« スペクトロメーター(分光器)を買いました その2 | トップページ | 絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡 »

2009年8月25日 (火)

SONY デジカメの加算平均による光ショットノイズ低減機能

「裏面照射型構造」で開口率を上げるだけでなく、
「加算平均」機能を搭載したようですね。

ーーーーー

2009年8月6日
ソニー “サイバーショット”『DSC-WX1』『DSC-TX1』
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200908/09-0806/
3. 暗所撮影時のノイズを最大で従来比約1/4に低減する「手持ち夜景モード」を搭載

「手持ち夜景モード」では、高速連写した6枚の画像を、高速・高精度に重ね合わせて1枚の画像を生成することにより、暗所撮影時に発生するノイズを約 1/2に低減することができます。“Exmor R”搭載により、ノイズの発生そのものを約1/2※7に抑制するため、「手持ち夜景モード」の使用により、ノイズを従来比約1/4に低減した美しい夜景な どの撮影が可能です。

※7    同画素以上、同サイズの撮像素子搭載の当社従来機種との比較。静止画撮影時。
ーーーーー

天文の世界では、アナログの時代から、「コンポジット法」と言って、惑星写真の画像をより低ノイズにするために複数枚撮影した画像を印画紙に焼き付ける際に、重ね合わせる手法がありました。

デジタルになってからは、Nikonがフィルムスキャナ CoolScanのドライバソフトで「マルチスキャン」を16回まで対応したのが、知っている限り最も古いかな。

天文の世界では、更に、ちょうど10年ほど前に、Registaxというとんでもないフリーソフトが現れて、アマチュアが撮影する惑星写真に革命が起きた。
光ショットノイズを低減するために、加算平均するのはもちろんだけど、動画中のシャープな画像だけを選んでサンプリング加算する作業を自動で行う優れもの。
かつて、「パロマー天文台写真」で見ていて様な惑星写真が、数万円の安価なWebカメラとRegistaxで取れるようになっちゃったんだからすごい。

関連記事:

検出光学濃度限界に挑む

2008年3月21日 (金)

« スペクトロメーター(分光器)を買いました その2 | トップページ | 絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡 »

デジタル画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/46024713

この記事へのトラックバック一覧です: SONY デジカメの加算平均による光ショットノイズ低減機能:

« スペクトロメーター(分光器)を買いました その2 | トップページ | 絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ