« CCDセンサが画像を取り込むしくみ FAQ編 | トップページ | CMOS イメージセンサのための蓄積時間・バイアス電圧自動調整システム »

2011年8月 8日 (月)

アルマ望遠鏡 ALMA の光学分解能は 0.05 マイクロラジアン

アルマ望遠鏡 ALMA
http://s.nikkei.com/qXBMDb
今日の日経新聞の記事:
「大阪にある一円玉を東京から見分けられるほどの高い解像度」

○計算:
東京=大阪間を400kmとして、
1円玉が20mmですので、
角度は、20mm/400km [ ラジアン ]
= 0.05 マイクロラジアン

角度にすると、
0.05 マイクロラジアン * (180/pi())=2.86 * 10^(-6) 度
3600倍して、角度の[秒]なので、
0.010 秒角。

測定波長がサブミリ =0.1mmと仮定して、
有効径は、

0.1* 10^(-3) [mm] / 0.05 * 10^(-6) [radian]
= 2kmくらいなのかな。。
半径1km。

○参考記事
http://alma.mtk.nao.ac.jp/j/news/pressrelease/201108046252.html

光学解像度の理論限界

« CCDセンサが画像を取り込むしくみ FAQ編 | トップページ | CMOS イメージセンサのための蓄積時間・バイアス電圧自動調整システム »

スキャナ構成要素デバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/52422451

この記事へのトラックバック一覧です: アルマ望遠鏡 ALMA の光学分解能は 0.05 マイクロラジアン:

« CCDセンサが画像を取り込むしくみ FAQ編 | トップページ | CMOS イメージセンサのための蓄積時間・バイアス電圧自動調整システム »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ