« イメージスキャナ用ラインセンサのマイクロレンズの異方性 | トップページ | 日本発の光技術 実用化へ »

2010年3月11日 (木)

デモ品のケース設計

A3サイズスキャナの製品群が充実してきたので、そろそろA3スキャナ用のデモ品(レンタル品)貸出用の箱を作ろうと検討始めました。

A4の時には、結構カッコいいのができて満足しています。

このメーカーにA3も作ってもらおうかと思っていましたが大きな問題があり、検討を止めていました。
宅急便の重量制限が ホントは、25kgなのです。
スキャナは、本体だけならいいのですが、透過原稿ユニットを取り付けた状態では、20kg弱となります。これにケースを加えると、25kg以下が結構危うい。

そこで、仕事でお付き合いのあるクライアントさんに、厚手のダンボールで通い箱を設計してくれる会社を紹介して頂きました。
完成したらまたご報告します。
対応もきめ細やかです。

■完成しました。(2010/04/20追記)

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/scanner_case1.png
梱包箱外観。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/scanner_case2.png
スキャナを入れた状態。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/scanner_case3.png
スキャナを抜いた状態。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/scanner_case4.png

バンドは、底を通らず内部を通すようになっているので、バンドを痛めない。

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/scanner_case5.png
取っ手は、ビニールで覆われていて埃が内部に入らないようになっている。

重量は、26.8kgとなり、ぎりぎりアウト!
外寸は、3辺合計で170cm、こちらも宅配便max160なのでアウト!

もう少し、小さくする予定です。

« イメージスキャナ用ラインセンサのマイクロレンズの異方性 | トップページ | 日本発の光技術 実用化へ »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

完成しました。
重量オーバーしてしまいました。
再設計する予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/47781218

この記事へのトラックバック一覧です: デモ品のケース設計:

« イメージスキャナ用ラインセンサのマイクロレンズの異方性 | トップページ | 日本発の光技術 実用化へ »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

最近のトラックバック