« ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か? | トップページ | 自炊技術Wiki > スキャニング »

2009年10月 6日 (火)

Microvision SHOWWX

根津 禎=日経エレクトロニクス

 米Microvision社は,レーザを光源に用いる超小型プロジェクター(ピコ・プロジェクター)「SHOWWX」を発売する(ニュース・リリース)。「製品の出荷は数週間のうちに始まる予定」(同社)である。LEDを光源とするピコ・プロジェクター単体や,デジタル・カメラに内蔵するタイプのものは既に実用化されている(Tech-On!関連記事1)。今回のようなレーザを光源とするピコ・プロジェクターを発売するのは「世界で初めて」(同社)とする。

 

レーザ光源とMEMSミラーを組み合わせたピコ・プロジェクター

台湾Asia Optical社へのピコ・プロジェクター向け光学エンジンの生産委託

米Corning社からキー・デバイスとなる緑色レーザの供給を受ける

ーーーーー

MEMSの技術は1970年代後半に注目されはじめ、半導体メーカーのTI(テキサス・インスツルメンツ)(修正)が精力的に開発を行っていた。

当初から、ミラー駆動による映画上映装置を念頭に置いていて、その開発の模様を日経エレクトロニクスで読んだ私は、遠い未来のような気がしていたけど、気付いてみるとシネマコンプレックスは全てこの方式になってしまいました。

Microvision社の製品は、高値でプロジェクターを販売していたメーカーには脅威でしょうね。

今日から始まったCEATEC JAPAN 2009で展示されているとのこと。

■ DLP関連URL:
http://www.dlp.com/regional/jp/technology/what.aspx

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN_LEAF/20050528/105193/

ーーーー

■追記 2010.2.16

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0910/07/news080.html
日立、「フォーカスフリー」の超小型レーザープロジェクター
日立製作所が「小型軽量」「フォーカスフリー」といった特徴を持つ、超小型レーザープロジェクターを展示している。
映像信号をRGBのレーザー光とした後、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)ミラーによって2次元スキャンし、映像を投影する。

ーーーーー

・レーザー光をMEMSミラーで直接位置制御するため、従来のレンズ系を使用しない。

そのため、レーザーの持つ被写界深度の深さをそのまま生かせる。

ノートパソコンにプレゼン用プロジェクタが内蔵される日も近い。

« ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か? | トップページ | 自炊技術Wiki > スキャニング »

デジタル画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/46411484

この記事へのトラックバック一覧です: Microvision SHOWWX:

« ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か? | トップページ | 自炊技術Wiki > スキャニング »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック