« 高精細画像の写真撮影とレプリカの制作 | トップページ | 毛割の密度を計測する »

2017年9月15日 (金)

【 実験 】 イメージスキャナをひっくりかえしてみた。(※注意)

Hanten_


A3サイズを2400ppiでスキャンできるから、12億画素のカメラだね。
また、A/Dコンバータは 16bit (65536階調)を積んでるので、48bitColor画像。

でも、被写界深度が 1200ppi では 1mm程度なので、ブラケットスキャンをやってみた。

ワザと名刺を折り曲げる。

高さは最大で 24mmくらい。

ピントを0.1mmづつ変えられるスキャナなので

ES-10000G

目一杯(2.0~+6.0mm)変えて、スキャンする。

そのピントを1mmづつ変えてスキャンした画像を

後から、フォトショップのレイヤー合成機能を使えば

全域(8mm範囲で)ピントの合った画像になるでしょう。

きっと。

ということで、パンフォーカス画像を作ってみた。

ところが。。

〜〜〜〜〜( 注意)

よい子は真似しないで下さい。改造せずに、ひっくり返すと、壊れます。

 こうなる。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-83a0.html

〜〜〜〜〜

まずこれが、A3エリアの全体像。

中央(レンズ光軸中心)から少し右に置いた名刺をスキャンした。

00000010

1200ppi画像です。↓

00000001焦点位置:-2mm

00000002焦点位置:-1mm

00000003焦点位置:0mm

00000004焦点位置:+1mm

00000005焦点位置:+2mm

00000006焦点位置:+3mm

00000007焦点位置:+4mm

00000008焦点位置:+5mm

00000009焦点位置:+6mm


さあて、いよいよ Photoshop のレイヤー合成機能を使って、ピントの合った画像だけのパンフォーカス画像をつくるぞぉ!

わくわく。

で。その結果がこの画像。。

Photo

あら。。(^^;)

ということで、

改めて オルソスキャナ の威力を実感したのでした。

ちゃんちゃん。


■参考blog

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-15c8.html

 

高精細画像の写真撮影とレプリカの制作

(1)800ppiクラスになると塵や髪の毛が問題となり、クリーンベンチが必須であること。

(2)解像度が高い程、被写界深度が浅くなるため、焦点位置を変えて複数回スキャンして、レイヤー合成機能を使ってパンフォーカス画像を作ります。

(3)大型図面など複数回に渡ってスキャンした画像を、フォトマージ機能を使って、一発で自動接合します。

この、(2)、(3)を自動で行うためには、オルソ画像である必要があります。

■補足説明:

固定焦点のレンズを前後させてピント調節すると、被写体の倍率が変わる。

Bairitsu

ところが オルソ画像 を撮影可能な テレセントリックレンズ を使うと、

なんと! レンズが前後しても、倍率が変わらない。

Bairitsu2

 

http://www.imeasure.co.jp/ortho/report.html

テレセントリックレンズ 。。 おそるべし。

Telecentric



http://www.imeasure.co.jp/pdf/leaf_OrthoScan-IMAGER_jp.pdf

テレセントリックレンズに関する専門的な詳細説明書籍。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-cd90.html

オルソスキャナ による パンフォーカス画像(全域にピントの合っている画像)の迫力は、土器の画像が判りやすいですね。

直径38cm程の土器を300ppi(80μm)

でスキャンしています。

息を呑む画像です。

http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html

Dokizoom


 

ドキドキ。





« 高精細画像の写真撮影とレプリカの制作 | トップページ | 毛割の密度を計測する »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/65794189

この記事へのトラックバック一覧です: 【 実験 】 イメージスキャナをひっくりかえしてみた。(※注意):

« 高精細画像の写真撮影とレプリカの制作 | トップページ | 毛割の密度を計測する »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ