« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月15日 (火)

ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か?

長野県松本市の美術館で9月27日まで行われいる展覧会
『絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡』
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/artmuse/p3/p3-html/p3-kikaku03.html
行ってきました。

~~~~~

http://event.yomiuri.co.jp/jaam/shows/s_063.cfm
2009年10月24日(土)〜12月20日(日)  名古屋市美術館

で引き続き開かれるようです。

~~~~~

1時間程度あれば十分かなと思ってたら、ものすごいボリュームがあり、結局2時間半ほど屯しておりました。

番号は今回の企画展用に美術館が付けた番号です。
印象に残った展示品リストをメモがわりに。

■P2-14 J.C.ビュットル ダゲレオタイプ写真からの彫版(1855年)東京富士美術館所蔵
今回の展示会で私は初めて知ったのですが、1839年に発明された写真技法は2つあった。
1つは、フランス、 ダゲレオ(Daguerreo)により発明されたダゲレオタイプ(Daguerreotype)。
もう1つは、イギリス、タルボット(Talbot)により発明されたカロタイプ(calotype)。
ダゲレオタイプは、銀板に1枚だけ制作されるポジ。
カロタイプは、撮影した原板は、ネガのため、何枚も複製ができる。

ダゲレオタイプ写真が何故ポジなのか、考えていた。
「銀板上に焼き付けられたポジティブ画像」「ダゲレオタイプに使う銀板は不透明であるから、感光面側から像を鑑賞する形となり、左右が反転した像を見ることとなる。」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%B2%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97)
つまり、
光沢鏡面上の銀板の金属表面に、光が当たったところだけ、Ag(銀)を析出させる。
光が当たらなかった場所は、(金属)鏡面のまま。
光が当たった場所は、Agの粒が光を散乱させ『拡散光』となる。

ここで、照明が鏡面反射しない角度で観察をすると、拡散光の部分は白く見える。

なので ダゲレオタイプはポジ。

何故こんなことを考えていたかというと、
「ダゲレオタイプ写真からの彫版」が「ネガ状態」で展示されていたからだった。
髪の毛は白く、顔は黒い。

こんなものが商品として流通していたとは思えない。なんか変だなあ。。

と気になってずっと眺めながら、上記のようなことを考えていた。
「何故タゲレオタイプはポジなのか。」と

そして気づいた。
これは、間接照明された壁の光を使って、「光沢鏡面反射」で観察すべき作品なのだ。見る角度を変えて、照明で白くなっている壁がが、作品に反射して写り込むようにのぞき込むと、ほら!見事に顔が白く、髪の毛が黒くなり、まるでそこに写真があるように浮かび上がった。

恐らく、
「接触などによって銀板上に定着した像が壊されやすいのもダゲレオタイプの欠点の一つである。ガラスなどで保護するなどの対策が必要となる。」
ということで、その対策として、「ダゲレオタイプ写真からの彫版」は生まれたのでしょう。
銀板に写真を撮り。
けがき針で直接、光の当たらなかった鏡面を像に沿ってなぞりながら削る。
最後に、露光で付着した銀を全て拭き取って、できあがり。(たぶん。。)

日本のような直接照明部屋ではなく、壁が間接照明されていたからこそ生まれた技法なのかも知れません。

美術館は、これに気づいていなかったようなのでそこに居らした職員に伝えた。
一生懸命ご自分でも検証した後、メモされていた。
さて、あと2週間で展示方法を変えるかどうか。
どなたか確認してみてください。お願い。

そういえば、思い出したけど、白黒ネガのガラス乾板も乳剤面側から観察して、背景を黒布にすると、露光した銀が光を拡散し、露光しなかった透明ガラス部は背景の黒に見える。するとネガのガラス乾板なのにポジに見えます。

ガラス乾板を手にしたらぜひ一度トライしてみて下さい。

結局、「ネガ」か「ポジ」かは、照明(観察)条件とセットなわけですね。

続きを読む "ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か?" »

2009年9月14日 (月)

サイアロン 温度上昇による色変化の少ない3原色タイプの白色LED

現在流通している白色LEDは、Blue発光の(GaN系)LEDによって、Yellow蛍光体を光らせているタイプ。
もちろん、GaNは例の中村修二さんの開拓した化合物。

これをスキャナに使うと、1つ課題がある。
それは、Blueの光量の温度依存が比較的低い(つまり、点灯初期〜連続点灯後も光量が安定している)のに対して、Yellow蛍光体が温度上昇とともに発光効率が低下する。その結果、白色点が次第に青にずれていく。
色再現でいえば、色温度が高くなる。

これがかなり問題。

でちょっと救世主が現れたかも。

ーーーーー
電気化学工業は2009年9月11日,黄色の「α−サイアロン」や緑色の「β−サイアロン」など白色LED用サイアロン蛍光体を販売し,蛍光体事業に参入すると発表した

 PDF形式の発表資料 

http://www.denka.co.jp/file/topics/2009-0911-02.pdf

サイアロン 

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060519/117283/

はSi3N4のSiの一部がAlに,Nの一部がOに置き換わったもの。

2009/09/11 19:51
久米 秀尚=日経エレクトロニクスより。

ーーーーー

続きを読む "サイアロン 温度上昇による色変化の少ない3原色タイプの白色LED" »

2009年9月11日 (金)

SilverFast Multi-Exposure

マルチスキャンで検索していたら、懐かしのソフトの名を見つけました。

http://www.silverfast.com/highlights/multi-exposure/jp.html

1995年ごろ、ヨーロッパ(ドイツ?)のメーカーであるSilverFastは、世界に販売されているイメージスキャナをターゲットに、印刷屋のノウハウをデジタルソフトウェアに搭載することで、汎用イメージスキャナソフトの地位を確保しました。
EPSONでも、フラッグシップモデルのバンドルソフトとして、欧米ではスキャナと一緒に販売されていました。

ドイツの職人気質が生み出すソフトウェアのGUIや機能に惚れ込んだものです。

このページ、日本語訳がちょっと変ですが、Multi-Exposureって、何回までスキャンできるのだろう。。?
技術的には、1990年代初頭に、NikonがCoolScanのフィルムスキャナ用ソフトウェアでやった、「マルチサンプリング機能」が最初だと思います。

http://www.imeasure.co.jp/pdf/NihonGazouGakkai.pdf
6.5マルチサンプリング

SilverFastの文章を読むと、「マルチサンプリングとMulti-Exposureは違う」と明言しているけど、ホントかなあ。。^^;)

圧巻は、Independent Test Reportsという
Image Engineering Test Lab,
によるダイナミックレンジの評価報告です。
Nikon
EPSON
Canon
のスキャナがテストされています。
結論は、
Nikon LS-5000:3.53D → 4.24D
EPSON Perfection 4990 Photo : 3.11D→3.33D
EPSON Perfection V700 Photo : 3.10D→3.38D
Canon CanoScan 8600F : 2.89D→3.62D
詳細まだ読んでいませんが、
OD:4.53までの、24ステップのテストチャートを使って評価しています。
2007.2.6の報告書です。
すばらしい。

このように、イメージスキャナも、光学解像度やOD値について、
メーカー依存しない技術報告を行うしくみが必要ですね。

続きを読む "SilverFast Multi-Exposure" »

2009年9月 9日 (水)

ImageJ 48bit Color TIFFデータを料理する

久々にImageJの解説シリーズをやってみます。

こんなケースを想定しています。
生データは、48bitカラーをTIFFで取ってあって、いろんな解析や画像処理をして、計算したり、綺麗な画像を論文に嵌め込んだりする。
(この程度であれば、もうPhotoshopを立ち上げる必要はありません。)

今回説明する作業の流れ。

48bit TIFF(R,G,B各色16bit)の画像を処理します。
・Greenチャンネルのみを拾い出し、
・適当な明るさに調整して、
・白黒反転して、
・JPEGファイルで保存する。
といった作業の流れを適当に説明を加えながら書いてみようと思います。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/screen1.png
具体的には、上記左の画像から上記右の画像を作ります。
(GELSCANを使って得た、48bitの生画像データから、
 論文発表用に綺麗な反転画像を作るケースを想定しています。)

■今開いているファイル上端に表示されている情報

まず画像の状態を確認します。
開いたファイルの上端部には、
1/3(Red);9.90x16.94 inches (2969x5082);16-bit;86MB
とあります。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/image_info.png

1つづつ見ていきます。

【1/3(Red)】
これは、RGB3つの色チャンネルの内、「今 Redを操作している」という意味。
一番下のスライダーを右に動かすと。
2/3(Green)
3/3(Blue)
と表示が変わります。

Photoshopでは、色毎の操作は、チャンネル表示に切り替えてから、操作を行います。ImageJでは、フルカラー画像を見ながら、色チャンネルだけに操作を加える作業をします。
Photoshopライクに、色チャンネル毎にグレースケール表示したい時には、Image>Type>RGB Colorとして24bitカラーに変えてから、
Image>Type>RGB Stack とすることで、色毎のグレースケール表示となります。

【9.90x16.94 inches】
これはスキャンした対象の寸法をインチで表示。
1インチ=25.4mm

【 (2969x5082)】
これは画素数。約1500万画素。
1000x1000が百万。
万x万が1億。
3千x5千なら、15x百万なので、1千5百万。

【16-bit】
これは、1pixelのビット数。
16bitデータなので、65536階調。(=2^16)

【86MB】
これは、ファイルサイズ。
8bitであれば、1500万画素は、15MPixelなので、15MByte
(1 Byte = 8bit )
16bitなので、2倍の30MByte
フルカラーなので、3倍の90MBとなります。

■スキャンした解像度も判ります。

Analyze>Set Scale...
とやると、
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/resolution.png
Distance in Pixels:300
Known Distance:1.00
Pixel Aspect Ratio:1.0
Unit of Length:inch
とある。

これで、1インチあたりに300pixelの解像度であることが判ります。

つづきます。。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ