« 学会誌 書法漢学研究 第15号 2014年7月25日発行 に弊社赤外線イメージスキャナの話題が掲載されました | トップページ | 赤外線イメージスキャナ導入事例 リンク先更新 »

2014年9月14日 (日)

memo 展示会用商品の輸出輸入手続き 2014.9.9-13 Narita--Sydney

海外の展示会に商品の輸出入をしました。
備忘録としてメモします。

展示会用商品の輸出輸入手続き 2014.9.9-13 Narita--Sydney
○関税対策  輸出入の際に商品に税金がかかる。商品の欠品の無い展示会用途往復の場合 は、予めATAカル手続きを行う。  ATAカルネ手続きを行うことで関税がかからない。  日本商事仲裁協会のホームページ www.jcaa.or.jp <http://www.jcaa.or.jp/>
○商品の輸送手段  会社←→成田空港 160cm、25kg以内であれば、宅配便。 25kg以上は西濃運輸であれば対応可能。JALのABCカウンター留め。  飛行機 Qantasは、荷物重量上限 32kg/個まで。 今回は、160cm、25kg、2箱(スキャナ)(PC+LCD) Economyで手荷物重量30kgまで搭乗料金に含まれる。
今回はスーツケースを含め総重量63kgで33kgオーバー。
5kgx7=35kg分の超過料金を支払った。 行きは、大きな手荷物専用のX線検査装置を経由して積載。 着時(Sydney)は、ベルトコンベアとは別ルートの大きな手荷物のみ予め下ろされて別の場所に置かれていた。 帰りは、Over weight 専用のカウンターから荷物(スキャナ、PC)を預ける。 着(成田)は、なんとベルトコンベアに、荷物(スキャナ、PC)が流れてき た。少し不安。  Sydney空港→展示会場 タクシー$19のところ、手荷物大型3点で、$60だったた。少し渋滞気味で時間で追加料金が発生。 逆(会場からSydney空港)のは、$50。

以上。

追記)

5kgx7=35kg分の超過料金を支払った。
事前支払い分:25kg、$122/5kg = $610、往復で$1220(約12万円)
8kg分不足していたので、追加料金支払い。請求額 40,032円
超過料金 合計、約172,000-

次回へのメモ)
エコノミーとプレミアムエコノミーの航空運賃差は、8万円。
重量オーバー許容は、+10kg。
事前申込みで、$122/5kgなので、プレミアムエコノミーは、25,000円お得だが、重量超過料金を払った方がお得。 

以上

« 学会誌 書法漢学研究 第15号 2014年7月25日発行 に弊社赤外線イメージスキャナの話題が掲載されました | トップページ | 赤外線イメージスキャナ導入事例 リンク先更新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: memo 展示会用商品の輸出輸入手続き 2014.9.9-13 Narita--Sydney:

« 学会誌 書法漢学研究 第15号 2014年7月25日発行 に弊社赤外線イメージスキャナの話題が掲載されました | トップページ | 赤外線イメージスキャナ導入事例 リンク先更新 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ