« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月25日 (木)

ISO 写真関連規格 一覧

国際標準化機構が定める国際標準一覧 より、「写真」関連のみ抜粋。
ISO 5 写真及びグラフィック技術
ISO 6 写真 - スチル写真用連続階調黒白ネガティブフィルム処理システム - ISOスピードの求め方
ISO 418 写真 - 処理薬品 - 硫酸ナトリウム(無水)の仕様
ISO 420 写真 - 処理薬品 - 臭化カリウムの仕様
ISO 422 写真 - 処理薬品 - N-メチルpアミノフェノールの仕様
ISO 423 写真 - 処理薬品 - ハイドロキノンの仕様
ISO 424 写真 - 処理薬品 - 炭酸ナトリウム(無水及び一水)の仕様
ISO 516 写真 - カメラ用シャッタ - タイミング
ISO 517 写真 - 絞り及び写真レンズに関する関連特性 - 名称及び測定値
ISO 518 写真 - 感光電球及びエレクトロニックフラッシュ用の電気接点付き及び接点なしのカメラアクセサリシュー - 仕様
ISO 519 写真 - 手持ちカメラ - フラッシュ結合部分の寸法
ISO 732 写真 - 120サイズ及び220サイズの写真フィルム - 寸法
ISO 897 写真 - ロールフィルム、126、110及び135サイズフィルム - 乳剤面の識別

続きを読む "ISO 写真関連規格 一覧" »

2011年8月23日 (火)

ガリレオ・ガリレイの異端審問の際の裁判記録 公開

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世によりガリレオの名誉回復

1992.

ーーー

http://www.yamaguchi.net/archives/006248.html

2008.12.21

ローマ法王ベネディクト16世は21日、バチカン(法王庁)での礼拝で、17世紀の天文学者ガリレオ・ガリレイの地動説について、「自然の法則は神の業に対する理解を促した」と述べ、同法王としては初めてガリレオの研究を公式に認めた。

ーーー

http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021501000340.html

2009.2.15

ローマ法王庁(バチカン)は15日、イタリアの科学者で天文学の父とされるガリレオ・ガリレイ(1564-1642年)をたたえるミサを死後367年たって初めて、ローマのサンタマリアデリアンジェリ教会で行った。

ーーー

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011081302000033.html

2011.8.13

ローマ法王庁(バチカン)の機密文書館が2012年に開設400年を迎えるのを機に、これまで門外不出だった同館所蔵の歴史的文書が来年2~9月に、ローマ のカピトリーニ美術館で公開される。約百点の展示品の中には、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイの異端審問の際の裁判記録も含まれる。

来年2〜9月、ローマでバチカンが保管するガリレオガリレイの裁判記録が公開される。 バチカンには、数百冊もの羊皮紙が蔵書されている。 羊皮紙は当時重さあたり、金よりも高額。 何度も綴じを解き、ブルーブラックインクを削ぎ落とし、再度編み直され、書籍として再利用されてきた。 重ねて書かれるため、重記写本と呼ばれる。 羊皮紙は、タンパク質。 タンパク質は、その成分から紫外線を照射すると蛍光発光する。 ただし、タンパク質は、ブルーブラックインクにより変質し、発光せず黒ずむ。 これを利用すると、紫外線蛍光画像により、過去の記録が浮き出てくる。。

続きを読む "ガリレオ・ガリレイの異端審問の際の裁判記録 公開" »

ゴッホが使った パースペクティブ・フレーム

目に見えないものを見る。

赤外線撮影で何が見えるのか。

典型的な応用事例です。

http://www.insyouha.jp/painting.html#painting

絵の具の下に隠れた線の意味は? フィンセント・ファン・ゴッホ 『クリシーの橋』 1887年、55 × 46.3cm、油彩・カンヴァス 明るい色彩と力強い筆のタッチの下に、四辺を取り囲む枠の線と、画面中央から延びる放射状と十字の線がかすかに残っています。赤外線で調査すると、下書きの線とともにはっきりと現れてきました。 この線はゴッホが「パースペクティブ・フレーム」(遠近法枠)という道具を使った証拠。四角い枠に糸を張り、おなじ線をカンヴァスに引いて、枠から見える風景を糸=線との位置関係に即して画面に描いていけば、風景を正確に描きとることができます。 生き生きとした色彩とタッチの下には、それを支える綿密な構図が隠れていたのです。

2011年8月22日 (月)

土門拳

土門拳は生前、故郷 山形県酒田市(さかたし)に自分の全作品を寄贈した

その作品の一部、300点が現在、長野県松本市の美術館で展示されている。

土門拳の昭和 長野県松本市美術館 2011.9.4(日)まで。

土門拳がファインダー越しに捕らえたものを時間軸で追っていく。
横須賀や土浦で整然と訓練に励む兵隊たち。

献身的に尽くす従軍看護婦のポートレート。

(そのまっすぐな左目を構図のセンターに置く天才土門。)
偵察機のプロペラを勢いよく回す兵隊。
東京の菓子屋の若旦那の出兵の様子。

送り出す若妻の気丈な顔。
そして敗戦。
進駐軍が占拠したビルの壁にかかる、太平洋戦争で亡くなった従軍カメラマンのポートレイト。

同じプロカメラマンとして土門はその米国人の顔に何を見たのだろう。
復興する銀座。
そして、ヒロシマに出会う。

マスコミにより隠蔽されてきたヒロシマのリアルに正面から向かい合った土門拳。
「原爆」により引き起こされた現実が戦後、隠蔽されてきたことに気づく。
それから土門は、被写体として敢えて被爆者を捕らえる。
被爆者は、土門のレンズの前にその素顔を晒す。
何故なら。。

続きを読む "土門拳" »

2011年8月16日 (火)

朝焼けや夕焼けを簡単にキレイに撮る

富士山登ってきた。ちょうど35年ぶり。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/p8140595.jpg

オリジナルサイズはこちら。 右上の + Original Sizeをクリック。

μTough-6020 っていうOLYMPUSの防水耐衝撃コンパクトカメラ。

プログラムオート「P」のままで、、

(1)カーソル↓4回 ±0,0を左に6回 -2,0 (これはEVのこと。つまり2絞り露出アンダーにして輝点(ここでは輝く雲)を飽和させない)

(2)カーソル↓1回 WB AUTO →晴天 (カラーバランスを固定する)

(3)カーソル↓1回 ISO AUTO →2回 ISO 80 (暗部ノイズを最小にする)

これであとは撮るだけ。

(補足:画素数をむやみに増やさないこと。μTough-6020は5百万画素が標準なのでそのままで撮影する。)

続きを読む "朝焼けや夕焼けを簡単にキレイに撮る" »

2011年8月10日 (水)

よく見る人間の肉眼の断面図は水平断面ですぜ

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/eye_fig_w360.jpg

page-24, 図2-1 人間の目
この断面図はウソだ。
重力方向が図上下方向だと樹木で言っている。
しかし、肉眼の断面図は、盲点を含めば水平断面だ。

(地上で普通に立っている人の肉眼の水平断面。)

せっかくイイ本なのに、生理学的知識の点で惜しいナァ。

CCD/CMOSイメージ・センサの基礎と応用
米本 和也 著
A5判 272ページ
定価2,730円(税込)
JAN9784789836265
2003.8.10発行

http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/36/36261.htm

cc.cqpub.co.jp/lib/system/document_download/1029/1/

CMOS イメージセンサのための蓄積時間・バイアス電圧自動調整システム

2007年

修士論文
CMOS イメージセンサのための蓄積時間・バイアス電圧自動調整システム
門馬太平
東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/44573/1/37056457.pdf

2011年8月 8日 (月)

アルマ望遠鏡 ALMA の光学分解能は 0.05 マイクロラジアン

アルマ望遠鏡 ALMA
http://s.nikkei.com/qXBMDb
今日の日経新聞の記事:
「大阪にある一円玉を東京から見分けられるほどの高い解像度」

○計算:
東京=大阪間を400kmとして、
1円玉が20mmですので、
角度は、20mm/400km [ ラジアン ]
= 0.05 マイクロラジアン

角度にすると、
0.05 マイクロラジアン * (180/pi())=2.86 * 10^(-6) 度
3600倍して、角度の[秒]なので、
0.010 秒角。

測定波長がサブミリ =0.1mmと仮定して、
有効径は、

0.1* 10^(-3) [mm] / 0.05 * 10^(-6) [radian]
= 2kmくらいなのかな。。
半径1km。

○参考記事
http://alma.mtk.nao.ac.jp/j/news/pressrelease/201108046252.html

光学解像度の理論限界

2011年8月 6日 (土)

CCDセンサが画像を取り込むしくみ FAQ編

CCDセンサが画像を取り込むしくみ

初心者からの素朴な質問6問に回答した事例をアップします。
(evernote EVERNOTE 整備していたら、いろいろ過去のlogが出てきた。)

まず、下記東芝CCD解説をざっと目を通してください。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/sensor/document/databook/ccd_databook.html

質問項目:

> 1、ランプで照射された原稿の文字をどのようにしてフォトダイオードが識別するのか?
> 2、レンズの役割
> 3、フォトダイオードは文字の違いによってどのような光の種類をどのような電荷に変えるのか。
> 4、A/D変換とは何か。
> 5、画素数ってのはフォトダイオードの数のこと?
> 6、TGは何をリセットするの?

続きを読む "CCDセンサが画像を取り込むしくみ FAQ編" »

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ