« Mac OS XでImageJがエラー | トップページ | CBBゲルのImageJによる解析 その3 »

2009年1月24日 (土)

Mac OS Xの動作が遅くなった

ImageJで巨大なファイル操作をしてハングした後から、おかしな挙動が。。
1つめ、ImageJが起動しなくなった。→先ほどの記事で解決。
2つめ、MacBookProの反応が非常に遅くなり、メーラー(Thunderbird)の新規メール作成などの時間がやたらかかるようになった。

まず、アクティビティモニタ(アプリケーション/ユーティリティ)を動作させて
すべてのプロセス(階槽表示)
にて観察すると
ディスクの動作
にて、30MB/秒 近い書き込みが続いている。
CPU
の項目を見ると、
システムで50%以上もCPUを動かしている時がある。
この書き込みやCPUの動作が下がった時に、
コントロールが通常に戻っている様子だった。

続いて、どのプロセスがこれらの動作を行っているのか見てみると、
mds

LAServer
の2つが主犯格だった。
いろいろネットで調べて見ると、
Spotlight の索引作成作業を行うプロセスらしい。
ネットの情報に沿って、対策を打ってみる。
どうやら少しは改善されたように感じたが、まだ少し気持ち悪いので、結局 Spotlightの索引作成作業自体を止めることにした。
方法は、
システム環境設定のSpotlightのプライバシー設定に
ハードディスクを丸ごとドラッグする。
こうすることで、検索作成対象から外すファイルを全ファイルに指定する。

それ以降、レスポンスの滞りは全く無く、快適に使っている。

« Mac OS XでImageJがエラー | トップページ | CBBゲルのImageJによる解析 その3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/43843799

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS Xの動作が遅くなった:

« Mac OS XでImageJがエラー | トップページ | CBBゲルのImageJによる解析 その3 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ