« 赤外線イメージスキャナ導入実績 【中国】 リンク先更新 2015-4-8 | トップページ | 消えた感熱紙のグラフを復元する »

2015年7月13日 (月)

消せるボールペンで書いて消えた文字を復元する

消せるボールペンは、万年筆で学ぶ習慣のあるフランスで爆発的にヒットして、総売上は4億本にもなっているそうです。

しかし、うっかりそうしたペンであることを知らずに書き込み、
受け取った方も、そうしたペンであることを知らずにうっかり加熱し
大切な申込み書の文字が消えてしまったとしたら困りますね。

事実、そのような事態に遭遇してしまいました。
大切な申込み書を自動車の中に置いた後、文字は読めなくなってしまっていました。

インターネット上の情報を調べて見ると、-20度に冷やすと再び文字が現れる可能性はあるようです。ドライアイスを当てれば文字が現れるかも知れません。

イメージスキャナでどうにか可視化してみようと調べた結果、紫外線蛍光イメージスキャナで完全に可視化できることが判りました。
左は、通常のイメージスキャナの画像。右は紫外線蛍光イメージスキャナの画像。

関連URL:
http://president.jp/articles/-/6641
http://www.imeasure.co.jp/products-flscan-jp.html
http://matome.naver.jp/odai/2139687384166966901

補足)

記事を読むと−20度で復元すると記載してありましたので、一般家庭の冷凍庫(製氷室)に入れてみました。10分ほどで、目に見える文字に復帰していました。

« 赤外線イメージスキャナ導入実績 【中国】 リンク先更新 2015-4-8 | トップページ | 消えた感熱紙のグラフを復元する »

スキャナ応用事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/61881641

この記事へのトラックバック一覧です: 消せるボールペンで書いて消えた文字を復元する:

« 赤外線イメージスキャナ導入実績 【中国】 リンク先更新 2015-4-8 | トップページ | 消えた感熱紙のグラフを復元する »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ