« 光源屋さんが夢見たもの。 | トップページ | 900億画素 (90GPixel)のデジタル画像を得る方法 »

2017年4月20日 (木)

金属定規のJIS規格

Scale2

金属定規のJIS規格

http://kikakurui.com/b7/B7516-2005-01.html

1級:±[ 0.10 + 0.05 * (L/0.5) ]mm
Lはメートル単位の数字。
例えば、1メートルの場合、

± ( 0.1 + 0.05*(1/0.5) )
= ± (0.1+0.1)
= ± 0.2 mm

同様に、2級は
= ± 0.3 mm

オルソスキャナの絶対寸法精度は、1メートルあたり ±0.1mm 未満なので 金属定規のJIS規格値を達成しています。

http://www.imeasure.co.jp/ortho/ortho.html

オルソスキャナがテレセントリックレンズを使う利点は、スキャニング作業者に特殊な技能を要求しない事に特徴があります。
どなたがやっても、スキャン被写体を台に置くだけでこの寸法精度を達成します。
しかも、被写体が紙等の平面物だけでなく、立体物であっても寸法精度を維持する点が大きな特徴です。

デジタルアーカイブならオルソ画像 がこれからの時代のキーワードです。

<参考>

図面、地図や部品を±0.1mmの寸法精度で測りたい その方法

http://www.imeasure.co.jp/ortho/report.html

 

初出)アイメジャー公式facebook

« 光源屋さんが夢見たもの。 | トップページ | 900億画素 (90GPixel)のデジタル画像を得る方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/65173406

この記事へのトラックバック一覧です: 金属定規のJIS規格:

« 光源屋さんが夢見たもの。 | トップページ | 900億画素 (90GPixel)のデジタル画像を得る方法 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック