« タンパク質定量と染色 | トップページ | facebook および twitter アカウント開始のお知らせ »

2014年1月21日 (火)

ポリアクリルアミドゲル電気泳動による血清及び尿蛋白の意義

http://www.jokoh.com/elp/lec/lec04/lec4.htm

第4回
特別講演
「ポリアクリルアミドゲル電気泳動による血清及び尿蛋白の意義」
東京医科歯科大学助教授 芝紀代子

1.はじめに

2.電気泳動の支持体

3.PAGEの分析方法
3-1 PAGの特徴
3-2 PAGとは
3-3 PAGの重合方法
3-4 PAGの濃度表示
3-5 スラブ(平板)電気泳動法
3-6 グラジエントゲル電気泳動法
3-7 ディスク電気泳動法
3-8 SDS-PAGEとは
3-9 SDS-PAG電気泳動法
3-10 分子量の測定
3-11 等電点電気泳動法
3-12 両性担体及びpIマーカー
3-13 二次元電気泳動法
3-14 タンパク染色剤
3-15 銀染色法
3-16 イムノブロッティング法

4.PAGEの臨床的有用性
4-1 ダブルアルブミン
4-2 アルコール性肝障害
4-3 リポ蛋白の分析
4-4 アルカリフォスファターゼアイソザイムの分析
4-5 ベーチェット病
4-6 尿蛋白の分析(1)
4-7 尿蛋白の分析(2)
4-8 唾液中の蛋白

« タンパク質定量と染色 | トップページ | facebook および twitter アカウント開始のお知らせ »

ゲノム・プロテオミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/58985134

この記事へのトラックバック一覧です: ポリアクリルアミドゲル電気泳動による血清及び尿蛋白の意義:

« タンパク質定量と染色 | トップページ | facebook および twitter アカウント開始のお知らせ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ