« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月16日 (日)

CIPA デジタルカメラ出荷台数





2020.2.6 日本経済新聞13面 

[CIPA カメラ出荷台数]

2019: 15,210k

2020(予想):11,670k

4,800k/compact (-29%)

6,870k/lens交換式 (-18.8%)

peakは 2010 121,460k

 

ペロブスカイト perovskite

ペロブスカイト perovskite

■体心立方 BCC

Body-centered cubic : bcc
充填率 68%
近接原子数:8
https://upload.wikimedia.org/…/220px-Lattice_body_centered_…

■面心立方 FCC=CCP

face-centered cubic, fcc)
立方最密充填構造(りっぽうさいみつじゅうてんこうぞう、cubic close-packed, ccp)とは見る角度が違うだけで同じ配列である。
充填率 : 74% (最密充填)
近接する原子の数 : 12個

https://upload.wikimedia.org/…/1024px-Cubique_a_faces_centr…

■ペロブスカイト PEROVSKITE

perovskite、灰チタン石)[2]と同じ結晶構造をペロブスカイト構造と呼ぶ。
例えば、BaTiO3(チタン酸バリウム)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/3/39/SCcrystal.png

2020年2月 7日 (金)

勝原伸也 立原戌基 立原位貫(いぬき) サックス奏者が浮世絵彫り師に成った話

https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku1952/47/2/47_2_93/_pdf


1999年 デン・マテリアル(株)との共同研究論文が、社団法人日本分析化学会において『分析化学』論文賞を受賞
『色彩から歴史を読む』(ダイヤモンド社)を共同執筆
名前を勝原伸也から立原戌基に改名



2020年2月 6日 (木)

新サービスを開始します。 【消えた文字が見える化スキャニングサービス】

 

消えた文字が見える化スキャニングサービス

https://www.imeasure.co.jp/service/visualization.html


消えてしまった感熱紙、ノンカーボン複写紙の文字を「見える化」します。

弊社が開発&所有する世界唯一の特殊イメージスキャナを駆使し、

イメージスキャナ開発歴35年のプロが判読解析致します。

このサービスで可視化出来なければ、恐らく世界中何処へ持って行っても無理と諦めてください(*1)。

日本全国の県警本部(科捜研)やプロの鑑定士が行う有価証券や契約書類の偽造解析、

イタリアのバチカン市国教皇庁図書館での羊皮紙からなる重記写本(Palimpsest )解析に

活用されている最先端の特殊イメージスキャナ機器群を使って、


お客様のご要望:

「どうにかしてここに書かれてあるはずの文字を見えるようにならないか?」

のお手伝いを致します。

 

続きを読む "新サービスを開始します。 【消えた文字が見える化スキャニングサービス】" »

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ