。

 

以上

2020年6月 3日 (水)

2020年5月度 アイメジャーホームページ アクセスランキング

5月度 アイメジャーホームページ アクセスランキング

 

今回は少し変わったランキングです。

 

【 平均ページ滞在時間ランキング 】

 

つまり、1つのページをどのくらいの時間をかけて読んでいるのか、その総時間数です。

何と第2位は、9分9秒です。
これは平均ですので、長い方は10分程度読んでいるってことですかね。

#2位 9分9秒

オルソスキャナで簡単に画像が繋がる理由と方法

https://www.imeasure.co.jp/report/photomerge.html

 

恐らく、フォトショッパー( Adobe Photoshop 使い)が、Photomerge フォトマージの使用方法として参考にしているのだと想われます。

 

#3位 6分44秒

 

図面、地図や部品を±0.1mmの寸法精度で測りたい その方法

https://www.imeasure.co.jp/report/ortho-0.1mm.html


以上

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ