« SilverFast Multi-Exposure | トップページ | ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か? »

2009年9月14日 (月)

サイアロン 温度上昇による色変化の少ない3原色タイプの白色LED

現在流通している白色LEDは、Blue発光の(GaN系)LEDによって、Yellow蛍光体を光らせているタイプ。
もちろん、GaNは例の中村修二さんの開拓した化合物。

これをスキャナに使うと、1つ課題がある。
それは、Blueの光量の温度依存が比較的低い(つまり、点灯初期〜連続点灯後も光量が安定している)のに対して、Yellow蛍光体が温度上昇とともに発光効率が低下する。その結果、白色点が次第に青にずれていく。
色再現でいえば、色温度が高くなる。

これがかなり問題。

でちょっと救世主が現れたかも。

ーーーーー
電気化学工業は2009年9月11日,黄色の「α−サイアロン」や緑色の「β−サイアロン」など白色LED用サイアロン蛍光体を販売し,蛍光体事業に参入すると発表した

 PDF形式の発表資料 

http://www.denka.co.jp/file/topics/2009-0911-02.pdf

サイアロン 

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060519/117283/

はSi3N4のSiの一部がAlに,Nの一部がOに置き換わったもの。

2009/09/11 19:51
久米 秀尚=日経エレクトロニクスより。

ーーーーー

日亜化学工業 白色LED
http://www.nichia.co.jp/specification/jp/led_09/NS9W153MT.pdf
http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/nichia_whiteled_ns9w153mt_spectrum.png

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/nichia_whiteled_ns9w153mt_temp_vs_xy.png

« SilverFast Multi-Exposure | トップページ | ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か? »

スキャナ構成要素デバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/46212727

この記事へのトラックバック一覧です: サイアロン 温度上昇による色変化の少ない3原色タイプの白色LED:

« SilverFast Multi-Exposure | トップページ | ダゲレオタイプ写真は『ポジ』か? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ