« 2016年から 記事 「シェーディング補正とは」 が1位になった | トップページ | 画像計測用のイメージスキャナ PhotoDigitizer が新モデルに生まれ変わります。 »

2018年11月 9日 (金)

大型アナログ図面の高精度デジタイズ CADデータ化 にお悩みの方はぜひご相談ください。

デジタルアーカイブ学会 研究発表大会の記事が、学会誌の公式ページで pdfで公開されました。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsda/2/2/2_91/_article/-char/ja/

オルソスキャナを使って、 1万対1の寸法精度を達成した実験報告書です。

ちなみに、1万対1は、JIS定規1級の 0.2mm/メートル
を越える精度です。 0.1mm/メートル

鉄の線膨張係数が  12E-6ですので、
ΔT=10℃ で、120E-6となり、0.12mm/メートルを越え、
1万対1の寸法精度は、10度変動する環境で鉄では達成できません。

オルソスキャナ+図面専用フィルム(マイラー)にて、
線膨張係数が、3437 E-6 であることが判りました。

温度変動ΔT=3℃で、100E-6 → 1E-4(つまり1万対1) となります。

そこで、温度を横軸に、縦軸を寸法精度でプロットした際の回帰直線を基準に、そのばらつきが、1/1万 (=1E-4)に入るならば、温度補正を行うことで、1/1万 (=1E-4)を達成できることになります。

その見通しを示した実験報告書です。

回帰直線の傾き(34〜37 E-6)は、オルソスキャナ+マイラー図面における線膨張係数に相当します。

現在、スキャナの部屋をエアコン掛けっぱなしにして、
スキャン時の温度を0.1℃単位で記録して補正を行うことで、1万対1の寸法精度を達成しました。

大型アナログ図面(7メートルマイラー紙のスキャン実績があります。)の高精度デジタイズ CADデータ化 にお悩みの方はぜひご相談ください。


■ 図面スキャンサービス

http://www.imeasure.co.jp/pdf/service_drawing.pdf

kw : リバースエンジニアリング 金型の計測

« 2016年から 記事 「シェーディング補正とは」 が1位になった | トップページ | 画像計測用のイメージスキャナ PhotoDigitizer が新モデルに生まれ変わります。 »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/67362212

この記事へのトラックバック一覧です: 大型アナログ図面の高精度デジタイズ CADデータ化 にお悩みの方はぜひご相談ください。:

« 2016年から 記事 「シェーディング補正とは」 が1位になった | トップページ | 画像計測用のイメージスキャナ PhotoDigitizer が新モデルに生まれ変わります。 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ