« IJPの歴史 | トップページ | え。nifty Timeline って終了しちゃったの? »

2011年6月28日 (火)

反射画像と透過画像を一度にスキャンしたい

ES-10000Gを特殊用途で使うと牛になること(笑)があります。

[1]反射原稿と透過原稿のプレビュー画面を共有できない。

[2]透過原稿モードに切り替えると、焦点位置がかってに+2.5mmとなる。


[1]の原因は、有効取込範囲が異なるためです。
反射:310x437mm
透過:309x420mm
反射原稿モードで取り込み範囲を決めた場所の透過画像も同時に撮りたい時に、とっても面倒です。
(1)反射モードでプレビュー → (2)取込枠設定 → 
(3)スキャン → (4)透過モードでプレビュー → 
(5)取込枠設定 → (6)スキャン。
6ステップ。プレビュー2回。

プレビュー画像の上に手動で取込枠を書くので、「同じ場所を両方のモードでスキャン」は簡単なことじゃない。

ましてや、1200ppiくらいでスキャンして反射と透過の画像差分を画像処理して解析したい、、なんて時困る。

じゃが、ぢつは、こんなに単純じゃアない。

[2]があるためです。
この原因は、透過モードは、フィルムフォルダに入ったフィルムをスキャンする、という前提となったソフトウェア(EPSON Scan)設計となっているためです。
4x5以上の透過原稿は対象外ってこと。

そのため、実際にはこうなります。
(1)反射モードでプレビュー → (2)取込枠設定 → (3)スキャン→
(4)透過モードでプレビュー → (5)取込枠設定 → 
(6)焦点位置を+2.5から0.0mmに手動で変更。
→(7)すると勝手にプレビューが始まる!→(8)スキャン。

8ステップ。プレビュー3回。

取込枠をうっかり消去してしまうと(2)〜(7)を再度行うことになります。
また、取込枠の複製をしても、焦点位置は2.5mmに戻ってしまうため、(6)〜(8)を行うことになります。

さらにさらに、取込枠の無いプレビュー自体を0.0mmに変更して準備したとしても、取込枠を新規に創ると なんと +2.5mmになる!

もォォ〜! EPSONさん! 牛になります。(笑)(%1)


さて、困った時はアイメジャーです。

アイメジャーの製品では、プレビューをやり直しせずに透過、反射モードの領域設定を可能としました。
まず、有効取込範囲を共通化します。
反射:305x406mm
透過:305x406mm

この改造は、非常に簡単にできますので、ご希望の方はお申しつけください。
また、ソフトウェアは、iMeasure Scanを使うことになります。

(1)反射モードでプレビュー → (2)取込枠設定 → (3)スキャン→
(4)透過モードに切替 →(プレビューは消えない!)(5)スキャン。
5ステップ。プレビュー1回。

(iMeasureScanは原稿位置が既知であれば、プレビュー無しでも
 スキャンができます。)

また、次のような高機能な製品もこの度、完成しました。
赤外線イメージスキャナのモードと
フルカラーイメージスキャナのモードの2モードを搭載しています。

従来、赤外線でスキャンする場合、レンズの焦点位置が可視光よりも遠くなるため、両モードで焦点が合致することは困難でした。
この問題も解決しました。
いずれのモードでも最適焦点位置となります。

また、従来、焦点位置の変更をすると、波長(可視光、赤外光)毎に倍率が異なる課題がありました。
この点もモード毎に倍率校正し、解決しました。0.1mm以下の精度で取込位置のズレが発生しません。

その結果、白色光源・赤外線光源いずれのモードでも、共通のプレビュー画面を使うことができます。

白色赤外線イメージスキャナの説明ページ

つまり、
(1)どれか好きなモードでプレビュー → (2)取込枠設定 → 
(3)一括スキャン
3ステップ。プレビュー1回。で4つの画像が生成されます。

一括スキャンで生成されるファイル群:
赤外線反射画像、赤外線透過画像、可視反射画像、可視透過画像の4つ。


もちろん、赤外線モードが無くても、ノーマルなフルカラースキャナでも、同じことができます。
有効取込範囲 反射/透過共通:305x406mm

 

(1)どちらか好きなモード(反射/透過)でプレビュー → 

(2)取込枠設定 → (3)一括スキャン
3ステップ。プレビュー1回。で2つの画像が生成されます。

一括スキャンで生成されるファイル群:
可視反射画像、可視透過画像の2つ。

現在、8ステップ。プレビュー3回だった作業が、このように簡略化します。

更に、これに紫外線蛍光モードを加えたモデルも製造可能です。
一括スキャンで生成されるファイル群:
赤外線反射画像、赤外線透過画像、可視反射画像、可視透過画像、紫外線蛍光画像の5つ。

イメージスキャナの進化は留まるところを知りません。

(%1)この「+2.5mm問題」の唯一の解決策は、設定保存です。

2.5mmから0.0mmにした枠を1つ書いた状態で、設定保存する。

するとこれを呼び出すだけで、0.0mmになった枠が現れます。

しかし、2つ目、3つ目と枠を創りたい時は。

それは、設定保存枠2、設定保存枠3と創っておけば良いのです。

でも設定保存の名称をeditできない。モォ〜。

« IJPの歴史 | トップページ | え。nifty Timeline って終了しちゃったの? »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

いちのせ様 
興味深いお話です。つまり、自社製のドライバーなら設定・書き変えができるということですか?

細かい話になるので、直接メールで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/52065838

この記事へのトラックバック一覧です: 反射画像と透過画像を一度にスキャンしたい:

« IJPの歴史 | トップページ | え。nifty Timeline って終了しちゃったの? »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック