« iPhone 撮影 Tips スマホの露出を制御する | トップページ | 昔の白黒ネガ写真を フルカラーにしてみた »

2018年5月13日 (日)

フォトショップの迷路に填まっている人へ 露出補正の基礎

フォトショップの迷路に填まっている人へ。

フォトショップを触っている人。

なんでもできる。→ 画像をいじりすぎて迷路に。

でも、最初にやるべき基本は非常にシンプルです。

カメラマンのやっていることは、



[1]構図を決める (これはアートですね)
[2]ピントを決める (どこにピントを合わせるか、どこのピントをボカすか、これはアート。ピントを合わせる、ボカすは、テクノロジー)
[3]ライティング 露出を決める。(ライティング:陰の出しかた、コントラストの出しかた、光らせかた、これらはアートですね。色温度、露出を決める。これは、テクノロジー。)



この中のテクノロジーの部分の 露出を決める、のエッセンスは、
(1)シャッター速度
(2)レンズ絞り
(3)ISO感度設定
の3つ。

フォトショップの画像処理も、まずは、
[ 得られた画像をどのように、露出調整するか? ]
がまずやるべきこと。

最近は、photoshop に
[ 露光 Exposure EV ]
という 機能がありますが、
やっていることは、

(a) レベル補正の ハイライトの制御。
(b) トーンカーブのハイライトポイントを左右する。

のいずれかと全く同じ意味です。
更に、色かぶり補正 は、きれいな画像を生むための もっとも基本的処理です。
これも、 [色毎の露出補正]と考えるとやるべきことがよくわかります。
つまり、上記の
(a) レベル補正の ハイライトの制御。
(b) トーンカーブのハイライトポイントを左右する。

を色毎のチャンネルでやる、
が、基本です。
以上

(補足)

iOSで標準添付されていたアプリは、登場時から、ハイライトや中間調の色かぶりをグレーにする機能が搭載されていて、痺れました。非常に優れた機能です。
私は、22年前に、EPSONScanProを設計した時、この色かぶり補正機能を搭載しました。名称は、GrayBalance Intensity としたので、いまいちでしたが。

« iPhone 撮影 Tips スマホの露出を制御する | トップページ | 昔の白黒ネガ写真を フルカラーにしてみた »

デジタル画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/66714196

この記事へのトラックバック一覧です: フォトショップの迷路に填まっている人へ 露出補正の基礎:

« iPhone 撮影 Tips スマホの露出を制御する | トップページ | 昔の白黒ネガ写真を フルカラーにしてみた »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ