« 実験報告 12億画素をスキャンする | トップページ | 実験報告 NIKON LS-1000 光学解像度 »

2011年3月 2日 (水)

新製品 白色・赤外線イメージスキャナの被写界深度

来月の展示会に出展する予定の新製品 マルチモードイメージスキャナの技術情報を公開します。

マルチモードイメージスキャナ(略称 MMS)に搭載されている、
・フルカラーモード、
・赤外線モード、
の2モード間での光学解像度特性(CTF特性)
のグラフを公開します。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/mms_ctf2.png

従来モデル(IR-4000)のグラフと比較してみてください。

改善点は、従来、フルカラーモードと赤外線モードにて、

焦点位置が、10mmほどズレていたのに対して、

両モードで焦点が合致する点です。

■従来モデル IR-4000 ベースの白色・赤外線イメージスキャナの

光学解像度特性グラフ。


白色・赤外線イメージスキャナの焦点位置について(pdf)

« 実験報告 12億画素をスキャンする | トップページ | 実験報告 NIKON LS-1000 光学解像度 »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/51013483

この記事へのトラックバック一覧です: 新製品 白色・赤外線イメージスキャナの被写界深度:

« 実験報告 12億画素をスキャンする | トップページ | 実験報告 NIKON LS-1000 光学解像度 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

最近のトラックバック