« iMeasureScan その4:マルチスキャン機能(デジタル増感) 応用編 ガラス乾板 | トップページ | Varioptic社の液体レンズをSIIが商品化 »

2008年1月15日 (火)

iMeasureScan その5:マルチスキャン機能(デジタル増感) 応用編 ポジフィルム

【宣伝】iMeasure Scan発売中!

iMeasure Scanの特徴


ポジフィルムでの事例です。

35mmポジフィルムの露出不足写真をスキャンしました。

iMeasureScanは、計測用のDensitometor機能をはずしますと通常のガンマ2.2(sRGB)画像を出力します。この際に、マルチスキャン機能も有効です。

■写真1:バリ島ケチャダンス

幻想的なケチャダンスの様子をストロボをたかずに撮影。ISO100。

スキャン条件:

ES-2200、400ppi、48bitカラー

○マルチスキャンの効果:

iMeasureScanによるマルチスキャン:1回と64回を比較。

上が、1回スキャン画像。下がマルチスキャン 加算平均 64回画像です。

ノイズ低減効果を見やすくするために次の処理をしてあります。

フォトショップレベル補正:ハイライト 255⇒128、ガンマ ⇒2.0

■写真2:バリ島寺院の門

観光バスの窓から見えた風景を撮影。逆光となったバリ特有の寺院の門。

○マルチスキャンの効果:

上が、1回スキャン画像。下がマルチスキャン 加算平均 64回画像です。

ノイズ低減効果を見やすくするために次の処理をしてあります。

フォトショップレベル補正:ハイライト 255⇒206、ガンマ ⇒2.0

« iMeasureScan その4:マルチスキャン機能(デジタル増感) 応用編 ガラス乾板 | トップページ | Varioptic社の液体レンズをSIIが商品化 »

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/17698983

この記事へのトラックバック一覧です: iMeasureScan その5:マルチスキャン機能(デジタル増感) 応用編 ポジフィルム:

« iMeasureScan その4:マルチスキャン機能(デジタル増感) 応用編 ガラス乾板 | トップページ | Varioptic社の液体レンズをSIIが商品化 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

最近のトラックバック