« ナイフエッジで光学解像度 MTF を測る | トップページ | L*のガンマ »

2010年9月19日 (日)

Pixel value と density

ナイフエッジで光学解像度 MTF を測る フリーウェア

SFRedge_v6.exe のユーザーズガイド SFR-Edge_guide.pdf
を読んでいて、おかしなグラフが。。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/sfredge_gude_density.png

横軸は、チャートの光学濃度 Target density
縦軸はスキャンした値 Pixel value
このグラフがほぼ、素直な右下がりの直線になっている。
こんなスキャナはあまり見たことがない。

例えば、ターゲットディスプレイのガンマとして1.8を採用した場合、スキャナの入出力特性は、下記のグラフになる。(%2)
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/density_vs_pixel_gam18w370.png
gamma 1.8の場合は、
density 0.3 (反射率50%)で174
density 0.75(KodakGrayScaleの#M)で98が目安です。

変だなあと思って、ユーザーズマニュアルとセットで解凍フォルダに入っているサンプル画像 QA-61.jpg (%1)

の解析結果を調べて見ました。
結果は、下記です。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/screen_q61_density.png

ということで、サンプル画像は、ガンマ1.8相当の画像であると解り安心しました。

それにしても、Single Edge のみでもMTFを計算できるこのエッジによるMTF算出手法は、輝度(入出力特性)について、考慮していないとも言える。
どういうことなのだろう。。不思議です。

%1)サンプル画像 QA-61.jpg

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/qa61.png

%2)ターゲットガンマ1.8のイメージスキャナにてスキャンされた光学濃度パッチの値は、以下の計算式となります。

pixel value = 255 * 10^( (-1 * density)/1.8 )

« ナイフエッジで光学解像度 MTF を測る | トップページ | L*のガンマ »

デジタル画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/49492707

この記事へのトラックバック一覧です: Pixel value と density:

« ナイフエッジで光学解像度 MTF を測る | トップページ | L*のガンマ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ