« スペクトロメーター(分光器)を買いました | トップページ | 紫外線蛍光イメージスキャナ FLSCAN-2の励起光の分光発光特性 »

2009年6月19日 (金)

紫外線蛍光イメージスキャナ FLSCANの光源スペクトル

http://imeasure.cocolog-nifty.com/photos/fig/flscan_500.png

別件で、ある調査をする必要があり、初代の紫外線蛍光イメージスキャナFLSCANの繰り返しスキャン時の光量変動と、発光分光特性(スペクトル)の変動を調査していました。

このグラフは、
FLSCANの原稿台ガラスの上に積分球を載せて、
光ファイバーで積分光を抜き出し、
分光器でスペクトル測定、
した結果です。
ピーク波長は、363.5nm

光源は、キセノンガス封入の冷陰極蛍光管。
管壁温度に封入ガス圧(蒸気圧)が敏感な水銀封入の蛍光ランプではないので、抜群の始動性と光量安定性です。

蛍光体は、紫外線を発する蛍光体。
そのままでは、可視光も少し発するので、紫外線透過フィルタHOYA U-360を入れています。

以上の総合的な照射光のスペクトルが今回のグラフです。

水銀封入タイプの一般的なブラックライトと異なり、
400nmから先の可視域には、一切、スペクトルはありません。
また、紫外域のスペクトルも、蛍光体とフィルタ特性のみで制御できるため、水銀のような輝線スペクトルを含まないことが特徴です。

ちなみに、
殺菌灯のみの紫外線蛍光イメージスキャナもこないだ製造しました。
A3サイズ、2400dpi、48bitフルカラー
光源は、253.7nmの水銀輝線スペクトル(殺菌灯です)
原稿台(プラテン)ガラスは、『人工石英』!

定価は、268万円(税別)です。
まだ世界に1台しかありません。^^)

« スペクトロメーター(分光器)を買いました | トップページ | 紫外線蛍光イメージスキャナ FLSCAN-2の励起光の分光発光特性 »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/45386491

この記事へのトラックバック一覧です: 紫外線蛍光イメージスキャナ FLSCANの光源スペクトル:

« スペクトロメーター(分光器)を買いました | トップページ | 紫外線蛍光イメージスキャナ FLSCAN-2の励起光の分光発光特性 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック