« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月17日 (金)

イメージスキャナでタイムラプス その2 氷の融ける様子を連続スキャンしてみる

イメージスキャナでタイムラプス その2

先日、農業大学の先生のリクエストで最新版の廉価版スキャナ EPSON GT-S650 を使って タイムラプススキャンの実験をした。

A4サイズ 300ppi 24bitカラーで、1分毎にスキャンをするという。そのままの状態で、屋外に24時間放置する。1440枚の27MBのファイルが生成される。

何に使うのか伺った。が、、食事中の方、趣味が合わない方は、想像するだけでもダメだと判り、事例紹介は辞めることにしました。(^^;)

・・・

せっかくなので、久々に実験君をしています。

■準備するもの

1.ES-10000Gの透過原稿ユニットの付いたモデル。

(ヤフオクで3~4万円で入手できます。ES-2200なら、2千円くらい。)

2.iMeasure Scan Full 

http://www.imeasure.co.jp/product/imeasurescan.html

3.偏光板 2枚。

(液晶ディスプレイを分解すると、表と裏に2枚貼ってあります。)

■被写体

まずは、氷ですよね。

冷蔵庫の氷を出して、偏光板で挟んで、

透過原稿ユニットを浮かせて、

(※透過原稿ユニットオープンエラーが出ますので、テープで開閉センサの棒を押さえて警告を消します。)

スキャン。

■得られた画像サンプル。

20180817_160804

続きを読む "イメージスキャナでタイムラプス その2 氷の融ける様子を連続スキャンしてみる" »

ESA3FLU3 DSA3FLU1 透過原稿ユニットの使い方

ES-10000G ES-G11000 DS-G20000 共通の説明です。
A3サイズの2400ppiスキャナを
写真フィルムなど透過モードで使用する場合に、
オプションの透過原稿ユニットを取り付けます。
■透過原稿ユニットの型番:
ESA3FLU3 :ES-10000G ES-G11000共通。
DSA3FLU1 :DS-G20000用。
■取り付け方法 (EPSON社の取扱説明書より抜粋)

■ES-10000G のユーザーズガイド
https://www2.epson.jp/support/manual/data/scanner/es10000g/NPD0596_00.PDF
1.透過原稿ユニットの取り付け page99〜101
2.反射原稿の取り込み page115〜116
※反射原稿マットの脱着方法について説明されています。
3.透過原稿ユニット使用時のトラブル page145〜146
※スキャナの透過原稿ユニットを開いて、向かって左側の17mmは、何も置かないでください。

Forbidden_area_esa3flu3


透過フィルムを読む場合の透過率100%を決める重要な領域(白基準)です。ここに、原稿や、埃、汚れが有る場合、正常な画像が得られません。常に清浄に保ってください。

■ES-G11000 のユーザーズガイド

https://www2.epson.jp/support/manual/data/scanner/esg11000/NPD4827_01.PDF

1.透過原稿ユニットの使い方 page21−24

2.反射原稿(フィルムでない原稿)のスキャン page33-34

■DS-G20000 のユーザーズガイド

https://www2.epson.jp/support/manual/NPD5477_04.PDF

1.透過原稿ユニットの使い方 page40-43

2.反射原稿(フィルムでない原稿)のスキャン page50-51

感想:

ES-10000Gのユーザーズガイドに較べると、ES-G11000, DS-G20000 いずれのユーザーズガイドも、かなり省略されています。

特に透過原稿を取り込む際の、白基準領域にものを置いてはいけないことが、省略されてしまいましたね。

2018年8月16日 (木)

身の回りの寸法精度を統一指標で一覧にしてみた

Length_table

線膨張係数は、一般的に [*10E-6/K ] 表記だが、冬の朝から昼までの温度差として Δ10度 を目安に 全て %表記にして比較してみた。

[光技術コンタクト2018(Vol.56,No.9)9月号「光学設計のあれこれ(7),9/20頃発行予定]


身の回りの解像度を統一指標で一覧にしてみた

Resolution

ppi : pixel per inch

25.4 ミリメートルあたりにいくつの画素があるか? を表す、光学解像度の指標。

[光技術コンタクト2018(Vol.56,No.9)9月号「光学設計のあれこれ(7),9/20頃発行予定]

2018年8月 7日 (火)

鯛の彫り物 2種

こないだ富山県井波に行ってきました。

先日完成した名古屋城本丸御殿の欄間の素晴らしい彫刻は、井波の木工職人集団の作品だそうです。

先日、諏訪大社の本宮前のお店を散策していたら古い彫刻を見つけましたのでご紹介します。

さて、この2種の違い、判りますか?

Tai2

 

Tai1

(答えは↓)

続きを読む "鯛の彫り物 2種" »

« 2018年7月 | トップページ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ