« 貴重書のデジタル画像入力について | トップページ | 手作り全自動ブックスキャナ »

2007年9月28日 (金)

OrthoScan-1000比較記事

イタリアトリノで2005年に開かれたCIPA2005シンポジウムにて発表された論文に、弊社のスキャナOrthoScan-1000 (%1)が比較対象として掲載されていました。

歴史の偶然とは面白いもので、弊社開発スキャナと論文にあるORTHOIMAGER 300の開発終了&発表のタイミングは、同じ年でした。ちなみに開発期間は3年ほどかかっております。

ターゲット市場、用途はほとんど一致しており、折りしも日本の文化財の学会で用意した展示会場にて、隣り合わせで展示されたそうです。

ちなみに ORTHO画像 オルソ画像 とは、無限遠からの平行光にて投影された2次元画像のことです。

文化財分野では報告書に記載される図画は、このオルソ画像でなければなりません。

例えば、円筒を側面(例えば飲料用アルミ缶の商品ラベル側)からデジカメ撮影しても、その画像データからは円筒の直径を測定できません。なぜなら、通常のデジタルカメラでは、中心投影法と呼ばれる、ピンホールカメラと同じ投影法による画像のため、円筒の両端は手前の円筒表面に隠れてしまうためです。これに対して、オルソ画像では、画像両端が円筒の直径に相当します。

そのため、デジタルアーカイブを目的とした画像データ製作には、オルソ画像であることが期待されています。

詳細は、サンプル画像を参照ください。(中心投影画像 正射投影(オルソ)画像

-----

http://cipa.icomos.org/fileadmin/papers/Torino2005/452.pdf

Matsuoka R., Kobiki H., Iwakura M., Shirasawa A., Murai S.

ORTHOIMAGE CREATING SYSTEM FOR DOCUMENTATION OF RELICS USING ORTHOIMAGER 300

-----

(%1)

シン技術コンサル様が弊社と共同開発したオルソ画像(正射投影画像)を捕らえる専用のイメージスキャナ『OrthoScan-1000』についての詳細は下記をご覧ください。

・製品情報:正射投影イメージスキャナ OrthoScan-1000

リーフレット

・発表論文:日本工業出版「画像ラボ 2004-12」第15巻第12号

・装置外観:OrthoScan-1000 外観写真1

・サンプル画像:(画像提供、シン技術コンサル様)

 中心投影(通常のデジタルカメラ)画像

 OrthoScan-1000 で捕らえた正射投影(オルソ)画像

この論文を書いた時点(2004年)は、ラインセンサの10bitカラー品が無く、OrthoScanのカラーモデルはまだ見積りもできない状態でしたが、現時点では各社から発売され、カラーモデルも造ることが可能となりました。

« 貴重書のデジタル画像入力について | トップページ | 手作り全自動ブックスキャナ »

文化財」カテゴリの記事

製品サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/16598328

この記事へのトラックバック一覧です: OrthoScan-1000比較記事:

« 貴重書のデジタル画像入力について | トップページ | 手作り全自動ブックスキャナ »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック