« ES-10000G寸法精度の温度依存性 | トップページ | 特許 きた〜! »

2010年7月 8日 (木)

キャリッジロックしないで運ぶと大変なことに!

先日実験に使ったES-10000Gを分解したら、なんとキャリッジの浮き防止部品

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/carridge_broken1.png

が破損していた。
あちゃ〜。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/carridge_broken2.png

s/n=FVR0000909

キャリッジロック(固定)せずに宅配輸送を繰り返すと、折れてしまうようです。

みなさん輸送前には、かならず、キャリッジロック(固定)しましょう。

■ これで安心! ES-10000Gのキャリッジロック方法

○反射モード専用機編

1.AC100V電源ケーブルを接続する。

2.電源を入れる。

3.[READY]緑ランプ点滅中 待機する。

4.[READY]緑ランプが連続点灯(光ったままになる)となるまで待つ。

5.電源を切る。

6.AC100V電源ケーブルを引き抜く。

7.キャリッジロックを[Lock]側にスライドする。下図参照。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/carridge_lock_photo.png


■ A4サイズ機種のキャリッジロック

GT-9500 , GT-9600, ES-2000, ES-2200 のキャリッジロックは、スキャナ本体背面(電源ケーブルを接続する面)に有ります。
以下の写真を参考に、輸送前には必ず LOCK 側にスライドして 光学ユニット(キャリッジと呼びます)を確実に固定してください。

Locka4

« ES-10000G寸法精度の温度依存性 | トップページ | 特許 きた〜! »

ES-10000G」カテゴリの記事

スキャナのしくみ」カテゴリの記事

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/48826846

この記事へのトラックバック一覧です: キャリッジロックしないで運ぶと大変なことに!:

« ES-10000G寸法精度の温度依存性 | トップページ | 特許 きた〜! »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック