« Pixel value と density | トップページ | イメージスキャナを色彩色度計に使う »

2010年9月20日 (月)

L*のガンマ

以前、sRGBのガンマ値をグラフにしたことがありました。
「sRGBのガンマは2.2」ってのは本当?


結論は、上記の通りで、入力値(反射率、透過率、輝度値いずれでも良いのですが、最大を1.0と規格化して)に対して、sRGBのガンマ値は、上記の様な曲線になっています。
およそ、2.2と言えるかどうかは、ユーザーが判断すれば良いと思います。

同じように、L*とはガンマいくつか? という疑問に対し、同様にグラフにしてみました。
ご存じの通り、L*はCIEが定めた明度であり、肉眼の入出力特性として定義されています。式は
L*=116((Y/Y0)^(1/3)) - 16
Y/Y0を0.0~1.0の反射率として計算し、gamma = (logY2-logY1)/(logX2-logX1)
としてプロットします。
以下、結果です。

(縦軸は、Photoshop のレベル補正の値に準じ、target display gamma という通常の使い方とし、>1.0の値にするために、グラフでは、上式で得たgammaを逆数にしてからプロットしています。)
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/ref_lgamma.png
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/lvs_lgamma.png
横軸を反射率の場合と、L*の場合で2つグラフを作ってみました。
この結果は、なんと ハイライト域では、2.5〜2.6という結果でした。
中間調域(L*=50)では、およそ 2.2です。

« Pixel value と density | トップページ | イメージスキャナを色彩色度計に使う »

デジタル画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/49510276

この記事へのトラックバック一覧です: L*のガンマ:

« Pixel value と density | トップページ | イメージスキャナを色彩色度計に使う »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ