« シェーディング補正とは | トップページ | 新製品 白色・赤外線イメージスキャナの被写界深度 »

2011年3月 1日 (火)

実験報告 12億画素をスキャンする

この記事に関する最新情報はこちらです。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/2400ppi-9427.html

A3サイズ光学解像度2400ppiのイメージスキャナの画像ファイルサイズは?

2017年5月11日 (木)

=====

今回の実験目的は、果たして、ES-10000Gのフルスペックでスキャンしたらどうなるのか?です。

ES-10000Gの有効取込範囲、基本光学解像度、イメージタイプは下記の通りです。

有効取込範囲:12.2 x 17.2 inch(=310x437mm)
基本光学解像度:2400 pixel per inch (=11μm)
イメージタイプ:最大 48bit Color ( = 16bit x GRB)

画素数は、
W : 12.2 * 2400 = 29,280 pixel
H : 17.2 * 2400 = 42,200 pixel
で、12億画素となります。
1.2G pixel
16bitは2Byte、RGBで3倍、よって1画素あたり6Byteとなるので、
ファイルサイズは、pixel数*6Byteとなり、7.2GBとなります。

Photoshop以外の16bitファイルをサポートする標準書式は、TIFFファイルがありますが、TIFFの書式は、4GBまでサポートしています。
イメージタイプを24bit Colorとすれば、3.6GBとなりTIFF保存可能となります。

○結果1:
標準添付のソフトウェア『EPSON Scan』ではスキャンできませんでした。
下記メッセージが表示されてスキャニングを開始できません。
『画像サイズが大きすぎます。幅21000,高さ30000ピクセル以内になるように、解像度を下げるか、取り込み領域を小さくしてください。』

このメッセージは、48bit Color, 24bit Color, 16bit Gray, 8bit Gray全て共通でした。
つまり、標準添付のソフトウェア『EPSON Scan』からは、6.3億画素以上はスキャンできないということのようです。

○結果2:
Phtoshopプラグインから、EPSON Scanを呼び出してスキャンすると、スキャニングが【なんと!】完了しました。ただし、下記のメッセージが表示されます。
『クリップボード上のデータを読み込めません。予期せずにファイルの末尾に達しました。』
更に、ファイル保存しようとすると、下記のメッセージが表示されます。
『このドキュメントはTIFFファイルを保存する場合の4.00G 制限を超える可能性があります。
詳しくは、ヘルプトピック"画像の保存と書き出し"を参照してください。
続行しますか?』
ここで、「ビッグドキュメント形式」にすると保存できました。

■実験条件:
OS: Windows XP Professional Version2002 Service Pack3
EPSON Scan Version 3.49J
Adobe Photoshop CS2

« シェーディング補正とは | トップページ | 新製品 白色・赤外線イメージスキャナの被写界深度 »

ES-10000G」カテゴリの記事

スキャナ応用事例」カテゴリの記事

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

この手の実験大好きです。
なるほどES-10000Gでカメラ作ったら、
すごい物が出来そうですね!

YAKUさん
センサもデカイですからねエ。
そういう意味でもスゴイ物になりそうです。
Φ80mmのイメージサークルが必要ですよ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/51002712

この記事へのトラックバック一覧です: 実験報告 12億画素をスキャンする:

« シェーディング補正とは | トップページ | 新製品 白色・赤外線イメージスキャナの被写界深度 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック