« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ドロップアウトカラー

スキャナの光学解像度能力をギリギリまで引き出したい!
と言う時に、1つのTipsですが。

レンズには、必ず色収差があります。
ニュートンが発見したあれです。
ガラス中を進む光は波長によって速度が異なります。
このため、斜めに入射した光は、青い光ほど曲がって進みます。

30人31脚の波面が、^^)空気中から斜めにガラス中に突入すれば、
ガラスに入ったところから、足取りが遅くなり、波面が傾く、のは想像できる。

レンズ設計者の腕の見せ所は、使用波長範囲(青〜赤)にて、いかに像面
(ES-10000Gのセンサでは、なんと 80mmもセンサ長があります。
 35mm用レンズなんてカワイイモノです。)
全域で波長に依存せずに、同じ場所に結像するか、が重要な機能です。

でも、
入力被写体が、白黒線画、白黒写真、銀塩写真、製版フィルムなど元々色が無いことが予め解っているのであれば、グレースケールにて、ドロップアウトカラーの緑
を使うことをお奨めします。

何故か。
イメージタイプの「グレースケール」は、視感度を忠実に再現しようとして、RedやBlueの成分も加味されています。
グレースケールを選ぶと、色収差分も加算平均されます。

しかし、レンズの最高光学解像能力は、Green波長に合わせ込んであります。
(視感度が最も高い色のため)

EPSON Scanには、かつてドロップアウトカラーという優れた機能がありました。でも何故か、途中から機能搭載を止めてしまいました。

でも最近復活したことを知りました。
もしお使いのEPSON Scanのバージョンが古くメニューに
グレースケール/ドロップアウトカラー
が無いようであれば、最新版(3.4X以上)をお奨めします。

しかし、、、、
なんと残念なことに、ドロップアウトカラーを復活させたのは、反射モードだけだったのです。(最近知りました)
透過モードでは、何故かドロップアウトをサポートしていない。
な。。なんということだ。

デジタルアーカイブしようと銀塩写真乾板ネガをスキャンしようとしても、ドロップアウトが無いってことは、何を考えているのでしょう。
EPSON! 用途を調査しましょう。
せっかく機能復活させたのにもったいない。
と思うわけです。

で、
iMeasureScanには、透過モードもドロップアウトカラー、、

『あるよ!』

(ドラマ『ヒーロー』のあの人の語り口調で。。笑)

2010年5月30日 (日)

日本写真学会に行ってきた その2

自分の発表の後、興味深い講演を幾つか拝聴したので、簡単にご報告します。
正直、おもしろかったです。

■ナノクリスタルコート NIKON

村田剛さん@NIKON のナノクリスタルコートをゾルゲル法で作成し、半導体露光装置用レンズ、カメラ用レンズ、顕微鏡レンズ全てに採用できたという話は非常におもしろかったです。

技術的な極めつきは、「屈折率を任意に制御し、しかもゾルゲル法」だってのが驚きです。
真空装置で酸化膜層を作る工程に較べて格段に安価になります。

■自分の肉眼の網膜上の血管を観察する!

井澤正徳先生@電気通信大学 の実例を存分に盛り込んだ視覚の講演も初めての体験が多くて驚きの連続でした。

あんなに簡単に自分の肉眼の網膜上の血管を観察できるとは。
(あとでやり方書く予定。)

■映画館に導入されている3Dの方式(原理)説明

富士写真フィルム の方の、映画館に導入された3Dの方式と実績の話もおもしろかったです。既存の投影機を利用して、3D映画上映可能なシステムを富士写真フィルムが開発した経緯も良くわかり興味深かった。

富士写真フィルムが、既存の映画館の投影機を利用できて、
フィルムとレンズとスクリーンのみを3D対応させると
3D映画を見ることができるシステムを開発した。(2000.5.2 既報)
この仕組みが良く解った。設備投資は、フルデジタル3Dに較べて1/10のコストで済むため、国内はこの方式が3D映画館に普及するのではないかな。

■水中キューブ内に立体動画を映し出す。

年吉(としよし)先生@東京大学の講演は圧巻でした。
Kさん よくぞ呼んでくれました!

MEMSで有名な先生ですが、あれほど広範にいろんな課題に挑戦されて、実現している方で、しかもあんなに 若い方 とは知りませんでした。

実験室での実験治具にコクヨの(?)金属クリップを必ず使っているってのが想いが伝わってきます。今は、安価な緑色レーザーが登場すると、MEMSを使ったプロジェクターの市場がまた一段と活気を帯びる「待ち」のタイミングであることが解りました。

iPhoneやiPodの何世代か後にオプションか、内蔵されるのでしょうか。

私が一番すごいと思ったのは、直径5mmのカテーテルの中に入れるMEMSイメージスキャナでした。しかもエネルギー供給源は光エネルギーだけ。太陽電池を内蔵してカテーテル内で発電し、MEMSを揺らし、これに取り付けたミラーでX−Y方向にレーザーを振らす。

私の母が狭心症疑いでこないだ手術したため、非常に身近で切実なテーマだと感じます。

応援したい優秀なエネルギッシュな先生でした。
年吉(としよし)先生がんばれ!

日本写真学会に行ってきた その1

日本写真学会へ行ってきました。

お知らせblogでご案内した:日本写真学会年次大会で発表します。

の発表に行ったのが第1の目的。

内容は、OrthoScan の概要と最新のシステムの簡単な報告でした。

持ち時間20分(質問時間抜くと15分)で実際にスキャンで得られた土器画像まで見せたので大忙しでした。

せっかくプレゼン資料を整えたので、概要をここでもお伝えします。

■オルソ画像とは何か。
まずそもそも、「オルソ画像」とは何か。ですが、
これは、正射投影画像、orthogonal でして、
例えば、ビルをヘリに乗って地上から眺めた画像が普通の画像。
人工衛星から撮影するとオルソ(に近い)画像。
と言えば解りやすいでしょうか。
模式図と実際に「円筒」を撮影した事例が下記の画像です。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/telecentric.png

デジカメやビデオカメラで人の顔を近づいて撮ると両耳は頬の陰に隠れて見えませんよね。

オルソ画像ではこれが見えるというわけです。

続きを読む "日本写真学会に行ってきた その1" »

2010年5月14日 (金)

rolling shutter と global shutterってのがあるらしい

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/img_0736_iphonecam.png
以前、iPhoneで飛行機のプロペラを撮影した時に不思議な映像が撮れてなんだろとおもっていたんだけど、rolling shutter と global shutterってのがあるらしい。

続きを読む "rolling shutter と global shutterってのがあるらしい" »

2010年5月 7日 (金)

GELSCANにてスキャンした48bitフルカラー画像をImageJで画像処理する手順

GELSCANにてスキャンした48bitフルカラー画像をImageJで画像処理する手順。

■通常の処理

(1)ImageJを起動します。

(2)画像を開きます。
    File > Open...

(3)自動露出
    Image > Adjust > Brightness/Contrast...

(4)B&Cダイアログ下の[Auto]ボタンを押す。

(5)JPEGで保存する
    File > Save As > Jpeg...

■16bitの白黒画像で保存したい場合

(6)全範囲を選ぶ
    Edit > Selection > Select All

(7)コピーする
    Edit > Copy

(8)新規画像作成
    File > New > Image...
    Type : 16-bit
    Fill With : White ←バックを白地に、蛍光発光を黒くしたい場合
    Width : 777pixels ←現在開いている画像ファイルの情報を参照し、
            同じ画素サイズにします。
    Height:794pixels

(9)ペースト
    Edit > Paste

(10)画像保存
    File > Save

(11)自動露出
    Image > Adjust > Brightness/Contrast...

(12)B&Cダイアログ下の[Auto]ボタンを押す。

(13)JPEGで保存する
    File > Save As > Jpeg...

補足:
%1:チャンネルの変更
 今回は、Redチャンネルに注目しています。
 もし、同様に、Greenチャンネル(やBlueチャンネル)について処理したい場合は、
 (3)自動露出
 を実行する前に、
 開いている画像ダイアログの下端のスライダーを中央に移動します。
 これで、画像処理ターゲット色チャンネルがGreen(緑)になります。
 開いている画像ダイアログの下端のスライダーを右端に移動すると
 画像処理ターゲット色チャンネルがBlue(青)になります。
 後の処理は同様です。

%2:Fill With : White ←バックを白地に、蛍光発光を黒くしたい場合
 バックを通常通り、黒地にしたい場合は、Fill With:Blackを選択します。
 ImageJの反転は、Look Up Tableを使って反転(Invert)していますが、
 解析を行う際には、元データの値を変更していません。
 つまり、みかけ、白地で値の大きい場所が黒くなりますが、
 plot profileにて値をグラフ化すると、みかけと異なり、元データの値のまま解析されます。
 この機能がImageJの優れたところです。

Windows で PCが遅くなった原因を解析する方法 1

1.Windowsタスクマネージャを起動する。
・次のキーボードキー3つを同時に押す。
    Ctrl+Alt+Delete

2.Windowsタスクマネージャの[プロセス]タブを開く。
[アプリケーション|プロセス|パフォーマンス|ネットワーク|ユーザー]
とタブが5つあると思います。
[プロセス]タブをクリックします。

・列のメモリ使用量をクリックする。
※イメージ名|ユーザー名|CPU|メモリ使用量
と表示されていると思います。

3.スクリーンショットを撮る
・次のキーボードキー2つを同時に押す。
    Shift + PrintScreen
※PrintScreenキーは、Insert /Deleteキーの上にあります。

4.描画ソフトウェア「ペイント」を起動する
・スタート > すべてのプログラム > アクセサリ > ペイント

5.スクリーンショットを画像保存する。

・編集 > 貼り付け
・ファイル > 名前を付けて保存
 マイドキュメント> マイピクチャ

以上

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ