« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月26日 (水)

イタリアの研究者から電子メールが来た  〜 近赤外線画像でスキャンすると何が見えてくるのか 〜

イタリアの研究者から電子メールが来た。

Google翻訳を使った拙い日本語。

半信半疑で数回のメール(こっちからは拙い英語)のやりとりと見積提示後に、いきなりクロネコヤマトの国際便が届いた。

中には 古い万年筆インク(*1)で文字が真っ黒になって、書いた文字に沿って用紙がぼろぼろになった手書きの文書が複数枚同梱されていた。

詐欺だと困るので、代金振込を待っていたら、

PayPalでスキャニングサービス(*2)の代金を日本円で払ってきた。

きちんとやってあげようと、
オーバーサービスなほど
要望の 赤外線反射画像以外にも
赤外線透過画像、
紫外線蛍光画像、
可視光反射画像、
と盛りだくさんのモードで、最高解像度スキャンして返送した。

先ほどお返事が来た。
スキャンした同一サンプルについて、彼らの
従来手法の赤外線カメラ(?)で撮影した画像との比較画像だった。

カメラの方は、同じ画素数なのに、1/4程度の甘い光学解像度でした。

ヨーロッパにも赤外線イメージスキャナ(*3)の需要があると初めて知りました。

現在、海外導入事例としては
中国
台湾
で活用されています。

以上

(*1)古い万年筆インク:
ION GALL INK
https://ja.wikipedia.org/wiki/没食子インク
https://bit.ly/2XuQ6MO

(*2)画像解析受託サービス:
https://www.imeasure.co.jp/service/measurement.html

(*3)赤外線イメージスキャナ:
https://www.imeasure.co.jp/product/ir.html

2019年6月12日 (水)

イメージスキャナは濃度計になるか? その5 ICCプロファイルを作る編

ICCプロファイルを作る

【広告】

イメージスキャナを濃度計(反射/透過)として使うためのアプリ。
iMeasureScan (あいめじゃーすきゃん)入門版。


市販のイメージスキャナを使って、反射率/透過率を16bit(65535階調)で数字を得ます。そのために最も基本的な機能として「ガンマ1.0」で動かすためのアプリです。ガンマ1.0でスキャナを動作させることで、センサが捉えた光量に比例した値を16bitで得ることが可能となります。


 
その昔 印刷用のスキャナがアナログ式で、
スキャンした値から直接印刷用の網点を作っていた時代、
そのシステムはひとかたまりの コピー装置だった。
 
〜〜〜
やがて、A/Dコンバータや、メモリーが安価となったことで、
一旦スキャンしたデジタルデータを保持できるようになると、
ディスプレイや、プリンタや、電送先の別の装置に、画像データを渡せるようになる。
 
〜〜〜
そうすると、色分解した Red Green Blue のデジタルデータとは何なのかが問題となる。(厳密にはCMYKでしたよね。当時の印刷用のドラムスキャナ)
 
これはテレビジョン放送時代には全く問題にされなかった議論だった。
 
何故なら、リアルタイムの放送規格は、スタジオ撮影カメラのガンマ特性と蛍光体の色特性のみを決めれば、
それに合わせて受像機を作るだけのことだったからね。(NTSCやSECAMなどがそれだ。)
 
〜〜〜
でもスキャナの場合は、一旦デジタルデータで置く際に、何らかの標準が必要になった。
 
1931年に、人間の目を定量化した。それがCIE1931で、
色は、XYZという直交座標系の点として表現できると仮定された。
そこで、スキャナのデジタルデータも、一旦この、絶対色(XYZ)に置き換える方法が考え出された。
個別のスキャナが得るRGBは、ある意味、方言だ。
その方言を、標準語である(XYZ)に置き換える、インタープリター(翻訳機)とも言える。
そうすれば、
スキャナRGB<>XYZ<>ディスプレイRGB
とか、
スキャナRGB<>XYZ<>プリンタCMYK
とか、
【色】変換が容易だ。
 
この考えを最初に発明したのが、ドイツの印刷会社 ライノタイプヘル(現在ハイデルベルグ)
そして、その考え方をOSに採用したのが、AppleのMacintosh
当時、Color Sync.
Adobe のPhotoshopもVersion 5.0.2くらいからこのプロファイルの考え方をシステムに組み込み、利用が始まった。
現在は、WindowsOSと共通化されていて、デバイス固有の方言色記述ファイルのことを ICCプロファイル(アイシーシープロファイル)と呼ばれる。
色再現システム全体の機能を、カラーマネージメントと呼ぶ。
〜〜〜
 
さて、イメージスキャナを使って、色彩色度計や、濃度計に使おうという話だ。
 
このスキャナ個別のICCプロファイルを作ってしまえば、そのスキャナを使って濃度計、色彩色度計になる、ってことになる。
 
でも、困るのは、テストチャートと、正確に計測された XYZの値の計測値。
これが無いと、ICCプロファイルは作れない。
そこで、当時は、ICCプロファイルメーカー、というキットが発売された。
モナコカラーから当時3万円ほどだった。
中身は、プロファイル作成プログラムと、現物のカラーテストチャート(反射/透過)とそれらの計測値データだ。
 
〜〜〜
最近は驚くことに、イメージスキャナを購入すると、この一式が標準で付いてくる。
 
EPSON GT-X980
A4サイズの透過フィルムもスキャンできるモデルだ。
 
 
さっそくやってみた。
 
ところが、が〜ん。こんな感じ。
 
まだ、X-RiteのWebサービスが、EPSONのGT-X980の最新モデルに添付されるチャートデータに追いついて居ないようだ。
 
2017.12.1が最新。
スキャナに添付されていたチャートは、2018.9.1
とほほ。

続きを読む "イメージスキャナは濃度計になるか? その5 ICCプロファイルを作る編" »

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ