« スキャナは濃度計になるか? その2 | トップページ | Mac OS Xの動作が遅くなった »

2009年1月24日 (土)

Mac OS XでImageJがエラー

Mac OS-X 10.5.6でImageJを動かしていて
Exception in thread "main" java.lang.OutOfMemoryError: Java heap space
というエラーが出始めてしまいました。
Javaのバージョンを最新にしても、
ImageJのバージョンを最新(1.4.1)にしても
エラーが変わりません。

ふとImageJが自分のコンピュータに作成した初期設定ファイルが壊れているのかと思いつき、初期設定ファイルの置いてある場所を探しました。

ターミナル(アプリケーション/ユーティリティ)を使って、以下に関連しそうな2つのファイルを見つけました。
Library/Preferences/
(ディレクトリーの移動は、msdos時代のコマンドに似ています。
dirの代わりに ls
cd は一緒、上位階層へ行くには、cd ..)

IJ_Prefs.txt
gov.nih.info.rsb.ImageJ.plist
上記2つのファイルを削除して、
(rm がファイル削除のコマンド。)
再起動したらうまく動きました。
再度、Preferencesを見ると、
IJ_Prefs.txt
のみ新規に作成されていましたので、どうやらこれが壊れていたことが原因のようです。
良かった(^^)

« スキャナは濃度計になるか? その2 | トップページ | Mac OS Xの動作が遅くなった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/43843545

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS XでImageJがエラー:

« スキャナは濃度計になるか? その2 | トップページ | Mac OS Xの動作が遅くなった »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ